[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

愛する存在の死を受容すること

我が家は妻と猫のミューナの3人家族。ボクにとってこの3人は、人生の最後を締めくくるチームだと言っていい。現状は3人での暮らしだけれど、やがてひとり減り、二人減りで、3人のうちの誰かがアンカーとしてこの世を旅立つことになる。

 

それでもこの世を去るトップバッターは決まっている。今は16歳5ヶ月で人間にすれば80歳を超えているミューナを見送るのが、ボクと妻の大切な使命。ミューナは治癒することのない慢性腎不全なので、いずれ別れの日が来るのを自覚している───つもり。

 

ただこれが難しい。先日の火曜日に6ヶ月ぶりに通院したミューナ。そのストレスで、通院から2日くらいは食欲が落ちた。いまはいつも通りで元気に過ごしてくれているけれど、少し彼の調子が落ちただけでオロオロしてしまう。一喜一憂しても意味がないと分かっていても、そうはいかないもの。

 

愛する存在の死を受容すること。それは口で言うほど簡単なことじゃない。そのことを思い知らせてもらえる、とても素晴らしい映画を観た。これはかなりオススメなので、もし観ていない人がいたら自分の愛する人を思い浮かべて観てほしい。

 

hozb5_UB

 

2022年 映画#179

『スーパーノヴァ』(原題:Supernova)という2020年のイギリス映画。写真のスタンリー・トゥッチとコリン・ファースが主演している。この二人の鬼気迫る演技を見るだけでも価値のある作品。ボクのように二人のファンなら、絶対に見逃してはいけない作品。

 

コリン・ファース演じるサムはピアニスト。スタンリー・トゥッチ演じるタスカーは作家。二人はゲイで、すでに20年以上も一緒に暮らしているパートナー。休暇を取った二人はキャンピングカーを借りて旅に出る。

 

二人の思い出の地を巡るだけでなく、サムの姉夫婦の家を訪れ、古くからの友人たちに会うことが目的。最初はそんな楽しい旅の雰囲気で始まるが、やがてあることに気が付く。タスカーの様子が普通じゃない。彼が病魔に冒されていることが明かされる。

 

彼の余命が短いことをサムだけでなく、サムの姉夫婦も友人たちも知っている。それゆえ二人にとって大切な旅であり、これからの本格的な介護に向けてサムの決意を高めるための旅でもあった。だけどタスカーの気持ちはちがった。

 

タスカーの病名は明かされていない。おそらく脳に関する病気で、やがて自分のことも他人のことも判別できなくなって、命を終えてしまうらしい。タスカーはそんな状態でサムと別れたくない。愛し合った自分の姿を最後の記憶に残したままでいて欲しい。

 

だからタスカーはこの旅の途中で自殺するつもりだった。でも事前に話せばサムに止められてしまう。それで遺書がわりの録音を残して服毒して死ぬつもりだった。だけどそれがサムにバレてしまう。ここからがこの映画の見どころ。

 

どんな姿になっても生きて欲しいと願うサム。そして最後の最後まで面倒を見ると熱く語る。

 

だけどタスカーはそれが耐えられない。美しい記憶のまま人生を終えたい。そしてサムを愛している自分のままで死にたいと懇願する。

 

この二人のやり取りでボクは号泣してしまった。愛する存在との別れはいつか来る。だけど実際にそれを目の当たりにすると、思っていたようにはいかない。そんな二人の葛藤が痛いほど伝わってくる作品だった。

 

特にラストが素晴らしい。サムはタスカーの気持ちを受け入れたように見える。一方、タスカーはサムの説得に応じたようにも見える。結果としてタスカーがどのような最後を迎えたのかわからない。サムのコンサートのシーンで終わる。これがとてもいい。

 

この映画が伝えたいことは、愛する存在の死を受容することについて。だから二人の出した答えは隠されている。映画を観ている人は、自分の想像でそれを体験してほしいという主旨だと思う。本当に素晴らしい作品だった。

 

ブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2022年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/