[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

『不死鳥の騎士団』のトリビア(下)

昨日の天気予報では大雨が予想されていた神戸。未明から激しい雨が降っていたけれど、思っていたより雨雲が南寄りに通過したらしい。午前中の早い段階で雨はあがり、大雨警報が出ることもなく通り過ぎてくれた。でも場所によってはかなりの大雨が降ったみたい。

 

いよいよ今週末は梅雨入りするだろう。しばらくは大雨の時期が続くので、この先に大きな被害が出ませんように。梅雨入り前から十分に暑い夏を感じているので、早く秋になってほしい気分なんだけれどね。

 

さて、久しぶりに原作を読み返している作品も終盤に近づいてきた。

 

IMG_6797

2024年 読書#53

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』下巻 J.K.ローリング著という小説。上巻の感想については『『不死鳥の騎士団』のトリビア(上)』という記事に書いているので参照を。

 

今年になって映画作品を通して久しぶりに観たことで、原作も久しぶりに読み返している。いつも書いているけれど、本当に原作は面白い。ということで映画と違う部分で印象に残ったことだけを書いておこう。

 

・上巻でクィディッチをアンブリッジによって禁じられたハリー。そのハリーに代わってグリフィンドールのシーカーになったのはロンの妹のジニーだった。未来にはハリーの妻になる女性。そういえばハリーの初恋はレイブンクローのチョウ・チャンだったけれど、彼女もシーカーだった。ハリーはシーカーをやるよような女性が好きなのかもね。

 

・ハリーたちがダンブルドア軍団の訓練をしている際、秘密がバレたことを伝えにきたのは原作ではドビーだった。映画ではドビーの存在をスルーしているから、ネビルにするしかなかったのだろう。

 

・そのダンブルドア軍団の存在を密告したのは、アンブリッジに真実薬を飲まされたチョウだった。けれども原作ではチョウではなく、チョウの友人のマリエッタだった。ダンブルドアの機転で無事に切り抜けたけれど、ハリーは心のどこかでそのことを許せなかった。結果としてチョウとの恋愛が破綻したのはマリエッタのことが原因だった。

 

・チョウはハリーとハーマイオニーのことを誤解していて、ハーマイオニーに嫉妬していた。これもハリーと喧嘩をした理由だった。

 

・ハリーはヴォルデモートに騙されて魔法省の神秘部に予言玉を取りに行く。その理由はシリウスが捕まって殺されそうになっているという嘘の幻影を見せらられたから。その嘘を真実だと思わせるためにヴォルデモートに協力したのは、シリウスの実家のしもべ妖精であるクリーチャーだった。これは映画ではスルーされている。結局、シリウスを死に追いやったのはクリーチャーだったということになる。

 

・学年末になってハリーたちがホグワーツ特急で戻ってた時、駅では不死鳥の騎士団がハリーを迎えてくれた。マッドアイ、トンクス、ルーピン、そしてロンの父親のアーサーたちは、ハリーを迎えにきたバーノンを脅している。もしハリーを虐待したら絶対に許さないと宣言していた。これも原作だけの場面だったな。

 

ということで次は『ハリー・ポッターと謎のプリンス』だ。これまた原作を読むのが楽しみだなぁ。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/