高羽そらさんインタビュー

孤独が導いた愛のメロディ

人は自分にないものを追い求める。芸術というのは、その強い想いが作品となって表現されたものなんだろう。

 

それゆえ美しい絵を描く画家の心は、地獄のような苦悩にさいなまれているのかもしれない。

 

そして愛が溢れるメロディを奏でる音楽家の心は、耐えがたい孤独で満たされているのかもしれない。そんなことを感じさせる映画を観た。

 

1585117112

 

 

『ロケットマン』という2019年のアメリカ映画。エルトン・ジョンの半生を描いた作品。ずっと気になっていたけれど、ようやく観ることができた。

 

『ボヘミアンラプソディ』というクイーンのフレディ・マーキューリーの人生を描いた映画がある。ボクの大好きな作品で、映画館でもDVDでも観ている。その映画の少しあとに公開されたこの作品は、そんな伝記映画のブームに乗ろうとしたような気配を感じていた。

 

だけどエルトン・ジョンの大ファンであり、過去に2度も来日公演に参加したボクとしては見逃せない。それで期待せずに観たけれど、本気でぶったまげた!

 

ボクとしては『ボヘミアンラプソディ』より秀作だと感じた。映画としての完成度からすると、ボクはこの『ロケットマン』に軍配をあげる。そして単なる伝記映画としてだけでなく、ミュージカル作品としても称賛を送るべき作品だった。

 

エルトン・ジョンは過去にアルコール依存症であり、コカイン中毒でもあった。まぁ、この時代のミュージシャンのあるあるだよね。だけど更生施設に入院することで、現在までの28年以上はお酒を完全に絶っている。

 

この映画はエルトン・ジョンが更生施設にやってくるシーンで始まる。そして自分の半生を語りながら、立ち直っていく姿を描いている。この映画のプロデューサーにエルトンも名前を連ねているので、ほぼ実話だと考えていいだろう。

 

エルトンは孤独だった。特に父親が彼に冷たく、自分は愛されてないと思い続けていた。映画でも悲しいシーンがある。「ハグして」と幼いエルトンが父親にねだると、「甘えるな」と拒否された。

 

エルトンが成功した姿を父に見せようと、新しい家庭を持った父を訪ねるシーンがある。そのとき彼のレコードにサインを求められる。心から喜んだエルトンは、『父へ』と書きかけてところで否定される。サインを欲しいのは父でなく、父の知人だった。さらに二人の兄弟を抱きしめている父の姿を見て、エルトンは打ちのめされてしまう。

 

彼が美しいメロディを生み出すのは、孤独だったからかもしれない。ゲイであることを当時はカミングアウトするのは無理だった。そんなことも影響しているんだろう。満たされない想いが、彼をお酒とドラッグに走らせたんだと思う。

 

ボクはそんな彼のセラピーシーンで号泣してしまった。幼いエルトンが彼に向かって「ハグして」とねだる。エルトンは少年の自分を思い切り抱きしめる。そうしてようやく依存症から立ち直る決意をする。この映画のクライマックスシーンだと思う。

 

エルトンは音楽の天才だった。一度耳にした曲は、すぐに演奏できた。そんな少年時代のエピソードも映画に出てくる。だけど彼は歌詞が書けない。そんな彼を50年以上も支えているのがバーニー・トービンという人物。エルトンの著名な曲のほどんとは、彼が作詞している。

 

この映画はそのバーニーとの友情物語でもある。いまだに健在で、エルトンのニューアルバムでもバーニーが作詞している。この写真のシーンはエルトンの代表曲である『 Your Song』が完成した瞬間のシーン。

 

バーニーが書いた詞に感動したエルトンは、わずか30分で素晴らしいメロディを生み出している。これも実話とのこと。やっぱり天才だよね。

 

ただエルトンの人生を追いかけるだけでなく、彼の代表曲をミュージカルとして散りばめることで、最高に素敵な作品に仕上がっている。近いうちに、絶対もう一度観るぞ〜〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/