高羽そらさんインタビュー

自分を知ることの苦悩

『自分探しの旅』という死語がある。ボクがまだ10代だったころ、自分探しの旅と称して世界を放浪する若い人がいたもの。いまから思えば、どことなくこっけいで笑えてくるよねwww

 

ただボクとしては、とても意味深い言葉だと思っている。人間がこの世に生まれてくる真の理由が、『自分探しの旅』だと思っているから。もちろんボクが言っている自分とは、『自我』ではなく本当の自分である『真我』のこと。

 

まぁそれを言い出すと、悟りや覚醒というスピリチュアルな話題になるのでやめておこう。でも言えるのは、本当の自分を探す旅は辛くてキツいとうこと。自分だと信じていた存在が崩壊することなしに、本当の自分とは出会えない。自我の崩壊ほど、苦悩を伴うものはないだろうと想像する。

 

精神世界の話ではないけれど、本当の自分を探し続けた男の物語がある。

 

ジェイソン・ボーン

 

 

『ジェイソン・ボーン』という2016年のアメリカ映画。マット・デイモンの代表作と言っていい『ボーン・シリーズ』の最新作にあたる。ボクはこのシリーズの大ファンなので、この作品を観たのは初めてじゃない。過去のブログにも感想を書いている。

 

久しぶりに最新作を見直してみて、ジェイソン・ボーンという主人公の苦悩を改めて感じた。このシリーズのくわしいストーリーは割愛するけれど、全作を通して語られているのはジェイソン・ボーンによる自分探しの旅。

 

ジェイソンはCIAの特殊プログラムによって育成された殺し屋。だけどある事件で重傷を負って記憶を失くした。第1作から3作まではその記憶を取り戻すという内容だった。CIAの幹部は極秘プログラムが暴かれることを恐れ、ジェイソンを殺そうとする。

 

その3作でジェイソンの本名までわかったことで、完結篇として終わるはずだった。だから第4作目にマット・デイモンは登場していない。だけど彼の復活を望む声があって、この作品が作られた。この最新作はジェイソンと父の真実が語られている。

 

アクション映画としては最高に面白い。今回の作品ではラスト近くにあるラスベガスでのカーアクションが圧巻だった。何度見ても時間を忘れて見入ってしまう。基本的にCGを使わないそうなので、すごい撮影だったろうと想像している。

 

たしかにアクションはすごいけれど、ジェイソンという人物は常に悲しみをたたえている。自分のことを知れば知るほど、苦痛に苛まれているように見えて切なくなる。第2作ではようやく理解しあえる恋人と暮らしていたのに、その恋人は巻き添えを食って命を落としてしまう。

 

だからジェイソン・ボーンが心からの笑顔を見せるシーンは希少。常に眉根を寄せて苦悩を抱えているように見える。でもジェイソンをいつも助けてくれるのはCIAの女性工作員。シリーズを通じてレギュラーだったのがニッキー。残念ながらこの作品の前半で殺されてしまうけれど。

 

第2作と3作ではパメラ・ランディという女性幹部の助けを得た。パメラの協力によって、ジェイソンは危機を脱しただけでなく、隠されていた闇のプロジェクトの暴露に成功する。

 

そして今回の第5作も、ヘザーという女性エージェントがジェイソンを助ける。ヘザーを演じたアリシア・ヴィキャンデルという女優さんの演技は、この人物を見事に表現していたと思う。いい俳優さんだよね。

 

しかしヘザーはこれまでの女性とはちがう。強い野心を持っていて、ジェイソンを味方につけて自分の出世に利用しようと考えていた。映画のラストまでそのことを見せない。事件がすべて解決したあとで、その野心をジェイソンによって暴かれてしまう。

 

結局ジェイソンは孤独だということ。自分探しの旅は終わったけれど、虚しさだけが残っているんだと思う。まぁ、これでこそジェイソン・ボーンなんだろうね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/