高羽そらさんインタビュー

幽霊の警察官に笑い転げた

ボクが先日書いた新作小説の主人公は幽霊だった。そのとき意識したのは、やや笑える展開にすること。

 

死んだ人間をメインにしているので、シリアスな物語になるとどうしても重くなってしまう。だから軽いタッチになるように注意した。

 

この感覚をもっと進めるのなら、いっそコメディにするのもいいと思った。そしてそのとおりに展開になった映画に出会った。

 

ripd_main_large

 

 

『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』という2013年のアメリカ映画。この写真のライアン・レイノルズとジェフ・ブリッジスは、なんとすでに死んでいる。つまり幽霊ということ。

 

ライアン・レイノルズ演じるニックは、ある事件現場で証拠に関係ない金塊を持ち帰ってしまう。相棒のボビーと山分けにした。ところがやはり気が引けたニックは、押収品とし警察に届けるとボビーに話す。自分の分だけでも返すとのこと。

 

ところがある事件現場で、ニックは相棒のボビーに撃たれて死んでしまう。どうやらその金塊はワケありだった。死後世界にいったニックは2つの選択を迫られる。汚職警官として地獄へ行くか、R.I.P.Dというあの世の警察に所属して、地上で迷っている悪霊を地獄へ送り返すかのどちらかだった。

 

期間は100年で、それを果たせば天国に行ける。現実世界に恋人がいたニックは、迷わずその世界に戻れるR.I.P.Dを選んだ。そして相棒となったのが、ジェフ・ブリッジスが演じるロイという西部開拓時代の保安官だった男。

 

結論からいえば、ニックを殺したボビーが実は悪霊だったというオチ。ケヴィン・ベーコンが演じている時点でバレているけれどねwww

 

映画としてはかなり適当で、キャストの割にはB級作品っぽい内容だった。ただボクはこの作品がかなり気に入っている。バカらしいのでめちゃめちゃ笑える。とにかくジェフ・ブリッジスのボケぶりが最高で、最初から最後まで笑い転げた。

 

面白いのは、現実世界に戻ってきた二人がアバターの肉体を使用するという設定。ロイは超グラマーなモデルのような美人で、新入りのニックは中国人のオヤジ。だから恋人に会いにいっても、自分だとわかってもらえない。このあたりのアホさ加減が最高だった。

 

基本的には『メン・イン・ブラック』のパロディー的な内容。捕まえるのが宇宙人ではなく悪霊に変わっているだけかも。でも気分転換に見るには、十分に楽しめる映画だった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/