夏至に食べるものは?

6月21日。水曜日。

今日の東京地方は雨。

最高気温は24℃、最低気温は19℃予想です。

6月21日(水)は夏至でした。

夏至とは1年のうちで

一番昼間が長いとされる日。

太陽が一番北を通過する事で起こる現象です。

冬至の反対。至日とも呼ばれます。

冬至は「カボチャ」を食べますが、

それでは夏至は何を食べたらいいのか、

と聞かれました。

基本的には冬至の様に、

何かを食べる、という風習はありません。

冬至の頃は、真冬で農閑期。

コメの収穫も終わって、

昔はほとんどの人だった農業者は暇。

ですからカボチャでも食べようか、

という話になりましたが、

夏至の頃は、田植え真っ最中の頃ですので、

何かを神様に供えて食べよう、

という時間すらない、

というのが実態だった様です。

それでも、各地で夏至に食べるものとして

伝わっているものがあります。

まず関東では「麦餅」。

麦を餅にしたものですが、

関東は穀倉地帯で、

麦と米の二毛作をやっていた

農家が多かったので、

この時期に取れる麦を餅にして、

コメの田植えを手伝ってくれた人に

配っていたのが始まりだったそうです。

関西はタコ。特に大阪、播州地方。

明石のタコは有名です。

田植えが終わり、稲の根がタコの足の様に地面にしっかりと根付く様に、

という願いが込められていました。

京都では「水無月」という和菓子を食べます。

6月を水無月と呼びますが水無月とは水が無い月、ではなく「水の月」の意。

白いういろうの上に小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、

京都では夏越の祓が行われる6月30日に、

1年の残り半分の無病息災を祈念して食べたとされています。

三角形は、平安時代に氷室から氷を切り出した時の形です。

また小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされています。

私も京都に住んでいた頃は、この季節になると水無月を食べました。

この他にも

香川県では「うどん」(毎日食べてるけど)、

福井県では「そば」

いずれにしてもこの時期は田植えの季節で、

田植えを手伝ってくれた人達、

家族、一族に振舞ったのが始まりとされています。

関東で食べたとされる麦餅、売っているお店は少なくなりました。

東京では23区で田んぼは見かけなくなり、

麦餅を食べる習慣もなくなりました。

千葉県ではもう「早場米」「早稲米」が取れ、

10キロ3万円の高値がついた、と聞きます。

日本人は「初物」好きですね。(笑)

古来、麦を収穫して麦餅を食べて田植えを労っていた関東人が

ハイテクビニールハウスで早場米を作り、

日本最初に取れた米を詠って収穫をする。

周囲では田植えの季節。

時代は流れ変わりました。

私の田舎の鳥取県米子市では、

この時期、地域の小中高校と地元民が話し合って

「田植え休み」がまる1日ありました。

私達サラリーマンの子供は大喜びで

山へ海へと出かけて行きました。

田んぼでは蛙が大合唱で、

蛇が出たぞと大騒ぎをしたりしました。

あの牧歌的な日々が懐かしいですね。

それでは。

今日も明るく元気に前向きに。

全力で頑張りましょう!

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)プロフィール

プロフィール画像

横井裕之(よこいひろゆき)
ニックネーム:よこちゃん
所属事務所:フードアナリスト・プロモーション株式会社
身長・サイズ:177cm・75kg
生年月日:1964年1月27日
血液型:B型

【経歴】
立命館大学卒業。大手証券勤務15年の後、(社)日本フードアナリスト協会を設立。理事長。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)アーカイブス

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)QRコード

ブログモバイル版

横井裕之|よこいひろゆき(フードアナリスト協会創業者)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/yokoist/