高羽そらさんインタビュー

あぁ、オリビアが逝ってしまった

今朝のツイートを見て、ショックのあまりしばらく何もできなかった。昨日の8月8日、オビリア・ニュートン=ジョンが他界した。73歳だった。

 

ボクにとって彼女は天使であり女神でもある。30年以上前から乳がんの治療を受けていたのは知っていたけれど、最近になって再発しているのは知らなかった。本当に悲しい。そして寂しい。今日はずっとオリビアのことばかり考えている。

 

ボクを洋楽の世界に導いてくれたのは、小学校の低学年のときに親戚にもらったビートルズの『Let It Be』のレコード。だけど本格的に洋楽の世界にハマったのは、中学生になってカーペンターズとオリビア・ニュートン=ジョンの曲に出会ったから。

 

言うまでもなく初めて聞いたオリビアの曲は『そよ風の誘惑』。この曲をFMラジオで聞いたとき、あまりの美しさにそれまでの音楽概念がぶっ飛んでしまった。ボクは映画や洋楽タイトルの邦題は嫌いだけれど、この曲に関しては素晴らしいと思う。もちろん『Have You Never Been Mellow』というタイトルも好きだけれど。

 

だから中学1年生のとき、お年玉でこのアルバムを買った。

 

wpcr000050069_LLL

 

 

いまでもこのアルバムの曲はすべて歌詞を覚えている。数えきれないほど聴き込んだから。この曲と同じくボクを打ちのめしたのがカーペンターズの『オンリー・イエスタデイ』という曲。そのカーペンターズのカレンもすでに故人。実はこの二人、プライベートでも仲が良かったそう。

 

FZq73xSaQAA1QD8

 

 

とても素敵な写真。いまごろオリビアはカレンと再会しているんだろうか。もし二人がデュエットしているのを聞けるなら、体外離脱してあの世に行きたいと本気で思ってしまう。

 

ということで、ボクを洋楽の世界に引き入れてくれた曲をリンクしておこう。

 

 

今日のボクは追悼気分一色なので、もう少しオリビアについて語らせてもらう。1978年に来日したとき、ボクは京都で彼女のコンサートに行った。場所は京都府立体育館だった。一緒に行ったのが、なんと中学生のときに不良ナンバー1だった男。

 

そのNという男とは中学校時代のワル仲間。ボクは洋楽しか聞かなかったけれど、そいつはキャロルやクールスというヤンキー風バンドの曲しか聞かない。だけど二人の趣味が合ったのはこのオリビアだった。矢沢永吉さんが映るLPジャケットの間から、先ほどのオリビアのレコードを見つけたときに二人で抱き合ったのを覚えている。

 

いまでもライブの雰囲気を覚えているけれど、生で見るオリビアの姿は本当に天使が舞い降りたようだった。それもかなりいい席で、すぐそこに女神がいると思うだけでドキドキした記憶がある。「愛してます」という日本語が「アイテマス」となってしまうのがまた可愛い。

 

だから映画の『グリース』が公開されたときは、記憶しているだけでボクは3度は映画館に行った。もちろんビデオやDVDでも数えきれないほど見ている。共演しているジョン・トラボルタとのコラボ曲はいくつもあるけれど、グリースでおすすめはオリビアがソロで歌っているこの曲が最高!

 

『Hopelessly Devoted To You』というタイトルで、邦題は『愛すれど悲し』となる。可憐なオリビアの姿と美しい歌声を聞いてほしい。

 

 

ジョン・トラボルタのInstagramをフォローしているけれど、今日の朝早くに彼はオリビアに対する追悼の投稿をしていた。プライベートでも親友だったからなぁ。ということで彼とのおすすめのコラボ曲を紹介しよう。『グリース』ではなく、『セカンドチャンス』という映画で共演した時の曲。

 

この映画は死んでも生まれ変わって出会う二人を描いた作品。とても素敵なラブストーリーなので、まだ観ていない人はオススメだよ。『Take A Chance』という曲で二人はデュエットしている。いい曲なのでこれもリンクしておこう。

 

 

そしてオリビアの出演映画で絶対に外せないのは『ザナドゥ』という作品。ボクが一番愛している作品で、オリビアがミューズの役を演じている。これが最高に可愛い。本当に女神にしか見えないからね。ミュージカル映画としても素晴らしく、ボクは『グリース』よりも多く観ていると思う。

ということで、最後はこの映画のタイトルナンバーをリンクしておこう。

 

 

本当に悲しい。今夜はこの自分のブログを見ながら、もう一度これらの曲を聴いてみよう。実は昼間に聴いていて、やっぱり泣いてしまった。また泣いてしまうだろうけれど、今日は追悼の日だからいいだろう。オリビア、本当にありがとう! 心からのご冥福を祈っています。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/