高羽そらさんインタビュー

映画は原作の引き立て役だね

原作と映画がちがうのは当たり前。映画は限られた時間に物語を完結しなくてはいけないので、ストーリーが変更されるのは仕方ない。

だけどちがっていても、普通はそれぞれに面白い。基本的に原作のほうが面白いけれど、まれに原作をしのぐ映画に出会うこともある。

 

ところがある原作を読み終えて、映画が原作の引き立て役でしかないのを知った。ボクのように先に映画を観て原作を読んだ人は、物語の面白さに感動しただろうと思う。でも反対に原作を先に読んでいるファンは、映画を観て暴れてたくなっただろうなwww

 

IMG_5444

 

 

『シャドウハンター 骨の街』下巻 カサンドラ・クレア著という小説。上巻の感想については『独自の世界観に惚れ込んだ』という記事に書いているので参照を。

 

ニューヨークを舞台にしたファンタジー作品で、妖魔を倒すシャドウハンターたちの活躍を描いたベストセラー小説。シャドウハンターは人間と天使のハーフで、異次元から潜入する妖魔を抹殺する使命がある。それ以外に吸血鬼、人狼、魔王使い、さらにゾンビのようなキャラも登場する。

 

ボク個人の感想だけれど、基本的なコンセプトは『ハリーポッター』だと思う。主人公のクラリーは15歳の少女。母親と二人暮らしだったけれど、いきなり化け物が襲いかかって母が拉致される。

 

実は母は優秀なシャドウハンターで、娘のクラリーもその血を引いていた。そのことがきっかけで、ジェイスというシャドウハンターと出会い、同じ十代の仲間たちと協力して母を助けるという物語。

 

ハリーポッターのヴォルデモートにあたるのが、シャドウハンターの裏切り者で闇の組織を仕切るヴァレンタインという男。実はクラリーの父親がヴァレンタインだった。ここまでは映画も同じ。

 

上巻を読んだ段階では、細かいエピソードにちがいはあっても、おおむねは映画と同じ方向に物語が進んでいた。ところが下巻になるとまったく雰囲気がちがう。設定が詳細で、登場人物の背景もまったく異質な空気感がある。とにかくめちゃめちゃ面白い。

 

だから映画とはエンディンがまったくちがう。この小説は3部作になっているので物語はまだ続く。だけどおそらく映画に関しては、1回きりの物語として無理やりに完結させようとした感が強い。それゆえ大幅なストーリーの変更になったんだろう。

 

ただ映画はとても大切なことをスルーしてしまった。小説ではクラリーとジェイスの恋が深まるような展開になっていく。映画でもそうだった。

 

だけど原作ではとんでもない事実が明らかになる。ジェイスはクラリーの実の兄だった。もちろん二人ともそれを知らずに、互いに恋心を抱いていた。ヴァレンタイにそのことを明かされて、二人は呆然とするシーンがある。

 

でも映画はこの部分についてスルー。もしそこに踏み込めば、続編を作らざるをえないからだろう。だけどこの物語に大切なのは、二人が兄妹であるということ。そこを抜きにすると、物語の魅力が半減してしまう。

 

映画を観たときにイマイチだと感じていたけれど、その理由がわかった。だけどこの物語の世界観が気に入ったので原作を手にした。その直感にしたがってよかったなぁと思う。ということで次は第2部にあたる続編を読むとしよう。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/