ブルガリアンスクワットの優秀性

かなり前にこちらで書いた記事を転載。

 

http://ameblo.jp/doronjo7/entry-11211733810.html

 

 

私がアスリートに指導するときは、ほとんどの競技において「ブルガリアンスクワット」を必須エクササイズとしたプログラムを組んでいる。

ユニラテラルな動作は脳と神経・筋コーディネーションを明らかに改善するし、特にブルガリアンスクワットの場合は股関節インナーを強く刺激し、また下背部への負荷も軽くなる。

ブルガリアンスクワットと普通のスクワットを比較したところ、エクササイズ後のテストステロン分泌反応は、ブルガリアンスクワットのほうが優れていたという結果が出た。
なおブルガリアンスクワットは、pitcher squat とも呼ばれる。

 

Effects of Unilateral and Bilateral Lower-Body Heavy Resistance Exercise on Muscle Activity and Testosterone Responses

Journal of Strength & Conditioning Research:
doi: 10.1519/JSC.0b013e318248ab3b


まぁレップスによってもフォームによっても違いは出てくるだろうが、アスリートだけでなくボディビルダーにも、もっと利用してもらいたいエクササイズだ。

日本のボディビル界では、私が1998年頃に出したビデオで紹介したのが恐らく初めてだと思う。しかしそれからずっと模倣するビルダーはいなかった。

 

しばらく前に、鈴木雅選手がボディビル雑誌で脚のトレーニングとして紹介しているのを見かけたことがある。しかしその時の雑誌編集者は、「見たことのない珍しい種目だ」とコメントしていた・・
種目名もワンレッグスクワットとかになっていたかな?

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2016年12月
« 11月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031