高羽そらさんインタビュー

ニューヨーク愛に満ちた物語

昨年に京都文学賞というものが創設された。京都を題材にした小説を募集するというもの。第1回目は知らなかったけれど、今年の春に第2回目の応募を知った。それで新作を書いて投稿したところ、ありがたいことに第1次選考を通過した。年明けには最終選考に残る作品が発表されるので、しばらく落ち着かない日々が続きそうwww

 

なぜ応募したかといえば、当然ながら京都愛に突き動かされたから。神戸に越して13年目になるけれど、ボクが生まれ育って40代まで過ごしたのは京都。だから関西愛に加えて、京都に対する思い入れは特別に強い。だから『京都』の名前がついた文学賞を見過ごすなんて絶対にできない。

 

自分に地縁がある街に入れ込む気持ちは、どの国の人でも同じだと思う。今日観た映画はニューヨークが舞台。最初から最後までニューヨーク愛に満ちた物語だった。

 

 

20201128-173149.jpg

 

『セックス・アンド・ザ・シティ』という2008年のアメリカ映画。ドラマとしてヒットしていたのは知っているが、あまり興味が持てずに観ていなかった。

 

でも映画版があることを知って、それなら限られた時間で観ることができるので挑戦した。

 

ドラマのラストから4年後を描いた作品ということで、ファンの人たちにすれば待望の続編だったはず。そしてボクのような初見の人間にも、新しい作品として楽しむことができた。

 

とここまで書いたところで、ブログサイトのサーバーがに不具合が出た。パソコンでログインができなくなり、急にスマートフォンでの更新となった。まじでウザい。

 

とにかく最初にも書いたとおり、映画はニューヨーク愛に満ちた作品だった。メチャメチャ笑えたし、ストーリーもよくできていたと思う。サラ・ジェシカ・パーカーが演じるキャリーを筆頭に、サマンサ、シャーロット、ミランダという4人のキャラが最高。

 

キャリーの結婚式ドタキャンに始まる物語で、4人が抱える問題が映画のなかで展開していく。最終的にはハッピーエンドで終わるし、ストーリーも読めたけれど、2時間半という時間を感じさせないほど楽しい作品だった。

 

2年後に続編の映画が公開されているので、是非とも再びこの4人に会いたいと思う。ドラマが大ヒットしたのがわかる作品だった。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/