高羽そらさんインタビュー

今年の大河は期待できそう

録画番組の関係で1週間遅れたけれど、ようやく今年の大河ドラマである『麒麟がくる』の初回放送を観た。

 

いきなり沢尻エリカさんの降板騒動があったことで、ややケチのついたスタートだった。だけど代役の川口春奈さんの印象はとても良かったし、出演者を含めたスタッフ一同も暗い雰囲気を一掃しようと盛り上がっているように感じた。

 

4675d0f194a0e2286b4d93cad8d1f78e

 

 

ネットでの感想だと、出演者の衣装がカラフルすぎて違和感があるというものが多かった。でもボクが見た感覚では、それほど気にするほどじゃないと思った。むしろ歌舞伎のようにデフォルメされた感が心地良くて、すんなりとドラマに入っていけた。

 

だってこれはドキュメントではなくフィクションなんだからね。史実に基づいていても、『真実』が描かれているわけじゃない。明智光秀というキャラを使うことで、ドラマを作っている人たちが『何か』を伝えようとするのが目的。事実を証明することじゃない。

 

そういう意味では、成人した光秀からドラマがスタートするのは良かった。なぜなら彼の出生に関してはいくつもの説がある。だからどこで生まれて、かつ父親が誰であったかについては、ボカすほうが懸命だと思う。ひとつの説に固執すると、どうしても反論が出てくるだろうから。

 

通常の大河ドラマだと主役は子役からスタートする。でも光秀に関してはこれで正解だと思う。彼の人生は成人してから晩年に向かって結実していくんだから。

 

初回を見ての感想として、これから1年のドラマの方向性がうまく示されていたと思う。『麒麟』という言葉の由来も分かりやすかったし、火中に飛び込んで子供を助けようとした光秀の態度に、彼の人間性がうまく現れていたと思う。

 

そして当時の日本が暴力と貧困によって疲弊していることが、光秀の堺と京への旅で感じることができた。この先にボクが期待しているのは光秀の二面性の部分。彼は足利幕府最後の将軍である足利義昭に仕え、かつ織田信長の家臣として生きてきた。そこにのちの謀反の種があったとも言える。

 

このあたりのことがどのように描かれるのか楽しみ。本能寺の変に関して、ステレオタイプの解釈でドラマが進行しないことを願っている。できることなら独自の解釈を加味してほしい。だってフィクションなんだからね。

 

個人的に楽しみにしているのは、木下藤吉郎こと羽柴秀吉を演じる佐々木蔵之介さん。なんかいい感じの秀吉になるような予感がしている。染谷将太さんの織田信長は、とりあえず見てみないとわからないな。

 

もちろん光秀を演じる長谷川博己さんの演技をもっとも楽しみにしている。だけど困ったことにNHKの連ドラ『まんぷく』の萬平さんの印象が、ボクにはまだ強烈に残っている。衣装は武将の姿なんだけれど、急に厨房に立ってチキンラーメンを作りそうな気がしてならないwww

 

でもしばらくすれば上書きできるだろう。昨年の『いだてん』は久しぶりにリタイアしたけれど、今年の大河ドラマは期待できそうでうれしい!

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『第1回令和小説大賞』にエントリーした小説を無料で読んでいただくことができます。くわしくはこちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/