高羽そらさんインタビュー

想像力は創造力なのかな?

人間が人間たるゆえんは、想像力だと言われている。想像力を使うことで他人の考えていることイメージできる。そのイメージを駆使することで家族を守ったり、敵と戦うことで繁栄を手にしたのだろう。

 

電化製品や日常的に使う道具は、誰かがイメージしたことを具現化したもの。小説や映画、絵画や音楽だってそう。

 

そしてもしかしたら、人間の肉体そのものもイメージによって成り立っているのでないだろうか?

 

そんなことを感じる記事を読んだ。かなりビックリするよ!

 

男性の両腕を少女に移植した結果、驚くべき事態に

 

18歳の女性が交通事故で両手を失った。若い女性にとっては耐え難いことだろう。

 

ところが1年後、脳死した人から両腕の移植手術を受けることができた。13時間にも及ぶ大手術だったとのこと。拒絶反応の処置や神経の接続等、様々な障壁があったかと思う。それでも無事に移植が成功したとのこと。

 

ただし問題はその両腕が21歳の男性のものだった。さらに肌の色が黒くて、明らかに人種がちがう。腕がないのも辛いだろうけれど、肌の色がちがうのも女性にとってキツい。

 

しかし日数が経過するにつれて、想定外のことが起きた。なんと徐々に移植した腕の色が薄くなり、太さも女性の肉体とマッチしたものに変化した。リンク先の記事に写真がアップされている。

 

移植直後の腕は、どう見ても他人の腕をつけたのがわかる。色は黒いし、かなり太い。だけど現在の写真を見ると、まったく違和感がない。移植手術を受けたなんて、言われなければわからないくらい。

 

その理由については様々な仮説が立てられている。女性ホルモンの影響や、メラトニン色素の変化等。だけどこうした異性間の移植事例が少ないので、十分な検証ができていないそう。

 

専門家でさえわからないことを、素人のボクが理解できるわけがない。だけど、なんとなく感じるものがある。

 

もしかしたら人間は、自分に対するイメージを肉体に反映させることができるのでは? 移植された腕に対して放たれたこの女性のイメージが、そのまま具現化しているような気がしてならない。

 

元々のDNAは亡くなった男性のものだろうけれど、その影響を凌駕するほどの想像力が創造力へと変容したのでは? そんなことを感じてしまった。

 

どちらにしても、生き物の再生能力ってすごい。この記事がフェイクでなければねwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/