高羽そらさんインタビュー

ベラとエドワードに再会できた

最近になってたまたま『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』という小説に出会い、その3部作を読破しただけでなく映画まで観た。アナとクリスチャンの二人が出会い、結婚して子供を持つまでの物語。

 

ところがこの二人にはモデルがある。それはベラとエドワード。この名前だけでピンときた人は、かなりの『トワイライト』オタクだろう。『フィフティ・シェイズ』のシリーズは、『トワイライト』のファン・フィクションとして書かれたもの。

 

ファン・フィクションというのは、既存の物語のファンが創った作品。日本では『二次創作物』と呼ばれている。だからアナとクリスチャン、さらにその周囲の人物は、『トワイライト』の登場人物とどこか似ている。

 

ということで久しぶりに『トワイライト』シリーズを読みたくなった。そしてベラとエドワードに再会することができた。

 

IMG_5443

 

 

『トワイライト1 愛した人はヴァンパイア』ステファニー・メイヤー著という小説。

 

この第1作はベラとエドワードの出会いが中心。母が再婚したことで、警察署長をしている父を暮らすことにしたベラ。その転校先で不思議な魅力を持つエドワードと出会う。ボクはこの物語を知ったのが映画なので、ベラの顔はどうしてもクリステン・スチュワートになってしまうwww

 

映画でもそうだけれど、交通事故で死にそうになったベラをエドワードが助ける。それは人間ではとても不可能な方法だった。やがて先住民族のジェイコブと仲良くなったベラは、エドワード一家が吸血鬼だと知る。

 

第1作ではそのことをエドワードに確かめる前に終わっている。かなり久しぶりに読んだので、忘れていることも多くて楽しかった。改めて読み直してみて、この作品がハリーポッターに負けないほどティーンたちを引きつけたのがわかる。

 

そしてこの第1作を読み返すだけで、『フィフティ・シェイズ』シリーズが『トワイライト』のエピソードやキャラを、二次創作として巧みに活用しているのが理解できた。二つの物語の共通点に思わずニヤリとしてしまった。

 

だがこのシリーズが大変なのは、単行本で13作あるということ。以前に読んだとき、ボクは途中で挫折してしまった。続きは気になったけれど、あまりに多くて断念してしまった。だから以前にどこまで読んだのか覚えていないし、二人の結末がどうなったのかも知らない。

 

ということで今度こそは最後まで読破しようと思っている。そして全部読んだあとで、もう一度映画を見直してみよう。アナとクリスチャンに会えなくて寂しかったけれど、本家のベラとエドワードに再会できたので、しばらくは二人との交流を楽しめることにワクワクしている。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/