高羽そらさんインタビュー

幽霊より恐ろしいホラー

一般的にホラー作品といえば幽霊が登場する。あるいはゾンビかな。幽霊でなくても、悪魔や殺人鬼という存在がホラーには欠かせない。

 

ところがそんな連中がまったく出てこないのに、これまでにないほどの恐怖を覚えた小説を読んだ。

 

IMG_5491

 

 

『ジェラルドのゲーム」スティーブン・キング著という小説。著者のホラー作品には、これまで物語を象徴するようなキャラが登場してきた。『キャリー』を筆頭に、『IT』に登場するピエロのような存在が、読者を恐怖の世界へといざなった。

 

スティーブン・キングのもう一つの傾向として、登場人物が多いということがある。それゆえ大抵の邦訳本には、巻頭に人物紹介が書かれている。この作品も同様に人物紹介が書かれていたけれど、それはたったの二人。

 

物語の主人公であるジェシーという女性と、その夫のジェラルドだけ。なのにこの作品は、著者の作品でもトップ3に入るほどの怖さだった。

 

状況はひたすらシンプル。ジェラルドは弁護士で、妻と二人で人里離れた湖畔の別荘で過ごしていた。ジェラルドには変な性癖があって、妻の手の自由を奪ってセックスをすることに楽しみを覚えていた。最初はスカーフだったけれど、やがてそれは手錠に変わった。

 

ジェシーも最初は興奮したものの、そのうち嫌になってきた。この日も別荘でベッドと両手に手錠をかけられて、バンザイをした状態で裸になっていた。何度も夫に嫌だと懇願したけれど、ジェラルドは耳を貸さない。なぜならこれこそ『ジェラルドのゲーム』だったから。

 

興奮した夫が迫ってきたとき、ジェシーは本気で抵抗した。それで思わずジェラルドに蹴りを入れたら股間に命中。苦痛に顔を歪めた夫は悶絶し、心臓発作を起こしてしまう。そしてベッドから転落すると頭から血を流して絶命してしまった。

 

あわてて夫を助けようとするけれど、両手は手錠に繋がれている。鍵は離れた場所にある。手元に電話もない。半裸状態のジェシーは、ベッドから身動きできないという状況に追い込まれてしまう。基本的な設定はこれだけ。だからこの小説の大半は、ジェシーの内面世界の描写になる。

 

ジェシーは11歳のとき、父親から性的虐待を受けていた。たった一度のことだけれど、そのことが彼女のトラウマとなっている。この日に夫が迫ってきたとき、そのときのことを思い出したことで抵抗してしまった。

 

この状況からどうして抜け出すか? 文庫本で500ページを超える小説だけれど、400ページを過ぎてもジェシーはまだベッドにいる。ほぼ二日ほどをベッドの上で過ごした。脱水状態で苦しみながら、死の恐怖と戦うことになる。その有り様が壮絶すぎて、まじで恐怖を感じてしまった。

 

厄介だったのは野犬が夫の死臭をかぎつけたこと。ジェシーは身動きできない状態で、夫の遺体が野犬に食べられるのを見ているしかない。そして自分が死ねば、同じように食べられてしまうだろう。

 

そのうえ、深夜に正体不明の男が別荘に侵入してきた。これはラスト近くでわかるけれど、死体をもてあそぶ変質者で、おそらく夫の遺体を見つけて近づいたきたのだろう。最悪の場合、ジェシーを殺してその死体を手に入れようとするかもしれない。

 

人間は孤独になると、心の声がリアルに聞こえてくるのかもしれない。ジェシーは学生時代の友人や、セラピストたちとリアルに会話するようになる。統合失調症のような状態だろう。だけどその心の声が、彼女を窮地から救ってくれた。

 

ジェシーはどうやって手錠から逃れることができたのか?

 

そのことを知りたい人は、ぜひとも本編を。ただしかなり覚悟したほうがいい。ボクはその場面を読んでいるだけで、失神しそうに怖かったからね〜www

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/