[gtranslate]
高羽そらさんインタビュー

復活を期待する最終巻だった

梅雨前線が日本海から南へ下がってきたので、今日の神戸は午後から雨が降ったり止んだり。でもおかげで午後からの気温はずっと30度を下回っていて過ごしやすい。蒸し暑さはあるものの、先日までのカンカン照りで猛暑日寸前の気温に比べたらずっといい。

 

しばらくはこんな天気が続きそう。明日の買い物は雨を覚悟しなければいけないけれど、やっぱ涼しい方がいいからね。そしてXでもポストしたように、今日は午前中に自宅で散髪を済ませた。もう4年くらい続けているのに、なかなか慣れない。

 

それでも新しいケーブと電動バリカンのおかげで、以前に比べたら散髪もスムーズで掃除も楽になった。ますます理髪店から足が遠のきそう。一人ではカットできないから、妻が切ってくれているうちは自宅で散髪をしようと思う。

 

さて、ボクの大好きな主人公が登場する物語がついに最終巻を迎えた。

 

IMG_6818

2024年 読書#60

『ミレニアム6 死すべき女』下巻 ダヴィド・ラーゲルクランツ著という小説。上巻の感想については『今日は衝撃的な1日』という記事に書いているので参照を。

 

スウェーデン版の映画に始まり、ハリウッド版の映画を制覇、そして原作も全て読んでいた『ミレニアム』シリーズ。ところがこの最終巻である『ミレニアム6』という最終巻を読んだと思い込んでいて未読のままだった。その顛末については上巻の感想に書いた通り。

 

最初の原作者であるスティーグ・ラーソンの3部作では、主人公のリスベット・サランデルの敵は元ソ連スパイだった父親であり、その父親を保護していたスウェーデンの公安警察だった。その3部作を記して著者のスティーグ・ラーソンは亡くなった。

 

だから後半の3部作は、ある意味二次創作と言っていい。けれども徹底的にキャラが研究されていて、最初の著者が完結できなかったリスベットの物語を完璧にゴールへと導いた。後半のリスベットの敵は、双子の妹であるカミラ。

 

ストーリーについては割愛しよう。このシリーズを知らない人はわからないだろうしね。もしまだ読んだことがない人がいたら、オススメなのでぜひトライして欲しいと思う。そしていくつかの映画を観て、リスベットを演じている女優さんの違いを楽しんでもらえたらと思う。

 

今回はもう一人の主人公であるミカエルがかなり危なかった。もう少しで命を落とすところ。もちろんリスベットとカミラの決着もついている。でもカミラに関する新しい事実が明かされた。これがなかなか衝撃的で、リスベットがカミラを殺せなかった理由がわかる。

 

この新事実を、あの世でスティーグ・ラーソンはどう思って見ているだろう? きっと嬉しそうに微笑んでいると思う。だってその事実が、まるで最初の作品に意図的に仕込まれていたようにしか思えないから。

 

読了したボクは、ちょっとしたリスベット・ロスになっている。でも訳者のあとがきを読んでいると、出版社を変えて新しい作品を出すという計画があるそう。もちろん著者も変わるけれど、リスベットの復活を望むファンの声に応えたいということらしい。

 

その気持ちはよくわかる。そして今回の終わり方は、まだまだ物語の続きを感じさせる。もしチャンスがあるなら、ボクもリスベットの未来を知りたい。期待して待っていようかな。

 

 <お知らせ>

最新刊の『夢体脱』が全国の書店、並びみAmazon等のECサイトで販売中です。2012年に出版した『夢で会える 体外離脱入門』は、非物質世界の存在に『会う』ことがメインテーマでした。

 

でも『夢体脱』ではその出会いをどのようにして実生活に活かしていくかをテーマにしています。旧作を読んだ方にも新しい洞察が得られる内容になっています。是非ともよろしくお願いします。

 

Amazonでは単行本と同時に、Kindleの電子書籍でも購入していただけます。こちらからどうぞ。

 

ハート出版さんのサイトでも『夢体脱』の概要をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

 

ブログの更新はFacebookページX、並びにThreadsで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/