高羽そらさんインタビュー

自業自得な被害者たち

犯罪者を主人公にした小説や映画の場合、どうしても犯罪者に感情移入してしまう。罪だとわかっていても、つい応援したくなってしまう。わかりやすい映画で言えば『オーシャンズ11』のような作品がそう。

 

でもあれはフィクション。もし実話だとしたらどうだろう? 果たして主人公に感情移入できるだろうか?

 

640

 

2022年 映画#14

『ハスラーズ』(原題:Hustlers)という2019年のアメリカ映画。実話を映画化した作品とのこと。主演はコンスタンス・ウーというアジア系の女優さんなんだけれど、共演しているジェニファー・ロペスの演技が素晴らしすぎて、完全に主役を食っていた。この演技ならアカデミー助演女優賞を受賞しても不思議じゃないと感じた。

 

主人公はストリッパーの女性たち。コンスタンス・ウー演じるデスティニーは、ストリッパーとして働いているが、いまいち稼げない。そんなとき、同じ店のストリッパーのダンスに魅了される。ジェニファー・ロペス演じるラモーナという女性。彼女がステージに立つだけで、札束が飛び交う。

 

時代はまだ2000年代の初めで、アメリカは好景気に沸いていた。デスティニーはラモーナに目をかけられ、ダンスや客の取り入り方法を教えてもらう。それだけでなく二人でコンビを組むことで、高株価で儲けたウォール街のサラリーマンたちから豪勢な暮らしができるチップを獲得していた。

 

ちなみにジェニファー・ロペスのポールダンスがマジですごい。プロのポールダンサーについて特訓したことで、スタントなしで全て撮影したとのこと。そして彼女の色気に悩殺される。この映画の公開時は50歳だったなんて信じれない。

 

ところが2008年にやってくるのがリーマンショック。このときにデスティニーはクラブを退職していたけれど、夫と離婚してシングルマザーとなっていた。このままでは生活していけない。それでもう一度クラブに戻ったけれど、過去の賑わいは夢のように消えていた。

 

困り果てたデスティニーは、偶然にラモーナと再会する。彼女も不遇時代が続いていたけれど、最近になって一気に羽振りが良くなっていた。バブル時代は顧客を酒に酔わして、ベロベロとなった段階でクレジットカードにサインさせていた。これはまぁ合法的。

 

だけどリーマンショックで稼げなくなったことで、ラモーナは一線を超えてしまった。ターゲットの客の酒に調整した薬物を混ぜることで、意識混濁状態にしてしまう。そしてクレジットカードの使用にサインをさせていた。

 

最初デスティニーはその誘いを断る。だけど幼い娘を失いたくない。そこで二人が数年ぶりにタッグを組んだ。それが大成功。被害者はしまったと思うものの、絶対に警察に行かない。なぜなら下心があって、スケベ心を見透かされているから。それゆえ黙っている。それどころか、常連となるような顧客もいた。

 

あまりの繁盛で最初に組んだ4人では手が回らない。そこで新たなメンバーを集めたのが失敗の始まりだった。その中には過去に犯罪歴のある女性やジャンキーがいた。デスティニーは反対するけれど、その不安は的中する。ある女性が警察に捕まると、あっさりと罪を告白してしまった。それでデスティニーたちも逮捕されてしまう。

 

最終的には司法取引に応じることでデスティニーもラモーナも刑務所行きを免れる。そんな彼女たちの経験を記事にしたいとインタビューが入り、映画としてはインタビューに応じるデスティニーの語りということで構成されている。

 

麻薬を使うのは明らかにマズい。立派な犯罪だし、彼女たちが逮捕されたのは当然。けれども被害者たちにも自業自得な部分がある。女性たちを性の道具として軽んじている。そんな思い上がった女性差別の意識が、彼らの被害の元凶でもあるから。そのせいもあって、やはり主人公たちを応援してしまった。

 

ジェニファー・ロペスの素晴らしい演技を見られる秀作だと思う。そして歌手でもある彼女らしく、共演陣も楽しかった。女性ラッパーのカーディ・Bとリゾがストリッパー役で登場。歌手のアッシャーなんか、ストリップを見に来た本人役で登場していた。

 

さらにインタビューをしている記者役でジュリア・スタイルズも出演していた。久しぶりに彼女の演技を見られて、何かとお得感の多い素敵な映画だった。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/