高羽そらさんインタビュー

決定論と自由意志の振り子

新作小説の完成予定を3月から6月にずらして、いまは過去作の改稿に専念している。2月の中旬から下旬にかけて、本格的に新作に取り組む予定。

 

だからそれまでのあいだ、できる限りの勉強をしようと関連書籍を読んでいる。新作のテーマは人間の自由意志なので、相反する決定論についてもチェックしている。その結果タイトルだけで選んだ本を図書館で借りたけれど、これがちがった意味で勉強になる書籍だった。

 

IMG_5547

 

2021年 読書#9

『時間SFの文法 決定論/時間線の分岐/因果ループ』浅見克彦 著という本。

 

『決定論』という検索ワードにかかってきた本。そういう意味では目的を果たせた。ただ思っていた内容とはちがい、時間SFの物語について、その手法と作品の分類に主眼が置かれた文学論の本だった。著者は大学教授なので、やや論文的な難しい文章だった。

 

時間SFというのは、いわゆるタイムトラベルを扱った物語のこと。ボクにとってもっともツボにハマる大好きな分野なので、最初から最後まで夢中になって読んだ。そしてこれほど多く時間SFの物語が存在するとは思わなかった。

 

ものすごい数の作品が紹介されていて、かつその内容が分類されている。さすが大学教授。この本で紹介されているすべての本を読もうと想像するだけで、ボクは卒倒しそうになったwww

 

でも小説を書くうえでの勉強にもなったし、新作のテーマにしている決定論と自由意志についても新たな洞察を得ることができた。かなり専門的な内容だけれど、タイムワープもののSFが好きな人なら夢中になる本だと思う。

 

この本を読みながら感じたのは、やはり決定論と、それに相反する自由意志について。

 

決定論というのは、人間の身におきることはすべて決まっているという発想。これは多くの科学者、特に脳科学者が支持している。つまり人間には自由意志がないという考え方になる。ボクも変則的だけれど、基本的な発想は決定論に近い。ただ微妙な問題なので、そのあたりを小説に反映させたいと考えている。

 

決定論と自由意志は、誰にとっても振り子のようなものだと思う。振れ幅は人によってちがうだろうけれど、両極端な発想を行ったり来たりしているのが人間の心だと思う。

 

決定論がもたらすのは心の安定だと思う。人生には楽しいこともあれば、辛いこともある。だけどそれが避けられないことだと感じることで、受容の精神が生まれる。起きる出来事をすべて受け入れることで、心の平安を得ることが可能になる。

 

ただ耐え難い現実を経験している人にとって、決定論は残酷なものとなってしまう。決定論が功を奏するのは、人生においてある程度の満足感が存在しないと難しい。それゆえ自由意志というものが登場する。

 

自分の人生がうまくいかないのは、己に責任があるという発想。だから自分の気持ち次第で、人生を好転させることができると感じられる。それは場合によっては強烈なパワーを持ち、決定論を遺棄すべきものと感じる。そういう人は運命が決まっているなんて信じられないだろう。

 

それゆえ自由意志には『責任』が伴う。もし法に触れたなら確信犯として処罰される。だけど決定論が法廷で認知されたとしよう。すると犯罪を犯した人間は、自分の自由意志ではないと言い張れる。それゆえ罪に問えないという発想になる。法律的には心神喪失という状態。

 

決定論も自由意志も、その振れ幅によっては極端な世界観を生み出してしまうということ。それだけにテーマとして面白い。これにプラスして時間SFの要素も混ぜていくと興味深いドラマになりそう。さて、どんな物語にしていこうかな?

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/