高羽そらさんインタビュー

やっぱ左利きはマイノリティ

テレビのロケ番組を見ていると、最近は左利きで食べているタレントさんが増えた。以前ほど左利きはダメ、という感覚がなくなっているのだろう。

 

ボクは左利き。でもボクの子供時代は、左利きは無作法の代名詞だった。だから親からは全力で矯正され、お箸とペンは右で書くようになった。うまく書けないから、子供のころは字が下手なのがコンプレックスだったなぁ。

 

だけどスポーツ関係は無理。野球、テニスやバトミントン、ボーリング等もすべて左。剣道を習ったときに竹刀を逆に持つと、「左利きなんて関係ない!」と一喝されたけれどwww

 

荷物を持つときも、重いほうは左手で持つ。もちろんマグやビールのジョッキも左手。以前にブログで書いたことがあるけれど、我が家の近所に洋菓子店のやっているカフェがある。そこそこ美味しい料理が提供されているけれど、問題はコーヒーカップ。

 

デザイン重視で選んだのだろうけれど、左手では持てない構造になっている。あっ、このお店はそういうことに意識が向かないんだなと感じてしまった。だから最近はまったく行っていない。

 

逆に京都にはとても心地いいビヤホールがある。中年の男性が料理等を運んでくれるお店。ビールのジョッキは最初だけ右利き用に置かれる。だけどお代わりのときの向きをチェックしていて、次からは必ず左利き用にジョッキを置いてくれる。これだけでそのお店のクオリティの高さを感じられた。

 

つまりまだまだ左利きはマイノリティだということ。ある記事を読んで、なるほどなぁと思った。

 

『回転寿司』がなぜ右回りなのか知ってる?意外すぎるその理由とは?

 

ちょっと面白い記事。回転寿司が右回りなのは、日本人の9割が右利きだからとのこと。利き手が右の場合、右回りのほうが皿を取りやすい。さらに同じく右が利き目の人が多いので、流れる寿司がより早く視界に入るそう。

 

ということは左利きのボクは皿が取りにくいし、流れてくる寿司が視界に入りにくい?

 

まぁマイノリティだから仕方ないよね。圧倒的に右利きの人が多い世界に住んでいるんだから。ちなみにリンク先の記事には興味深いことが書かれていた。回転寿司は右回りだけれど、人間の本能として右回りは違和感を持ちやすいそう。

 

天体の公転や自転は左回りなので、人間は左回りの方が自然に感じられるらしい。だから野球のベースや、陸上競技は左回りになっているそう。逆に違和感を強調するため、お化け屋敷やジェットコースターは右回りになっているとのこと。

 

なんでもないことだけれど、人間の感覚って面白いよね。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 幼心の君さん、コメントありがとうございます。

    ミューナは今日も食欲旺盛で、いまはぐっすりと昼寝しています。
    左利きの特典は、ちょっとした心づかいを感じられることかもしれませんね。

    実は私も『ラブ・アクチュアリー』を観てビル・ナイの大ファンになりました。ラスト近くで男性マネージャーとハグするシーンは、いま思い出しても感動の涙が出てきます。
    私はイギリスの俳優さんが大好きなので、この映画は宝箱のように思える作品です。
    クリスマス映画で思い出しましたが、最近では『ラスト・クリスマス』という2019年の映画がお気に入りです。ラストのネタバレでいつも号泣してしまいます。
    今日の神戸はかなり暑いですけれど、気分はすっかりクリスマスで〜す(笑)

  2. ミューナさんのお誕生日、おめでとうございます!
    今日はお別れを忘れる日。ミューナさん、寝起きの愛らしい姿を見せてくださりありがとう。神秘的でとっても美しい、若く見える猫さん!

    高羽さんは左利きとのこと、なんと私も同じです。ぎっちょは昔は忌み嫌われていましたね。私の親も矯正を試みましたが、親の見えないところで常に左を使っていたので結局は左しか使えなくなりました。京都のビヤホールのように、持ち手を左に向けて置くなど観察眼が鋭く心配りの行き届いた店員さんにたまに出会うと感動します。お店や受付で左利きの人を見かけると親近感が湧きます。

    『ラブ・アクチュアリー』は私もとても好きですが、ポルノ男優役を演じた男性がマーティン・フリーマンさんだったなんて気づきませんでした。ピュアで優しいポルノ俳優さんでしたよね。私はこの作品がきっかけでビル・ナイさんが好きになった記憶があります。今年のクリスマスもまた観たい作品ですね。今年も半年過ぎましたし、あっという間にクリスマスになりそうですね♪


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/