高羽そらさんインタビュー

父を探す兄弟が見つけたもの

つい先日のこと。小・中・高と同じ学校で、中学時代に同じ水泳部だった男性とFacebookで再会した。なつかしい話をしつつ、その男性関連であることを思い出した。その男性はビートルズ、というか当時はポール・マッカートニーがやっていたウイングスというバンドのファンで、自宅へ行ってレコードを聞かせてもらったことがある。

 

その男性と仲の良い女生徒がいて、ボクが半年だけ在籍していた幼稚園に通っていた。中学生のときそのことを知って、ある写真を見せてもらったことがある。それは幼稚園の卒園写真。ボクの手元になかったので、そこにはどうしても見たい人物が写っていたから。

 

その写真に写っているのは、撮影した5ヶ月後に家出をする母。その女生徒に事情を話して、ボクを産んでくれた母の写真を中学生のときに見たことがあった。いまならスマートフォンで撮影して保存するんだけれど、当時はどうしようもない。自宅に持って帰るわけにもいかないから、忘れないように何度も見た記憶がある。

 

だけどすっかり忘れちゃったけれどねwww   友人との懐かしい再会で、ついそんなことを思い出した。そんな薄れゆく親の面影を探し求める主人公が登場するコメディ映画を観た。

 

father-figures

 

2022年 映画#67

『ファーザー・フィギュア』(原題:Father Figures)という2017年のアメリカ映画。コメディ作品でかなりおバカな内容。観る人によってはつまらないと感じるかもしれないけれど、ボクはかなり楽しく観ることができた。おそらく親の面影を探すという部分に共感したからだと思う。

 

主人公はピーターとカイルという双子の兄弟。ピーターは医師だけれど、身内に対してはすぐに感情をぶつける。そのせいか、一人息子はいるけれど離婚していた。弟のカイルはハワイで暮らす自由人。兄とちがい楽天家で、女性関係もかなり激しい。

 

母が再婚することになり、二人は久しぶりに再会する。その日、ピーターはテレビであることを発見した。父は結腸がんで兄弟が1歳のときに死んだと母から聞かされていた。そして両親が映った貴重な写真を宝物にしていた。なんとその父と同じアザのある人物がテレビに出演している。

 

驚いたピーターが母に詰問すると、母は彼女の秘密を告白する。その写真の人物は父ではない。事情があって別れたけれど、きっと生きているだろうとのこと。ということで双子の兄弟が本当の父を探す旅に出かける。

 

面白いのは母が若いころはかなり自由奔放だったこと。正直言って誰が父親なのかわからない。とにかく必死になって情報を集め、兄弟は父とおぼしき人物に接触していく。映画の展開として4人の父親候補と会うけれど、その都度決定的な証拠が見つかって実の父ではないことがわかる。この過程がかなり面白いwww

 

そしてオチに驚くことになる。父親候補と母には全員肉体関係があった。だけど誰も父親じゃない。いや、母でさえ実の親ではなかった。母は兄弟が生まれるころ、事情のある女性を保護する活動をしていた。そのときに出会ったのが兄弟の母だった人。

 

ところが二人を産んですぐに亡くなった。このままでは施設に入れられて二人は引き離されてしまう。そこで母は二人の赤ちゃんを養子にして、子供として育てることにした。つまり兄弟の両親はまったく誰なのかわからない。

 

父を探しているうちに、母でさえ実の母でないことを知った二人。だけど父を探す旅で、二人は父の存在以上に大切なものを見つける。唯一の親族である兄弟の存在であり、彼らを心から愛してくれる母の深い愛。ひねりのないストーリーだけれど、とても心に残る作品だった。

 

驚くのは父親候補の豪華キャスト。ボクは知らないけれど本人役で登場した元アメフト選手のテリー・ブラッドショー、そしてJ・K・シモンズ、クリストファー・ウォーケンという名優も登場している。やはり最高だったのは母を演じたグレン・クローズ。いい映画だったなぁ。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/