三草二木について

おはようございます。

7月5日。木曜日。

今日の東京地方は曇り。

最高気温は29℃、最低気温は22℃。

蒸し暑い日が続きますね。

明日は七夕祭り。

そして24節気では「小暑」を迎えます。

小暑 (しょうしょ) 7/7頃

大暑来れる前なれば也(暦便覧)

梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。

集中豪雨のシーズン。

蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃である。

(こよみのページ)

「小暑」の次は7月23日の「大暑」で夏は終わり、

8月には「立秋」を迎えます。

まだまだ本格的な夏は始まっていませんが、

暦の上では夏も終盤戦に入っているというのが、

床しいですね。

今回の台風の影響で九州地方や山陰地方の一部では

豪雨に見舞われた、とか。

被害に遭われた皆様の復興を祈っています。

さて。

梅雨と言えば雨、ですが、

雨も大量に降れば土砂災害などで

とても迷惑な雨となりますが、

田植えが終わったこの時期に雨が降らなければ、

水不足に陥り、田んぼの稲は成長してくれません。

稲の成長には梅雨のしっかりとした雨と

夏場のカンカン照りの太陽が一番重要です。

稲は元々熱帯性植物ですので、

熱帯の暑い気候と雨林の水の豊富な土地で生育します。

昔の人は、水合戦というほど

田んぼの水の取り合いで

村同士の喧嘩騒ぎが多かった様です。

仏教の法華経というお経に

「三草二木」という言葉がありますので

今日は紹介させていただきます。

三草二木(コトバンクより)

『法華経』薬草喩品で説かれるたとえ。

上,中,小の三草と大,小の二木が

等しく雨によって潤うように,

人間の素質には声聞,縁覚,菩薩とか,

大乗,部派仏教とかの相違はあっても,

仏の教化を受ければ等しく悟りの世界に入りうる

ということを説いたもの。

(コトバンクより)

三草(さんそう)とは、

薬草における上草、中草、下草の事

二木(にもく)はと、大木、小木の事。

草や木にも大きなものから小さなものまでありますが、

それぞれの場所に必要な分だけ雨が降る、ということ。

転じて、

「与えられた場所で丁寧に懸命に咲きなさい

(生きなさい)」という意味です。

仏教の教えというのは平等思想です。

生きとし生けるものは全て変幻し変わり続ける、

人間も動物も植物も同じ時代に

生まれ生きている同志の様なものだ、

だから尊いのだ、と。

仏教の世界観には、主がいたり奴隷がいたりはしません。

それどころか犬や猫や馬、牛、昆虫や魚、植物までも

同じ時代に変化し続ける仲間、と考えているところが尊いですね。

九州を襲った台風と梅雨の雨のニュースを見ながら

そんな事を考えていました。

それでは。

今日も明るく元気に前向きに。

全力で頑張りましょう!

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)プロフィール

プロフィール画像

横井裕之(よこいひろゆき)
ニックネーム:よこちゃん
所属事務所:フードアナリスト・プロモーション株式会社
身長・サイズ:177cm・75kg
生年月日:1964年1月27日
血液型:B型

【経歴】
立命館大学卒業。大手証券勤務15年の後、(社)日本フードアナリスト協会を設立。理事長。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)アーカイブス

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)QRコード

ブログモバイル版

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/yokoist/