高羽そらさんインタビュー

本物のロッキー

新作小説は3回目の推敲に入った。3回目はプリントアウトしてチェックしているので、妻にも読んでもらっている。面白いと言ってもらえたので、とりあえずほっとした。エンディングも驚いてくれたので、まずまずかな。

 

明日中に3回目の推敲を終えて、もう一度パソコンの画面で4回目の推敲。妻が見てくれた分を足したら、5回分推敲したようなもの。これでなんとか今月中に完成させることができそう。

 

今日の昼間は激しい雨が降っていたので、自宅で仕事をするのにちょうど良かった。明日はそこそこいい天気になるようなので、買い物を兼ねて散歩すればいい気分転換になるだろう。

 

さて、映画鑑賞も大切な仕事のうちなので、今日も素晴らしい映画を鑑賞した。

 

CRR67aqUsAA-1Pk

 

 

『傷だらけの栄光』(原題:Somebody Up There Likes Me)という1956年のアメリカ映画。実在したボクシング世界ミドル級のチャンピオンだった、ロッキー・グラジアノの生涯を描いた作品。シルベスター・スタローンが主演した『ロッキー』は、この選手に対するリスペクトとして作られている。ロッキーの原点だと言っていい。

 

このロッキーをポール・ニューマンが演じている。彼にしては2度目の映画作品で、実質的なメジャーデビューと言える作品。彼がブレイクした『ハスラー』はまだ5年先。だからこの映画のポールは、めちゃめちゃ若い。

 

本当はジェイムス・ディーンの出演が決まっていたらしい。だけど撮影前に事故死してしまったので、急遽彼に白羽の矢が立ったとのこと。実際のロッキーのしぐさや言葉づかいもかなり研究したそう。もちろん肉体もトレーニングしているようで、腹筋が見事に割れていた。

 

驚いたのはスティーブ・マックイーンが、ロッキーの友人役で出演していたこと。この映画がデビュー作らしく、クレジットに名前さえ乗っていないチョイ役だった。だけどオーラがあったよな。すぐにマックイーンだとわかった。

 

とにかくめちゃ面白い映画だった。ニューヨークの貧しい地域で生まれ、犯罪者として生きるしかない。ロッキーはそんな少年たちのリーダー格で、刑務所に入ったのは1度や2度じゃない。もしボクシングと出会わなければ、刑務所暮らしになるか、誰かに殺されていただろう。事実彼の友人は、ほとんどそうなっている。

 

彼を救ったのはボクシングだけじゃない。妻のノーマがいなければ、彼は世界チャンピオンになることはできなかったかもしれない。順調に勝ち進んで、財産も築きつつあった。かわいい娘も生まれている。ロッキーはボクシングを通じてまっとうに生きようとしていた。

 

そんなとき刑務所で知り合った人間により、八百長試合をもちかけられる。はっきりと断ったが、検察に呼び出しをくらう。持ちかけた人間を明かさなければ、プロボクサー免許を剥奪すると言われた。

 

それでもロッキーはその人物の名を言わなかった。結果的に免許を剥奪される。だがそんなどん底の彼を救ったのはトレーナー、故郷の友人、そして妻のノーマだった。そして再選のチャンスを得て、見事世界チャンピオンになるという結末。

 

実話だけに説得力があるし、大逆転でチャンピオンになるシーンはめちゃ興奮した。ボクは『ロッキー』という映画が大好き。最高のボクシング映画だと思っていた。だけどこの映画がその座を奪ったかもしれない。本当によくできた作品だった。

 

ポール・ニューマンにチャンスが訪れたのは、ある意味必然だったように感じる。それほどロッキーの役はピッタリだった。ちなみにノーマ役を演じたピア・アンジェリという女優さんが、めちゃ綺麗だった。こんな素敵な女優さんがいたんだね。わずか39歳で亡くなっているのがとても残念。もっと別の役を演じる彼女を観たかったなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/