高羽そらさんインタビュー

ブラック・コメディに込めた反戦

戦争が愚かな行為であることを、これまで数えきれないほどの映画が伝えてきた。その多くは悲惨な実態を描くことで、ストレートに戦争の恐怖を語っている。

 

だけどまったくちがった方法で反戦メッセージを発信している映画がある。その方法とはブラック・コメディ。

 

ボクはずっと笑いながらも、戦争がもたらす恐怖をリアルに感じていた。

 

640

 

 

『ロープ 戦場の生命線』(原題:A Perfect Day)という2015年のスペイン映画。

 

映画の舞台は1995年のバルカン半島のどこかwww    この設定から笑ってしまう。でもいきなり死体が登場する。それは井戸に投げ込まれたかなりデブな男の死体だった。

 

ユーゴスラビア紛争の停戦直後で、国連軍を含めた多くのNGOが活動していた。この物語の登場人物たちは、衛生的な水を確保することを意図する国際援助活動家たち。この近くには井戸が3つしかなく、そのうち2つの周囲は地雷が仕掛けられている。

 

だから国連軍がそれらの井戸に近づかないように警告していた。ところがたった一つ近づける井戸に死体が放り込まれた。このままでは井戸の水を汚染してしまう。それで主人公たちがロープで遺体を引き上げようとするが、途中でロープが切れてしまう。

 

映画の冒頭からロープを探すことが始まる。そして最後までロープを見つけようとする物語。死体を引き上げるためのロープを見つける過程で、停戦したばかりのこの地域の実情がリアルに描かれる。戦闘シーンも残虐シーンも一切ない。ただひたすらロープを探すだけ。なのに強烈な反戦メッセージが伝わってくる。

 

元々死体を放り込んだのは、その地域の敵対勢力。さらに井戸を使えないようにして、高額で飲料水を販売するのが目的なので、ロープを売る気なんて最初からない。いくら札束を見せても断られる。

 

停戦直後とはいえ、まだ戦争は続いていた。そこらにいる少年でさえ銃を持っているし、主人公たちが救った少年の両親は、敵の迫害を恐れて自殺していた。少年はそのことを知らずに祖父に預けられていた。結果としてその少年の両親が自殺したロープを使うことになる。

 

でも道中は地雷だらけ。さらに民兵が勝手に道路を封鎖したり、捕虜を虐殺しようとしていた。主人公たちがロープを探し求めたことで、結果としてその捕虜たちは国連軍に救われる。とにかく笑わせながらも、言葉にできない緊張感に満たされている映画だった。

 

そしてようやくロープを使って死体を引き上げようとすると、今度は国連軍に妨害を受ける。停戦の合意によって、その井戸に関与することが禁じられた。せっかくロープが手に入ったのに、水の汚染を防ぐことができない。そんなことにも、戦争の理不尽さが描かれている。

 

とてもよくできた映画なので、かなりオススメな作品。主演したベニチオ・デル・トロとティム・ロビンスが渋くて最高だった。自動車で地雷を避けるシーンなんて笑いながらもドキドキした。

 

さてそのデブ男の遺体はどうなったか? この映画にはそのオチがラストシーンで明かされる。このエンディングにもクスッと笑わせられた。気になる人は、是非とも本編をどうぞ。こんなオチになるとは思わなかったwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/