高羽そらさんインタビュー

良くも悪くもマーベルかな?

ここのところ『バットマン』や『スーパーマン』のDCコミックの映画を観ていたので、頭のなかのヒーロ像がダークな雰囲気になっていた。それはそれで好きなんだけれど、久しぶりに明るいマーベルものが観たくなった。

 

ということでまだ観ていなった作品をチョイスした。

 

325980952c0fb46940f0bb5c34c6400168a57803.84.2.9.2

 

 

『インクレディブル・ハルク』という2008年のアメリカ映画。ボクの世代なら『超人ハルク』という名前になじみがあるだろう。そのハルクのコミックを映画化した作品。ハルクに変身するブルースを演じているのは、写真のエドワード・ノートン。

 

初めて観た作品だけれど、ボクとしては十分に合格点だと感じる内容だった。なんといってもブルースを演じたエドワード・ノートンが素晴らしい。『真実の行方』で衝撃的なデビューをして以来のファンだから、彼が主演をしているだけで満足かも。

 

ハルクと戦う怪物に変身するブロンスキーを演じたティム・ロスもボクの好きな俳優さん。ちょっとクセのある悪役感が実にいい雰囲気だった。

 

そしてブルースの恋人役を演じた、まだ若いリブ・タイラーの顔を見られたのがうれしかった。相変わらずきれいだよねぇ。彼女を見るといつも思うけれど、父親がエアロスミスのスティーブン・タイラーだとは信じられないwww

 

映画全体としては、良くも悪くもマーベルだなぁという印象。DCコミックのようにドロドロした雰囲気はない。純粋な意味でのヒーローの姿が、コミックらしく映画化されていると思う。

 

『スパイダーマン』と同じく、変身した悪役と戦うのもマーベルらしい展開。ただこのハルクというキャラは、どことなく親しみを感じる。変身しても恋人を助けるシーンなんか、『キングコング』を彷彿とさせる。

 

エンドロール前にアイアンマンであるロバート・ダウニー・Jrがカメオ出演する場面は、将来の「アベンジャーズ』を意図したものだろう。マーベルファンとしては、かなりワクワクする終わり方だよね。

 

だけどボク個人としてはDCコミック系のほうが好きかな。心に深い闇を抱えているヒーローたちのほうに共感する。きっとグダグダ、ドロドロした物語が好きなんだろう。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/