高羽そらさんインタビュー

災難の要因は思い込み

ネットでニュースや芸能ネタを読んでいると、いつも思うことがある。絶対的な真実なんてなくて、相対的な事実が存在するだけではないだろうか、と。 

 

どんなことにも相反する意見があるのは当然なんだけれど、普通はまともな議論にならない。議論というのは意見を交わすことで、真実をあぶり出そうとするもの。だけど人間は思い込みが激しくて、自分の主張を盲信していることがほとんど。それはボクも含めてそうだと思う。

 

だから相反する意見が、議論を通じて共通認識に至ることのほうが少ない。平行線のまま相手をののしり、決裂するのがほとんどだろうwww

 

つまりボクたちが事実だと思っている出来事は、あらゆる人間の思い込みによって構成されている。そのなかから自分に合ったものを選び、それを真実としてとらえているに過ぎないのではないだろうか? 

 

まさにそんな思い込みの世界を、映画を通じて教えてくれる作品がある。

 

b000oi1fsy

 

 

『ハリーの災難』(原題:The Trouble with Harry)という1955年のアメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督のブラック・ユーモア作品ということで、かなり期待して観た。だけど60年以上前だと、やはり笑いのツボが微妙にちがう。

 

最新のエンタメに慣れているボクにとっては、どちらかと言えば退屈に感じる作品だった。だけどじっくり見ていると、人間の思い込みの強さをうまく使っている。さすがヒッチコックだなぁ、と感心した。

 

ある田舎町の森のなかで男の死体が発見される。殺されたのはタイトルにあるハリー。この死体を通じてドタバタ劇が始まる。

 

狩をしていたアルバートは、ウサギを撃つつもりでハリーを殺してしまった、と思い込む。

 

街でハリーにちょっかいを出されたアイビーは、自分の靴の金属のかかとでハリーを殴った。それで彼を殺した、と思い込む。

 

この二人がそれぞれにハリーを殺したと思い込むことで、ハリーの妻であるジェニファーや画家のサムが巻き込まれていく物語。事情がコロコロ変わっていくので、ハリーの遺体は土に埋められたり、掘り出されたりが何度も繰り返される。まさにそれが『ハリーの災難』ということwww

 

結論としてハリーは殺されたのではなく、心臓発作で死んだことがわかる。だけど死体を埋めたり、掘り出したりしていたのでヤバい。そこで先程の4人が考えたのは、ジェニファーの息子のアーニーを使う作戦。実はアーニーが死体の第一発見者だった。

 

幼い彼は昨日と明日の概念がいい加減。だからアーニーの証言を利用することで、昨日でなく今日に死体を見つけたことにするというオチだった。

 

ちなみにジェニファーを演じたシャーリー・マクレーンは、この映画がデビュー作とのこと。やっぱり若いし綺麗だったなぁ。この4人で生きているのはシャーリーだけ。だって60年以上も前の映画だもんね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/