[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

形あるものは必ず滅する

いやぁ、今日はマジで暑い。Xで気温に関するポストばかりしているのは、今日の神戸が本当に暑いから。午前中に買い物に行ったけれど、帰る途中で本気でヤバいと感じる暑さだった。もしかすると軽い熱中症だったかもしれない。

 

といっても今日の神戸の最高気温は今のところ34.8度で、かろうじて猛暑日手前でとどまっている。さらに六甲山からの風が部屋に吹き込んでくるので、自宅にいる限りはかなり過ごしやすく、エアコンの必要を感じない。まぁ、我が家にはエアコンがないんだけれどねwww

 

でも静岡は40度を超えたそうで、神戸市と同じ兵庫県の豊岡でも38度を軽くオーバー。本当に殺人的な猛暑だといっていい。来週の後半には梅雨前線が北から降りてくるそうなので、梅雨明け前の雨が楽しみで仕方ない。

 

さて、想像を超えた展開になっているシリーズ作品の小説を追いかけている。

 

IMG_6816

2024年 読書#59

『デューン 砂漠の神皇帝3』フランク・ハーバート著という小説。前作についての感想は『理解できなけど気になる』という記事に書いているので参照を。

 

何度も映画化されていて、今年の4月にも最新版のパート2が公開された『デューン砂の惑星』という作品。この作品には続編が多数あって、これまでずっと追いかけてきた。映画の主人公はポールという人物。

 

でもこの小説はポールの息子であるレト2世が主人公になっている。といっても普通の感覚じゃない。レトは砂虫というこの物語の世界に登場する架空の生物と合体した。そのことによって帝国を支配することで平和を維持しようとした。

 

なんとこのレトの治世は3500年も続いている。最初は人間の肉体だったけれど、3000年以上を費やして巨大な砂虫となりつつあった。それでも3000年以上を神皇帝として君臨してきたことで、大きな戦争は起きていない。ただ、このままでは完全な砂虫となってしまい、レトの自意識が消えてしまう。

 

そこでレトは自分の死をようやく考えるようになった。この作品は3冊あるけれど、全体としてレトの死につながる構成となっている。といっても哲学的要素の強い物語で、かなり難解な内容となっている。『デューン砂の惑星』の頃はSF作品という物語だったけれど、この作品になると観念的な文章なのでかなり読みづらい。

 

それでも部下にわざと謀反を起こさせることで、後継者を作ったレトが旅立っていく姿にいい知れない解放感を覚えた。形あるものは必ず滅する、という宇宙の鉄則を強く感じさせる物語の終わりだった。

 

この続編は、レトの死後1500年先の物語として書かれている。気になるんだけれど、神戸市の図書館ではその一部が蔵書されていない。ということで最初の主人公だったポールの息子であるレトが死んだこの物語をもって、このシリーズから離れることにした。長いけれど、異世界を体験できた素敵な旅だったなぁ。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/