お勧め小説2点

2年前の記事を転載。お勧め小説の紹介です。

 

「海賊と呼ばれた男」を読了。期待を遥かに超えて素晴らしかった。

出光興産の出光佐三をモデルとした小説ではあるが、ノンフィクションと言って良いだろう。これを読むまで私は日章丸事件も知らなかったし、石油をめぐる日本とイラン、イギリスの関係も知らなかった。
ネタバレになるから詳しくは書けないが、未読の方には強くお勧めしたい。

従業員を信用しているからこそ、誰も首にすることもなく、タイムカードもなく、組合もなく、定年もない。戦後の苦しい時代には私財を擲って、「もし国岡商店がつぶれるようなことになったら、ぼくは店員たちとともに乞食をする」と断言する。

「でも何千人も社員がいたら、出来の悪いのもいるだろう」と言われ、「社員は家族である。何人も家族がいたら、少しは出来の悪いものもいる。だからといって、君は家族を切り捨てるのか?」

意外だったのは、当時の銀行と保険業界の姿勢である。日本の将来のために、アメリカやイギリスに睨まれることをものともせず、国岡商店に高額を貸し、リスクの高い保険を受け付ける。
当時から「護送船団方式」は存在していたようだが、それに反発する勢力も確実に存在したのだ。

ちなみに「題名のない音楽会」は出光興産がスポンサーとなっていたが、出光佐三の「芸術に中断はない」という考えにより、番組途中でCMが入ることはなかったそうだ。

山崎豊子の「不毛地帯」を彷彿とさせる内容でもあり、あれほどの複雑玄妙さはないが、むしろ快刀乱麻を断つ明快さが読んでいて心地よく、読後感はすがすがしい。「永遠のゼロ」からさらに小説家として成長した作者入魂の作品である。

もう一冊紹介したい。ジェフリー・アーチャーの「誇りと復讐」である。ジェフリー・アーチャーと言えば「百万ドルを取り返せ!」が何と言っても最高級のエンターテインメントとして面白く、読書好きの友人たちに良く勧めていた。もちろん「ケインとアベル」も大傑作である。

この「誇りと復讐」は、一言でいうなら、法廷サスペンスとしての「現代版・モンテクリスト伯」である。息もつかせぬストーリー展開で、読者は一気読みを余儀なくされることだろう。
この極上のワインのようなひとときをぜひ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)プロフィール

プロフィール画像

山本義徳(やまもとよしのり)
生年月日:1969年3月25日
血液型:A型
出身地:静岡県

【経歴】
1969年3月25日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
◆著書
・体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング(永岡書店)
・「腹」を鍛えると(辰巳出版)
・サプリメント百科事典(辰巳出版)
・かっこいいカラダ(ベースボール出版)
など30冊以上

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp/
official/yoshinori_yamamoto/

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)アーカイブス

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カテゴリー

山本義徳|やまもとよしのり(ボディビルダー)カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031