高羽そらさんインタビュー

人生は偶然に見える必然で成り立つ

昨日の夜のブログの続きのような話になるけれど、人生に偶然は存在しないと思っている。生まれる前の計画に基づき、起きるべきことが必ず起きる。

 

ただしその必然は思っているより可動性が高い。予定していたことを達成できなかったり、思っていた以上の成果をあげた場合、起きる出来事も変化する。

 

それが人間にとっては偶然に見えるだけで、いまの人生における果実をフィードバックしたことによる必然で成り立っている。そんな偶然に見せかけた必然が起きるから、人生はワクワクするんだと思う。

 

今日観た映画も、偶然に見せかけた必然で成り立っている物語だった。

 

384655

 

 

『トレイン・ミッション』(原題: The Commuter)という2018年のアメリカ、イギリス、フランスの合作映画。主演はボクの大好きなリーアム・ニーソンで、彼らしいハラハラドキドキのアクション映画だった。

 

リーアム・ニーソン演じるマイケルは保険の営業職。10年間ものあいだ列車を使って真面目に通勤してきた。ところが突然クビを通告される。一人息子の大学進学や住宅ローンがあるのでキツい。でも60歳という年齢では誰も雇ってくれない。

 

途方に暮れて帰りの列車に乗ったとき、ジョアンナという謎の女に接触される。このジョアンナを演じたヴェラ・ファーミガの登場シーンは少ないけれど、彼女の演技がこの映画をグッと盛り上げている。

 

『ミッション・8ミニッツ』や『エスター』という映画を観て雰囲気のある素敵な女優さんだと思っていた。その感覚はまちがいではなかったようで、ラストシーンも彼女とリーアム・ニーソンのやり取りで終わる。思わずニヤッとするエンディングだった。

 

さて、マイケルが頼まれたのは、この列車が終着駅に着くまでに、顔のわからない人物を見つけ出して欲しいというもの。プリンという名前しかわからない。だけど10年以上も同じ列車に乗っているマイケルなら可能だろう、というのがジョアンナの考えだった。成功報酬は破格の10万ドル

 

解雇されたばかりで喉から手が出るほどお金が欲しいマイケルは、その申し入れを受ける。だけどとんでもないトラブルに巻き込まれていくという物語。

 

この映画を成立させる要因として、マイケルが元警察官だったという前提がある。つまりそれゆえに依頼されたわけで、偶然に見えるけれど必然的な出来事だった。さらにこの列車に乗り合わせた人たちにも、それぞれ必然的な理由があって偶然じゃない。

 

マイケルがプリンという人物を絞り込んでいく過程で、乗客たちの偶然に見える必然が明らかになっていく。ちょっとだけ種明かしをしておくと、プリンという人物は、ある殺人の目撃者であり、その証拠を持っていた。FBIに会うためにその列車に乗っていたというわけ。

 

だからプリンを必死で探しているのは、その殺人の発覚を恐れる黒幕だった。つまりプリンを殺すことが目的。ここまで書けば、どんな展開になるかは予想できるかもね。結果としてハッピーエンドになるけれど、新しい映画なのでネタバレはやめておこう。

 

同じ列車に乗り合わせた偶然が、思いもしなかった必然を導き出す物語。リーアム・ニーソンらしいテンポ感のいいアクション映画だった。かなりオジサンになったけれど、まだまだ楽しませてくれそう。だけど『ラブ・アクチュアリー」のリーアム・ニーソンのように、優しいパパの役も見たいなぁ。いや、年齢的には祖父の役かもねwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/