バレーボールプレイヤー 越川優 » 1/11(日)のゲームについて。オフィシャルブログ

Flashの代替画像|対応したFlashプレーヤーがインストールされてない場合、この画像が表示されます

HomeInformationProfileScheduleGallerySchoolWork Request

1/11(日)のゲームについて。

1/11(日)の試合の件について、質問がありましたので、説明させていただきます。


問)

2セット目、越川選手のサーブをスタンディングでアウトを、打たれた理由はなんですか?意味もなくそのようなことをされたとは思いませんが意図が分かりません。何か意図、理由があれば教えて頂ければと思います。(省略あり)



日曜日の試合の件については、


まずルール上、審判はサーバーがボールを持って相手のコートに向いてから笛をふかないといけません。




あの場面ではまだ自分がボールを持ってセットする前に、笛をふかれました。


ボールもまだ持ってなかったので、ふき直すのかと(ほとんどの審判が、ふきなおります。)思いきや、主審は自分の見ないといけない、サーブ側のコートではなく、反対のコートを見ていました。いわゆる無視ですね。わざとやったのでしょう。


なので8秒ルールがあるので、ふかれる前に、慌ててスタンディングでサーブを打ちました。


それがアウトになったという結果です。




そのあと、審判に質問しても顔すら見ない。


そのあとJURYに質問しても、「あんたさ…」呼ばわり。


審判としてというよりも、人としての品格を疑います。




今、日本の男子バレーのスピードも技術レベルも上がってます。


そのレベルのプレーをさばけない審判のレベルの低さが、お金を払って見に来ている観客の方、つまらない試合を見せてしまっていると思います。(ギリギリの勝負をしているのに、見えない審判のせいでミスになるわけです。)




土日の、我々の審判はそういう方々だったと私は思います。




もちろん、しっかり見てくれる審判の方もいらっしゃいます。ミスをしても、自分のミスを認める方もいらっしゃいます。




レベルの低い審判こそ、自分のミスを認めません。




我々選手は、コート上で勝負しながらもフェアプレーで、お互いワンタッチのボールや、イン・アウトのジャッジを認め合い確認します。




それを見ていても、自分のミスジャッジを認めない審判がいるということです。




そして、我々はありがたいことに、バレーボールで収入を得ています。



だからこそ、一本一本のプレーにこだわり、フェアにプレーし、皆様に喜んで頂ける試合をしたいと思っています。




もちろんミスは出ます。


それは我々選手も審判も同じです。


そのときはミスを認め、次に同じミスをしないように、試合後もビデオを見て、次に繋げます。




しかし、審判の方は、その試合をふいた自分たちだけで、話し合いだけでの反省会をするそうです。




約2時間の試合の全てを、覚えていられるわけもなく、客観的に見るものもなく、自分たちの感覚だけでの反省会など、自己満足なものはないと思います。


今はどこのチームもビデオを必ず撮っています。お願いして映像をもらうこともできるし、審判の方も映像で見返すことも可能なのです。




これが、今の日本バレー界トップリーグで笛をふく審判の方々の現状です。




ここまでお話しさせて頂いたことは、昨年のリーグ中にも、審判の上層部の方にお話しした内容です。




もちろん、これを読まれている方にもそれぞれ意見があるとは思います。


賛否両論あってもちろんのことだと思います。




ただ私は、日本のバレーボールが強くなるため、人気が上がるために、やらないといけないことは、大きなこと一つではなく、それぞれを一つ一つの柱と考えて、成長させていかないといけないと思っています。




これは私、一個人の思っていることです。



コメント (9件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 今日の堺ブレイザースとの試合ですが、4セットの最後はどうしたのですか?よく解らないままフルセットに突入ってなりましたけど…?

  2. そんな事があったのですね。
    ミスを認め反省すること。人として大切ですね。私も審判の講習を受けたことがありますが、とてもとても緊張します。大変な仕事です。

    大切な大会ですので、しっかり審判の方が自分のしてしまったことを反省していただきたいですね。
    これからも越川さん、言うべきことを言う素晴らしい姿勢を持ち続けてくださいね。

  3. 優くん♪

    広島でのホームの試合。
    お疲れ様でした!

    丁寧な解説ありがとうございます!

