高羽そらさんインタビュー

医療検査はシンプルがいい

新型コロナの影響で、人間ドッグ等で病院を利用する人が減っているそう。医療崩壊が懸念される一方で、患者数が激減して廃業寸前に追い込まれている病院は数え切れないらしい。

 

ボクもあることで病院に行くべきかどうか悩んでいる。というのは風疹の抗体検査の無料券が役所から届いているから。中学校のときに風疹になった経験があるので、おそらく抗体はあるだろうと思っている。だけど人間の記憶なんていい加減だし、感染していても抗体が残っているかどうかわからない。

 

無料券の有効期限がたしか今年の3月いっぱいだったはず。ただ非常事態宣言が出ている現状において、自覚症状もないのに風疹の抗体検査のために病院へ行く気持ちになれない。このままだと行かないまま終わりそうだなぁ。

 

病院に行かずに検査できる方法があればいいのに。医療検査というものは、時間と手間がかかるほど敬遠されやすい。検査の方法がシンプルになればなるほど、その分野に関する病気の予防効果が高くなるのは当然。だから命に関わる病気ほど、シンプルな検査が望まれるということだろう。

 

だからそうしたシンプルな検査方法の研究は常に進められている。最近見た記事によると、女性にとって朗報だと思える発表があった。

 

涙で乳がん検査 神戸大が臨床研究

 

ボクの自宅近くにある神戸大学が発表したもの。なんと涙で乳がん検査ができるようになる。だから自宅で涙を採取すれば、郵送することで乳がんの早期発見が可能になるそう。

 

現在の乳がん検査の主流はマンモグラフィー。放射線を浴びなければいけないし、女性にとって辛いのは検査時の痛みとのこと。妻に聞いたことがあるけれど、かなり不快で痛いものらしい。だからこの検査が実用化されたら、女性にとっては乳がんの早期発見が容易になるはず。

 

乳がん細胞には「エクソソーム」という微粒子があるそう。それは涙からも検出できるので、神戸大学は「エクソソーム」を検出できるチップの開発に成功した。その装置に分析をかけるだけで、短時間に乳がんの有無を確認できるそう。

 

すでに実用化の研究は進行していて、その費用を補うためのクラウドファンディングも募集中とのこと。コロナの影響で病院に行くのを悩む人にとって、自宅から出なくてすむならベストだろう。いまのところ、1回の検査費用は5000円が想定されている。

 

あらゆる分野において、こうしたシンプルな検査ができるようになればいいね。病気は治療よりも予防のほうが圧倒的にコスパがいい。だけど手間のかかる検査は病院から足が遠のくだけ。神戸大学、ナイスジョブだね。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/