高羽そらさんインタビュー

自分の心の闇を見せられた

他人のことは見えるけれど、自分のことって意外にわからない。『人のふり見て我がふり直せ』という言葉は、そういうところから来ているんだろうな。


映画や小説の効用として、自分を写す鏡というものがある。登場人物に感情移入することで、普段は意識していない自分の信条に気づくことがある。


でもそれが素晴らしいものだったらいいけれど、心に潜んでいる闇だと気づいたら複雑な気分になる。


そんなボクの心の闇を表出させてくれた映画を観た。


20200810-164608.jpg

 

『ヴェンジェンス』(原題: Vengeance: A Love Story)という2017年のアメリカ映画。ニコラス・ケイジが主演している。


映画の内容はかなりシンプル。それだけに見ている人の内面が反映されやすいのかも。ニコラス・ケイジが演じるのはジョンという刑事。犯罪の多い街で、映画の冒頭でもいきなりジョンの相棒が射殺される。


ジョンは兵役の経験もあり、表彰を受けているような優秀な人物。特に銃の腕前は一流で、狙いを外すことはない。これはラスト近くにおける伏線。


事件はシングルマザーに起きた。ティーナと娘のべシーがパーティ会場から自宅へ戻るとき、4人のチンピラに襲われる。べシーはどうにか隠れて難を逃れたが、母親のティーナはレイプされて瀕死の重傷を負った。


助けを求めてさまようビシーをパトロール中に見つけたジョンは、救急車を呼んでティーナを助ける。一時は命の危険もあったけれど、どうにか助かった。母親のティーナの記憶はショックのせいで曖昧だったけれど、娘のビシーは犯人の顔を記憶していた。それで4人は逮捕される。


ところが二人の息子を逮捕された両親が、家を売り払ってまで優秀な弁護士を雇う。そしてその弁護士が非道な嘘をつくことで、その4人は無罪となってしまいそうな気配になった。たまたま学校時代の知り合いだったことを使い、合意の上での性行為だと主張した。


それだけでなくシングルマザーであるティーナの誹謗中傷を街中に流すことで、陪審員の心象を悪くしようとする。保釈された4人はこれ以上裁判を起こさないように、ティーナ親子を脅して追い詰めてしまう。もうダメだと思ったティーナは自殺しようとするが、たまたまジョンに助けられた。


ただこのままでは無罪になってしまう。娘のべシーは自分たちを助けて欲しいと訴える。そしてついにジョンはある決断をする。


ここまで書けばわかるだろう。その4人はジョンによって殺される。最初の一人は偶然を装って、正当防衛ということで射殺した。兄弟の二人については、おびき出してナイアガラの滝に沈めた。カナダに逃げたように偽装して。


そして残る一人については、脅して遺書を書かせたうえで射殺した。もちろん自殺として処理されたので、ジョンは罪に問われていない。原告がいても被告がいないと裁判にならない。悪徳弁護士はジョンの仕業だと気づいていたけれど証拠がない。裁判は開かれず、ティーナ親子はジョンに礼を言って街を離れるというエンディング。


このラストを見て、ボクはスッキリしてしまった。だって犯人の4人と弁護士が超ムカつくから。法律で裁けないなら殺してしまえ、と思ってしまった。


ただこれは冷静に考えると、とてもやばい発想なのは事実。どんな場合でも殺人は正当化されない。倫理的にも人道的にも間違っていると分かっているのに、ボクはジョンの行動にスッキリとしたものを感じてしまった。


つまり同じ立場になったとき、こうした行動を取ってしまう可能性がゼロじゃないということ。自分の心にそんな闇があるのを見せつけられた作品だったなぁ。


ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/