高羽そらさんインタビュー

曲がり角まで進むことが肝心

今日からしばらく自宅での映画鑑賞を自粛する。

 

といっても新型コロナウイルスは関係ない。テレビが壊れたわけでもない。

 

今日になってようやく新作小説の初稿が完成したから。このあとは何度も読み返して推敲するという、ボクの大好きな作業が待っている。文章の書き直しほど楽しいことはない。

 

だけど投稿期限まで10日を切ったので、時間的にかなりヤバい。それで目処がつくまで映画を我慢することにした。そんな状態なので、夕方のブログはしばらく非常モードに突入する。

 

朝はいつもどおりに書くつもり。でもこの時間帯はTwitterっぱいつぶやきブログになりそう。

 

今日完成した初稿をざっと眺めて思ったことがある。それは、書き初めには想像もしていなかった物語になったということ。

 

テーマを決めて、登場人物を決める。同時に書き出しとエンディグはほぼ頭にある。大雑把なプロットや設計図も作る。それなのに、当初の構想からは思いつかないような物語になってしまう。

 

これだから小説を書くのがやめられない。実はこの体験が病みつきになるんだよね。

 

最初は設計図に基づいて書いていても、登場人物の誰かが言ったセリフから、思わぬ方向に展開することがある。おいおい、そっちはちがうやろう、と言っても止められない。こうなってくると日々不安が募ってくる。

 

でもそんな不安を払拭するシンプルな方法がある。それはとにかく進むこと。そして曲がり角まではとにかく歩く。

 

そうすると不思議なことに、曲がり角まで来ると次に進む道が見えてくる。曲がり角の手前で不安になって悩んでいるより、とにかく曲がり角まで進むこと。そうすれば当たり前ように次の道が見える。

 

これは小説だけに限らないと思う。人生全般について言えることじゃないだろうか。ボクはそう思う。

 

進むべき道が見えない場所でウジウジ悩んでいるより、まずは曲がり角まで行ってみるべき。そうすれば新しい道が見える。これはとてもシンプルな話。そしてもし行き止まりだったとしても、引き返せばいいだけ。だけど曲がり角までいかないと、その判断さえできない。

 

小説を書くと、いつもそのことを思う。さて、明日からは推敲できるので楽しいなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/