救われなかったドミートリイ

モルジブの陽光を浴びながら、何か読書でもと思い、AmazonのKindle無料本を検索したところ、何とは無しに太宰治の「人間失格」を読んでみようと思った。


数十年ぶりの再読だが、読後すぐに感じたのは、「カラマーゾフの兄弟」との類似性である。


主人公はドミートリイ、父はフョードル、堀木はイヴァン、そしてヨシ子がアレクセイ。


カラマーゾフの兄弟では、ゾシマ長老がフョードルにこんなことを言っている。


「大事なのは、自分に嘘をつかないことです。自分に嘘をつき、自分の嘘に耳を傾ける人間というのは、自分の中にも周りの中にも、どんな真実も見分けがつかなくなって、ひいては自分に対しても他人に対しても尊敬の気持ちを失うことになるのです。誰も敬わないとなると、人は愛することをやめ、愛をもたないまま、自分を喜ばせ気持ちを紛らわそうと、情欲や下品な快楽にふけって、ついには犬畜生にも等しい悪徳に身を落とすことになるのです」


これぞまさに主人公の辿った道ではないだろうか。

カラマーゾフの兄弟では最後にアリョーシャが子供たちに向かって清らかに人間讚歌を歌い上げるが、大葉葉蔵は救われることなく、犬畜生にも等しい悪徳に身を落とす。


「神に問う、信頼は罪なりや」。このフレーズは「大審問官」に相当する。


そしてイヴァンはこう言った。「老審問官としては、たとえ苦い、恐ろしい言葉でもいいから、何かいって欲しかった。しかし彼は無言のまま老審問官に近づき、静かにキスをするんだ。これが答えのすべてだった。老人はキスの余韻が心に熱く燃えているが、今までの信念を変えることはない」。


残念ながら葉蔵には、キスをしてくれる相手がいなかった。赦してくれる相手がいなかった。

そして、太宰にも、いなかったのだろう。

コメント (0件)

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2019年12月
« 11月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031