高羽そらさんインタビュー

人前で読んではいけない本

昨日の雨とちがって、今日は朝からいい天気。そして何より暖かいのがいい。また来週には強烈な寒波がやって来るらしいけれど、とりあえずひと息つけるよね。

 

今年の冬は寒さが厳しい。それに連動するようにインフルエンザが流行っている。著名人のブログやTwitterを見ていると、インフルエンザに感染したという記事をよく見かける。

 

ボクは基本的に他人と接触することが少ない生活をしているので、比較的安全な状況で過ごしている。それでも外出したときはマメに手洗いをして、喉や鼻を乾燥した冷たい空気から守るように注意している。

 

でも通勤や通学で、電車やバスに乗る人はそうも言っていられないよね。ウィルスに接触するリスクが高くなるのは仕方ない。マスク等を使って、なんとか自衛するしかない。そんな人たちに、もうひとつ注意点を述べておこう。

 

電車やバスのなかで、読んではいけない本がある。

 

IMG_4533

 

 

『猫たちの色メガネ』浅生鴨 著という小説。

 

なぜ人前で読んではいけないのか?

 

それは面白すぎて爆笑してしまうから〜〜! この本を読んで笑いをこらえるのは絶対に無理。だから確実に変なやつだと思われてしまう。

 

ボクは就寝前に読書をするので、周囲は静かな環境。だからクスクス笑っている程度ならいいけれど、そのうち引きつるような笑い声になってしまう。だからきっと妻は、ボクのことを変なやつだと思っていたかもw

 

浅生さんは以前にNHKで仕事をされていた方で、現在は作家や映像ディレクター等としてマルチな活躍をされている。Twitter界ではかなりの有名人。ボクが大好きな『チョイ住み』という番組の制作にも関わっておられる。

 

最初に浅生さんの小説で読んだのは『アグニオン』という素晴らしいSF小説。いまだに心に強く残っているほどすごい長編小説だった。

 

ところが打って変わって、この本は27の短編を集めた作品。そしてすべての作品に猫が登場する。浅生さんは猫を4匹も飼っておられるという猫好きなので、猫に対する愛情に満ちた作品だった。

 

だけど猫は物語にあまり影響しない。どちらかといえば、観察者のような役割。ここに書かれた27の物語には、様々な変人が登場する。それが可笑し過ぎてもうたまらない。

 

まだ去年の秋に出たばかりの小説なので、ネタバレはしないほうがいいと思う。でも笑いたいと思っている人には、絶対的にオススメの作品。思い出しただけでも、爆笑しそうになるからね。

 

ちょっとだけならいいかな。

 

例えば自分がアンドロイドだと思い込んでいる中間管理職。

 

怒ることをしない男が、ある日溜まっていた怒りを爆発させる。すると……。

 

何を見ても笑ってしまう男が、スカウトされた職場とは?

 

ある日自分の背中にチャックが付いていることを発見した男。そのチャックを開けてみると……。

 

あかん、この4つを書いているだけで笑えてきた。とにかく目の付け所が鋭い。そしてその掘り込み方が深い。なのに笑ってしまうという不思議な物語ばかり。

 

だけど、ただ笑うだけじゃない。笑いというものに昇華されているけれど、実は今の社会の現状が浮き彫りにされていると思う。そんな部分がいくつも見え隠れしている。

 

本当は深刻な内容かもしれない。でも眉根を寄せて悩むより、笑って考える方がええやん、と感じさせてもらえる。帯に書かれた糸井重里さんの推薦文が、この本のすべてを物語っている。

 

『読み出したら、取り返しがつかない』

 

まさにそのとおり。マジで笑いの連鎖に取り込まれて、取り返しがつかなくなってしまうよ〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/