高羽そらさんインタビュー

移動規制は人の幸福を奪う

緊急事態宣言が解除されたことで、ここ数日は少しずつ平常感が戻りつつある。一ヶ月ほど前だと通勤する人が少ないせいか、朝が異様なほど静かだった。

 

でも最近では車やバイクの音が聴こえるようになり、公園で遊ぶ子供たちの声にも活気が戻ってきたように思う。来週あたりから学校も始まるのかな?

 

ただ少し気になるのが、北九州の状況。第二波の発生かも、という嫌な言葉が浮かぶ。もしそれが全国的なことになれば、再び人の移動が規制されるかもしれない。そのことで多くの人が不幸を感じてしまう可能性がある。

 

なぜなら人間の脳は、移動を『快楽』と感じているから。

 

幸せの鍵は新しい場所!人の脳は「移動」を快楽と捉えていた

 

リンク先の記事は、マイアミ大学の研究チームの結果をまとめたもの。とても興味深い内容。

 

『人間の脳は「多様性や新規性のある移動」を検知すると報酬系を作動させ、喜びや幸福感を生み出す』

 

GPSを使った実験によって、このことが明らかになったそう。人間は『移動』することに喜びを感じるようにインプットされている。おそらく狩猟生活を円滑に過ごすために身につけた能力だろう。

 

幸福を感じる移動のポイントは、距離が長く、多様性、そして新規性があるもの。つまり毎日同じ道を移動する通学や通勤では、幸福を感じることができない。

 

初めての経路で、かつ様々な移動手段を使い、そしてできる限り長距離を移動する。そうすれば脳は快感で満たされるらしい。人間が旅行に行きたいと思うのは、移動そのものが快感だからなのかも。

 

だからいまのように自由に旅行できないことで、幸福感を喪失している人が大勢いるだろうと思う。昔のドラマで失恋した人が旅に出るのは、意外と理にかなっているのかもしれない。そういえば『男はつらいよ』の寅さんは、いつも失恋すると旅に出るよねwww

 

規制解除に期待している人は、再び自粛要請が出たら落ち込むだろう。だけどそれは仕方ない。こうなったら、自分で脳を幸福にするしかない。

 

自宅待機が続いてイライラ、モヤモヤしてきたら、思い切って散歩に出よう。車のある人ならドライブでもいい。動くことで脳に『移動』を感じさせてあげるべき。できれば初めてのルートで、負担のない程度に距離を伸ばすのがいいかも。

 

買い物に行くときでも、普段とちがうルートを歩くのがいいかもしれない。スーパーではいつもと逆回りで買い物すれば、ちょっとした新規性を感じられるような気がする。自分なりに工夫して、幸福を感じられるようにするしかないよね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. とんこつさん、コメントありがとうございます。

    ヘミシンク信者の人の言動にあまり惑わされないほうがいいですね。
    誰でも自分が信じているものが正しい、と思いがちですから(笑)

    明晰夢が自分の意識世界であるのと同じく、ヘミシンクでの体験も自分の意識世界です。
    どんな出来事でも、自分の意識のフィルターを通してしか知覚できません。
    この世の出来事すべてが、自分の想念だと思ってもいいくらいです。
    だから、どちらでも同じことです。

    そしてもっと大切なことは、ガイドが本物かどうかとか、会えるかどうかではありません。
    大切なのは、どんなメッセージを受け取れるかです。
    だから方法なんで、気にする必要ありません。テレビを見ていても、ガイドはメッsーじを送ってきますからね。

  2. 以前失礼なコメントをしてしまった者です。自分で勉強することもせず質問してばかりで申し訳ありませんでした。
    また失礼に当たるかもしれない質問をしたいのですがよろしいですか?
    自分で調べてガイドと呼ばれる存在は赤の他人ではなく自分自身だと理解しました。
    しかしヘミシンクやられている方達のほとんどが明晰夢ではガイドに会えないと言っています。
    明晰夢は想念の世界なのですから自分自身となら会えると思うのでがなぜヘミシンクじゃないと会えないという考えの人が多いのでしょうか?
    高羽さまの意見を伺いたいのですがお願いできるでしょうか?


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/