青森山田vs帝京大可児は4-2で青森山田が勝利!

たぶん今日の試合の中で1番ハイレベルな試合を展開したと思う。


青森山田のゴールはセットプレーから4ゴール。


帝京大可児は主に足元の技術を活かし攻撃していく。

一人ひとりテクニックがあり相手につかまらないポジションが取れる。試合を分けたのはインテンシティだと思う。


青森山田のゴールはセットプレーからだが、相手のウィークをどんどん突いていくし、カウンター、サイド攻撃、交代から入る選手にはドリブルを得意としたり、ハイプレスなど守備からも攻撃ができ、ゴールを奪うためのバリエーションが多い。

前後半通し昨年に比べバリエーションが増えている印象を受けた。

なんと言っても1番はインテンシティが高さ。鍛えられていると感じた。

また柴崎や室屋など世界5大リーグで活躍する選手を輩出していること、それを意識してトレーニングし、試合をみてもひとつ先を見据えたプレーをしているので、フィジカル、ハート、球際など「強さ」がある。


このままいけば青森山田が優勝するかと思うけど、何が起こるのか分からないのが一発勝負の高校サッカー選手権大会。

今回はどこが優勝するのか楽しみだし、将来の日本代表で活躍する姿を考えるだけでもワクワクする。


実況山﨑誠アナ(日本テレビ)、サブ神谷誠アナ(札幌テレビ)関係者の皆さん今日も楽しくできました。

ありがとうございました!


20210103-175738.jpg

 


#全国高校サッカー選手権大会 #高校サッカー #高校サッカー選手権 #サッカー #football #futbol #青森山田 #青森山田サッカー部 #帝京大可児 #帝京大可児サッカー部 #セットプレー #インテンシティ #山﨑誠 #日本テレビ #神谷誠 #札幌テレビ #commentator #松原良香 #yoshikamatsubara 

#ダンヒル #dunhill #shobufuku #senseofgrace



コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

プロフィール画像

松原良香(まつばらよしか)
身長・体重:180cm・80kg
生年月日:1974年8月19日
出身地:静岡県浜松市

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Archives

QR-Code

ブログモバイル版

松原良香|まつばらよしか(サッカー元日本代表)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/y_matsubara/