高羽そらさんインタビュー

魂を震わすメロディの重唱

ボクはいま、1日に4冊の本を並行して読んでいる。そのうちの1冊は図書館で借りた紙の本で、残りの3冊は電子書籍。


その電子書籍のほとんどが長編で、2冊は読み始めてすでに半年以上も経っている。


1日に一節という短いスパンで読み進めているので、普通でも読むのに時間がかかるほどの長編だと、まるで牛歩戦術のように少しずつしか読めない。


もっとも以前から読んでいるのは、ヴィクトル・ユーゴー原作の『レ・ミゼラブル』という物語。


きっかけは2012年に公開されたミュージカル映画を観たから。映画館でこの作品を観て、感動のあまりどうしても原作を読みたくなった。


そして先日、NHKBSでこの映画を放送していた。久しぶりにあの感動を追体験したくなったので、録画した作品を観た。


20210113-163800.jpg

 

2021年 映画#8

『レ・ミゼラブル』という2012年のイギリス映画。原作の映画化というより、ミュージカルとして上演されていたものを映画化したもの。それゆえ、原作とは少し内容がちがう。


いまボクが読んでいる原作は、ようやく6割を過ぎたところ。コゼットとマリウスは互いを一目惚れしたけれど、まだ気持ちを語り合っていない。


ただ原作を知らなかったころに比べて、このミュージカルが原作にかなり忠実に作られていることを知った。主要なエピソードが盛り込まれていて、ほとんど違和感を覚えることがなかった。


そして感じたのは、この物語を映像化するにあたって、ミュージカルが最適じゃないかということ。原作は登場人物が多く、とても複雑で長い物語。


だからこそ音楽によって人物の人生を象徴化することで、短い時間でストレートに彼らの人生が伝わってくる。原作を知っているからこそ、そのことを強く感じられた。


主要人物であるジャン・バルジャン、ジャベール、ファンティーヌ、コゼット、そしてマリウスの人生は山あり谷ありで、映画ですべて語ることは不可能。だからこそミュージカルが適しているんだと思う。


このミュージカルが素晴らしいのは、いくつかの主旋律をセリフに合わせて多用していること。だからちがう人物が、同じメロディで心情を語ることで、その対比が浮き彫りになってくる。


そして複数の人物の歌が重唱されることで、それらの人物の心を同時に感受することができる。素晴らしい演出だと思う。


エンディング近くはオヤツを食べながら観ていた。菓子パンをかじりながら涙をポロポロ流しているボクを見て、妻は不思議そうな顔をしていたwww


2時間半のあいだにどれだか泣いたことか。これで原作を最後まで読むのがさらに楽しみになった。原作との結末の比較をするのが楽しみだなぁ。


ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/