高羽そらさんインタビュー

運命論に支配された時間旅行

ボクと妻が出会ったのは、30代のときに働いていた祇園の芸舞妓事務所。ところが付き合うようになって、とても不思議な話を妻から聞かされた。過去のブログでも書いたし、ラジオ番組に出演したときにも話したことがある。

 

妻が不思議な明晰夢を見た。ある場所に立っていると、目の前の家からいきなり中学生のボクが出てきた。とっさに体調の悪いフリをしてかがんだ妻を見て、ボクが「大丈夫ですか」と話しかけてきた。それで大丈夫だと答えると、忙しそうに走り去ったという夢。

 

妻の描写によると、その場所はボクの実家にまちがいなかった。ちなみに妻がその夢を見たときは一度も実家に行ったことがない。そして妻が隠れた電柱は、その当時にしかなかった。さらに驚くことがある。その話を妻から聞いたボクは、中学生の夏休みに水泳部の練習に行く前、その出来事があったことを思い出した!

 

簡単に書くとこんな出来事。信じるか信じないかはあなた次第www

 

まさにこれと同じようなことをテーマにした小説を読んだ。

 

IMG_5971

 

2022年 読書#90

『きみがぼくを見つけた日』上巻 オードリー・ニッフェネガー著という小説。最初に映画を観て感動したので、原作を読むことにした作品。思った通り映画のエピソードはほんの一部で、原作では主人公たちのエピソードがもっとたくさん書かれていた。それが実に不思議で楽しい。

 

主人公はヘンリーという男性。彼は時間旅行ができる。ただ問題はいつタイムトラベルするかわからない。脳機能の突然変異ということで説明されていて、てんかんのような症状が起きる。そして気がつくと別の時空に存在している。

 

困るのは物質は移動できない。つまり『ターミネーター』のように素っ裸。だから服を調達しないと大変なことになってしまう。この事実があることで、もう一人の主人公であるクレアという女性が関係してくる。

 

この物語を説明するのは難しい。クレアはボクたちと同じように時系列で出来事を経験していく。だけどヘンリーは過去や未来を行ったり来たりするので、若いヘンリーや中年のヘンリーが登場する。二人同時に存在していることもある。

 

映画の場合なら姿で見せられるけれど、小説だとそうはいかない。だからヘンリーとクレアの語り手となる2つのパターンで物語が進み、かつ常にそのエピソードのときの日付と二人の年齢が記載されている。

 

クレアが初めてヘンリーにあったのは6歳。それ以来、彼女の成長に伴って様々な年齢のヘンリーが会いにきている。面白いのは物語の冒頭。20歳のクレアが28歳のヘンリーと出会う。この時点でのクレアは18歳の時にヘンリーにヴァージンをささげている。

 

ところがヘンリーが子供の頃のクレアと会うようになるのはそれ以降。だからクレアに会っても記憶がないから初対面と同じ。でも事情を聞かされると、ヘンリーはすぐに理解する。なぜなら幼い頃から時間旅行を繰り返していたから。

 

上巻はクレアの幼い頃から、やがて二人が同じ時空で出会い結婚するまでが描かれている。もちろんヘンリーは28歳から45歳までの様々なパターンで登場してくる。映画でも使われたエピソードだけれど、結婚式の場面が最高に面白い。

 

結婚式の最中に時間旅行してしまうことをヘンリーは心配していた。親戚たちの目の前でいきなり新郎が消えたらまずい。そこで二人の事情を知る友人たちと共に、ヘンリーを助けてくれた人物がいる。それが中年のヘンリー。

 

つまり結婚式とその後のパーティーでは、二人のヘンリーが出席していた。ヤバくなったときを見計らってトイレで交代した。近くで見れば若いヘンリーが老けたように見えるはず。だけど誰も気づかない。

 

そのときのクレアのセリフが最高。「わたし重婚しているような気分」と苦笑した。とまぁ、時間旅行の面白さが見事に描かれた作品。ただこれは遺伝性の能力なので、下巻では二人の子供に大きな影響が出てくる。

 

ボクがこの物語が好きなのは、タイムパラドックスが起きないということ。「未来に起きるべきことは、すでに起きている」とヘンリーは語る。つまり絶対に変えることができない。自由意志を行使しているつもりでも、決められた運命は変えられない。だからヘンリーはできる限り未来についてクレアに語ろうとしない。

 

それは45歳以上の年齢のヘンリーが登場しないことで想像できる。つまりそれ以降の彼の人生が存在しないということ。本当によくできた物語だと思う。さて下巻はどのように展開していくのか。映画とのちがいを感じながら、二人の物語の結末を楽しむとしよう。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/