高羽そらさんインタビュー

武士の献立

ここしばらく月末までは、脳みそが煮えたぎっているので、ブログの記事がまとまりのないものになるかも。

 

集中して小説の世界に入っていると、そこから帰還するのに苦労する。おまけにその小説は複数の世界が交錯している物語だから、戻ってきたら現実世界と混ざってカオス状態になっている。そういう事情で脳みそが煮えたぎっている。

 

IMG_4119

 

 

3月も残すところ一週間だというのに、まだ肌寒い日が続いている。昨日撮影した木蓮(コブシかな?)は、ようやく花を開き始めたけれど、桜のつぼみはまだ硬いよなぁ。

 

今日は自宅にこもってひたすら仕事をしていたけれど、真冬のような感覚だった。身体は冷えているのに、脳みそはグツグツと煮えている。そんな頭を少し落ち着かせるため、午後から映画を観た。いやぁ、めちゃめちゃいい映画だった。

 

poster2

 

 

『武士の献立』という2013年の日本映画。『武士の家計簿』という有名な作品があるけれど、それに準ずる作品とのこと。

 

予備知識なしで観たけれど、こんなに面白い映画だとは思わなかった。特に主演している上戸彩さんと、相手役の高良建吾さんが最高!

 

高良さんは2年前の大河ドラマで彼の高杉晋作役を見てから、大好きになった俳優さん。登場したとき、思わずガッツポーズをしてしまった。

 

上戸さんが演じるのは出戻りの女性。ただし超人的な舌と、抜群の料理の才能を持っている。それを見込んだ西田敏行さんが扮する舟木伝内に、自分の息子の嫁に来てもらえるように必死で頼まれる。

 

その息子の舟木安信を高良さんが演じている。父子とも実在の人物で、江戸時代の加賀藩の料理人として名を馳せている。彼ら藩の料理人は、侍でありながら刀ではなく包丁を持つことで、「包丁侍」と揶揄されている。

 

ところが藩政において重要な出来事があるとき、他の大名に対する「饗応料理」の献立を考えたり、その料理の指揮をする役職で、とても重要な仕事だった。でも安信はそんな「包丁侍」が大嫌いで、必死で剣の腕を磨いていた。

 

なぜなら次男坊だったので、どこかの武家の娘に養子に行くつもりだったから。ところが長男が病死したことで、必然的に舟木家を継がなくてはいけない。いやいやながら包丁を握っているので、仕事に身が入らない。

 

そこで父親の伝内が春に目をつけ。息子の安信を助けてやって欲しい願う設定になっている。

 

とにかく美味しそうな日本料理が次から次へと出てくるので、空腹では見られない映画かもwww

 

さらに単なる藩の料理人の物語ではなく、当時加賀藩で起きた有名な内紛である「加賀騒動」も絡んでくる。安信は包丁を捨てて刀を取るかどうか、という葛藤に苦しむことになる。

 

とても心温まる映画で、清々しい気持ちになった。やっぱり高良さんは若いのに存在感があっていいよね。さらに上戸さんの見事な演技が加わることで、完璧な作品になっていると思う。

 

想像していたよりはるかに素晴らしい映画だった。ラストは予想どおりだったけれど、だからこそ良かったと思う。とてもいい気分転換になった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/