    そうでしたか…

    何だか悲しいです。
    審判の方々に、選手の皆さんが、どれだけ日々練習して、努力して、勝つためにコートに立たれているか…

    分かって欲しいです。

  4. 本当に誤審が多すぎると思います。
    選手のモチベーションも下がるだろうし、応援してる人のモチベーションもさがる(>_<。)
    越川選手の言ってる事凄く分かりますヽ(≧Д≦)ノ
    そんな事皆思っても言えないから、越川選手は凄いと思います。
    もっともっと男子バレーを盛り上げていきましょう(๑•̀╰╯-)و。*
    どんな事があっても応援してますv(。・ω・。)v

  5. 広島大会お疲れさまでしたm(__)m
    2日間会場で応援してました。

    ご説明頂きありがとうございます
    会場で見ていても何が起こったのかわからずモヤモヤしていました。
    レベルが低い程ミスを認めない…それはスポーツに限らず一般社会でも通じる事です。
    人間誰しも間違いはある。それでも主審が絶対というのであれば私情を挟まず公平なジャッジを行って意思を通して欲しい。選手にだけレベルアップを求めるのではなくその競技に関わる全ての人達のレベルアップは必要ですね。勿論ファンも…

  6. なんで無視などするのでしょう。。。選手のみなさんは一生懸命なのに、悲しくなります。バレーボールを良くしようと、いろいろ努力されてる越川さんを応援いてます!!

  7. 私は、試合見に行ってないので、わかりませんが、コッシーの内容見て、腹がたちました。なんなの?その審判。無視ってありえないし、あんたさ…呼ばわり?審判とか選手とか、うんぬんより、人として最悪。私が、上の人なら、クビにしてりかも?ファンだけじゃなく、バレーボール好きで来てる人いるのに、そんな審判だと、試合たのしくない。まぁ、そんな審判は、バレーボールも野球もサッカーもバスケも審判しないでほしい。まぁ、ほっときましょう。人として最低ですから。

  8. そうだったのですか。
    私もニコ生をみて、何が起こったのだろうと思ったのですが、納得がいきました。

    人としてどうなのでしょうね。
    誰にだって過ちはあると思いますが、
    それを認めて謝罪するのは当たり前だと思います
    子供ならまだしも大人ですし
    仕事です
    自分の仕事に、行動に
    責任と誠意を持つのは当然だと私は思ってますし、
    そうでなければ成長も何もありません
    その方は反省もないのでしょうかね

    私は男子バレーに関わりたいと進路を考えています
    男子バレー界の復興に携わりたいと。
    なのでそういうの、ちゃんとして欲しいと思ってしまいます
    ファンは細かなルールまでわかってる人ばかりとは限らないので、審判の行いに対して気づくことが少ないかもしれません。
    だからって適当でいいわけでもないですし、
    気づく人は気づくと思います
    大勢には見られてないだろう、とか
    バレないだろう、とかそんな気持ちでやって欲しくないです
    真剣勝負なんですし、審判も真剣であって欲しいです
    誠意を持った審判教育が必要なのでしょうか

    なんか自分の考えを述べてしまいすみません(´°‐°`)
    まだ未熟な年なので言い過ぎだったり言葉がおかしいかもしれませんが、すみません(´°‐°`)

  9. ご説明頂きありがとうございます。

    ニコ生での観戦だったので、詳しくは分かりませんでしたが、福山の4試合、会場で観戦したとき、サーブ前の審判のフエが早い気がしていました。
    選手がまだ背を向けているのにフエがなる。
    試合時間短縮の為でしょうか?

    選手もスタッフも、勿論審判も一生懸命でしょうから、皆で前向きに考えられたら良いですね!

    日本バレーが益々発展しますように…


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

プロフィール

プロフィール写真
越川 優

生年月日:1984年6月30日
出身地:石川県金沢市
身長:189cm
体重:87kg
血液型:A型
所属:JTサンダーズ

このブログの更新情報が届きます。

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バレーボールプレイヤー 越川優アーカイブズ

カテゴリー

QRコード

ブログモバイル版

スマートフォン・モバイルからはこちらから
越川 優オフィシャルブログ
http://diamondblog.jp/yu_koshikawa/

スポンサー