高羽そらさんインタビュー

へ理屈だけど、一理ある

世の中には、へ理屈を得意とする人がいる。一般的にクレーマーと呼ばれる人は、適当な理屈を並べ立てるもの。

 

だけど文句を言いたいだけの理屈ではなく、その根拠にうなずけるものがあれば、へ理屈とは言えなくなってくる。

 

アメリカでユニークなへ理屈を言い出した人物がいる。認められないのは明らかだけれど、その根拠に一理あるのを感じてしまった。

 

蘇生した受刑者、「一度死んだ」として終身刑満了訴えるも棄却 米

 

アメリカのアイオワ州での裁判。66歳の男性受刑者は、殺人の罪で仮釈放なしの終身刑を受けている。死ぬまで刑務所にいるしかない。

 

ところがこの受刑者は腎臓結石を患って敗血症となり、病院へ運び込まれた。症状は思わしくなく、心肺停止によって5回も蘇生措置を受けた末に一命を取りとめている。

 

そこでこの受刑者は裁判を起こす。「一度は死んだから、終身刑は満了している」という理屈。

 

へ理屈なんだけれど、一理あるよね。ちょっと笑ってしまった。本人にすれば仮釈放が認められない状況だから、かなり真剣な訴えだろうけれどね。

 

もちろんこの訴えが認められるわけはない。終身刑が満了しているということは、死者になっているということ。だけど死人に裁判は起こせない。だから判事はこう述べている。

 

「生きているなら刑務所に収監され続けなければならないし、死んでいるならこの訴えは意味をなさない」

 

まぁ、そうだろう。妥当な判断だと思う。それでも臨死状態を経験した受刑者の気持ちは、なんとなくわからないでもない。殺人という重い罪を犯しているわけだから極刑は致し方ない。

 

だけど同じ終身刑でも、仮釈放が認められる場合もある。彼の場合はそれさえも望めないのだから、この状況にすがりつきたいのは当然だろう。

 

茶番のような裁判だけれど、『終身』という言葉の定義を見直すいい機会になったんじゃないだろうか?

 

犯罪に対する罰則は当然。死刑制度が見直されている現状では、仮釈放なしの終身刑という量刑が増えていくかもしれない。つまりその人は、更生が期待できないということだよね。やり直しのチャンスは二度とない。

 

そう思うと少し切ないものを感じる。もちろん被害者やその遺族の立場を考えたら、当然の報いであるのは明らか。それでもこの記事を読んで、どこかモヤモヤしたものを感じてしまった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『第1回令和小説大賞』にエントリーした小説を無料で読んでいただくことができます。くわしくはこちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/