高羽そらさんインタビュー

子孫を根絶やしにする祟り

今月の8日にヨーロッパで最大の音楽の祭典である『2020 MTV EMA』が開催された。今年はコロナの影響でオンラインでの開催となった。

 

最優秀アーティスト賞はレディー・ガガ。ここのところの活躍を見れば当然だね。ボクが注目していたのは最優秀新人賞で、うれしいことにボクのイチオシであるドージャ・キャットが受賞した。やったね!

 

そんな音楽祭でのパフォーマンス映像が公開されつつある。昨日になってそのドージャ・キャットの動画が公開された。曲は大ヒットした『Say So』なんだけれど、映像を観てビックリ。この曲はディスコ調のアレンジなんだけれど、なんと完璧なハードロックヴァージョンに変更されていた。

 

彼女のこのパフォーマンスは本当にすごい。ラッパーだけどバラードも歌えるし、ロック歌手としてもやっていける。とにかく超カッコ良くて、超セクシーなのでリンクをアップしておこう。ちなみに動画の冒頭は『リング』の貞子を完全に意識している登場だよ〜www

 

 

この映像を観たと同時に、ちょうど読了した小説がある。もしこの作品が映画化されることがあれば、絶対にこのドージャ・キャットを使って欲しい役がある。絶対に彼女しかいないと思う。誰か映画化してくれないかなぁ。幽霊の役だけれどwww

 

IMG_5477

 

 

『骨の袋』下巻 スティーブン・キング著という小説。上巻の感想については、『謎、謎、謎で寝られへん!』という記事に書いているので参照を。

 

スティーブン・キングらしく幽霊が登場する物語。主人公はベストセラー作家のマイクで、妻を急病で亡くしたことで小説が書けなくなる。そこで別荘に引きこもっているとき、様々な出来事に巻き込まれていく。とにかく上巻は謎だらけ。参考までにその謎の代表をまとめておこう。

 

『別荘の幽霊』:別荘に幽霊が出る。それもその街の歴史に関わりがあるらしい。

 

『ジョアンナの謎』:妻のジョアンナは、何かを調べていた。最初は浮気疑惑もあったけれど、下巻ではそうでないことがわかる。

 

『街の権力者とのトラブル』:3歳のカイラという娘とその母を助けたことで、マイクは街の権力者とのトラブルに巻き込まれる。

 

大きく分けてこの3つの謎があった。上巻ではそれらが別々に進行している。ところが下巻になって一気につながった。その原因は1900年にこの街で起きた悲惨な事件だった。

 

その当時、セーラという美人の黒人歌手が興行のためこの街に滞在していた。バンドメンバーたちも当然ながら黒人。美人で歌もうまく、住民は大歓迎だった。黒人であることを誰もが忘れたように、この歌手一座を歓待した。だけどそのことを快く思っていなかった差別主義たちがいた、

 

そして嫌がらせがきっかけで収拾がつかなくなり、その連中はセーラをレイブして殺してしまう。そのうえ目撃したセーラの息子まで殺してしまった。そして21世紀に主人公のマイクが別荘として使っている敷地に埋めた。その二人の遺体が、この物語のタイトルである『骨の袋』ということになる。

 

つまりこの物語の全般を通じて働いているのは、怨霊となったセーラの復讐だった。そのとき二人を殺した連中の子孫を根絶やしにするため、セーラは悪魔と取引をしてこの街を呪った。それゆえ当時の加害者たちの子孫は次々と謎の死を遂げる。

 

マイクの妻はその事実を知ったことで、極秘に調査していた。だけどセーラに疎まれて命を落とすことになった。そしてマイクが助けたカイラという少女は、その子孫の血を引く人間だった。だからセーラはカイラを殺さないと成仏することができないという設定。

 

子孫を根絶やしにするまで祟るなんて、とてつもない怒りと恨みだと思う。だけどこの物語を読めば、セーラに同情してしまう。最終的にはカイラはマイクによって助けられる。だけどとても恐ろしいホラー作品だった。

 

ということでもしこの物語が映画化されるとしたら、ドージャ・キャットにセーラの役を演じてほしい。いま勢いのある彼女を起用すれば、きっと映画も大成功すると思うけれどなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/