高羽そらさんインタビュー

がん細胞は冬眠するらしい

生物にとって生存すること、そして子孫を残すことは何よりも最優先される項目。だからがん細胞であっても、全力で生き残ろうとする。


がん細胞が有している新しい能力が発見された。マジで天才かと思うほとすごい!


がん細胞は「冬眠」して化学療法をやり過ごす能力を持っていた!?治ったように見えてもいきなり再発する理由の解明に近づく


カナダの研究機関が今年の1月7日に発表した論文によって明らかになったこと。


がんというのは厄介な病気で、手術や化学療法によって完璧に対処した思っても再発することがある。その仕組みの一部がわかったかもしれない、という記事。


化学療法を受けたがん細胞は、なんと「冬眠」することがわかった。化学療法の成分を感知している限り、死んだように見せかけるらしい。


細胞はオートファジー(自己貧食)という能力を持っていて、細胞内のタンパク質を消費しながら栄養のない状態で自己保存をするそう。


がん細胞はその能力をフル稼働させることで、化学療法の成分が残っているあいだは死んだようになって身を潜める。


医師によってがん細胞が死んだと判断されることによって治療をやめると、「冬眠」から目覚めて再び増殖するそう。なんて賢いんだろう!


不謹慎な言い方だけれど、この我慢強さを人間は見習うべきかも。生物が持つ生存本能の強さに驚くしかない。


ただこの「冬眠」現象を見破ったことで、がんの再発を防ぐ効果が期待できるとのこと。「冬眠」しているがん細胞に対処することで、完全に死滅させることを確認できたらしい。


この研究が進めば、がんの再発予防に大きな効果をもたらすかもしれない。人間にとっては朗報だろう。


でもがん細胞たちは、次の手を考えるかも。「冬眠」に代わる新しい方法を見つけるかもしれない。医学とがんとの戦いは、まだしばらくは続くんだろうなぁ


ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/