高羽そらさんインタビュー

父がカッコ良すぎるヒーロー

ここのところ新作の執筆に追われていたので、2時間に満たない映画を選んでばかりいた。でもちょっとキリがついたので、今日から2時間超えの作品を解禁。とりあえず今日のところは2時間20分の作品をチョイスした。

 

79549

 

 

『マン・オブ・スティール』という2013年のアメリカ映画。この映画の続編にあたる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を先に観てしまったので、ずっと気になっていた。

 

これまでいくつもスーパーマンを扱った作品を観てきたけれど、ボクはこのシリーズが一番気に入った。新しいというだけでも物語のテンポ感が快適だし、CGも素晴らしいので時間を忘れる。

 

もちろんそれだけでなくスーパーマンことクラーク・ケントを演じたヘンリー・カヴィルと、ロイスを演じたエイミー・アダムスの二人が素敵だから。続編のときに二人の相性の良さは感じていたので、この作品でも完璧だった。

 

でもこの二人を食ってしまった俳優がいる。それはクラークの実の父親と、地球人として育ててくれた父親の二人。子役が主役を食ってしまう映画は多いけれど、この作品は父役の二人が主人公を食ってしまった感があるwww

 

その実の親を演じたのがラッセル・クロウ。そして赤ん坊だったクラークを成人まで育てたのがケヴィン・コスナー。この二人がとにかくカッコいい。クリプトン星人のラッセル・クロウは強くてシブい。農夫のケヴィン・コスナーは寡黙で実直。どちらも死んでしまうけれど、男が惚れてしまうカッコ良さだった。

 

それに花を添えていたのが、育ての母親役を演じたダイアン・レイン。昔から好きな女優さんだけど、歳を重ねてますますいい雰囲気になってきたなぁ。

 

そして忘れていけないのは、悪役のゾッド将軍を演じたマイケル・シャノン。脇役が多いけれど、ボクはこの俳優さんが大好き。あの癖のある顔がたまらないんだよね。そのうえローレンス・フィッシュバーンまで出演しているから、キャストの顔ぶれを見ているだけで楽しくなる作品だった。

 

ラスト近くに展開されるスーパーマンとゾッド将軍たちの戦いは壮絶で、街が壊滅的に破壊される。これだけ見ていると地球人を守っているというより、スーパーマンも破壊の限りを尽くしている感が強い。

 

ヒーロー映画として違和感を覚える人も多いだろうね。だけどこれは続編に対する伏線でもある。この破壊によって、スーパーマンとバットマンの確執が生まれるんだから。つまりそこまで計算されて構成されたストーリーなんだろうね。知らんけどwww

 

こうなったら3作目の『ジャスティス・リーグ』も気になってきた。機会があればぜひとも観ようと思っている。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/