高羽そらさんインタビュー

他人の知覚を転送できるとしたら?

今日は見事な秋晴れ。見渡す空のほとんどは青く、空気が乾燥していて気持ちがいい。

 

梅雨明け以降、買い物の帰り道はバスに乗っていた。でも今日は気持ちがいいので、久しぶりに徒歩で坂道を登ってきた。体力が落ちていないか心配だったけれど、危惧するほどでもなかったかな。これなら来年の夏までは歩いて帰れるかも。

 

だけど荒天なら無理だろう。今年の神戸は3度も台風が上陸しているのに、またまた台風24号が近づいている。今のところ予想進路の中心で進むと、神戸を直撃しそうな雰囲気。ただ台風21号で実感したけれど、台風の東側になるくらいだったら、直撃してくれたほうがいいかもね。

 

どう考えても日曜日の外出は無理そうなので、明日から3日間の引きこもりが決定。そのつもりで食材を調達してきた。その分、日曜日も朝から仕事ができるのでラッキーかもしれない。

 

30日のギリギリまで新作小説を仕上げるつもり。あとはネットでポチッと送るだけ。原稿用紙に書かなくていいので、便利な世の中だよね。でもそれで終わりじゃない。

 

10月に入ったら、さっそく次の作品に取りかかる。ひとつ作品を仕上げたからといって、優雅にバカンスを楽しめるような立場じゃない。今日も新作小説の推敲をやりながら、頭の隅では次の小説を考えている。

 

まだ詳細は決まっていないけれど、書いてみたいことがある。

 

今日妻と二人で歩いているときに感じたことがある。坂道を登りながら「しんどいなぁ」と声をかけあっている。だけどボクの「しんどい」と、妻の「しんどい」が同じものかどうかわからない。

 

もし脳をその場で交換できたとしたら、「えぇ、こんなにしんどいの!」と驚くかもしれないし、「こんなん、全然しんどないやんか」と感じるかもしれない。どれだけ言葉を尽くして自分の肉体の状況を説明しても、その痛みや苦しみが他人にとってどの程度なのかわからない。

 

ある人にとって『8』の痛みが、別の人にとっては『4』だったり、『10』だったりするかもしれない。それは肉体の痛みだけでなく、精神的な苦痛にもあてはまるだろう。

 

これは逆の場合にも言える。気持ちのいいことも、その人によってちがだろう。セックスだって、男性と女性で感じ方は同じじゃないはず。でもどれだけ科学が進化しても、他人の知覚を転送することはできない。

 

でもそれが小説なら可能になる。そういう装置が発明されたと想像してもいいし、そういう特殊能力を持つ人物を想定してもいい。まだ具体的に決まっていないけれど、次は知覚の転送について書こうと思っている。

 

SFにもファンタジーにもミステリにもできるけれど、やっぱホラーかな。しばらくはホラー小説に意識を向けたいと思っている。拷問を受けている人間の知覚が転送されたりしたら、それだけでもホラーだよね? あるいはおぞましい心霊体験を転送されてもかなりヤバい。

 

こうして書いているうちに、少しずつイメージが湧いてきた。さてさて、次作はどんな物語になることやら。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/