ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
10/18(土)TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー

ひどいダメふつういいね!最高!!
平均 3.33
3 人が評価, あなたも記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

INTRODUCTION

モナコ公国存亡の危機を救うため、策略に満ちた国際舞台で、生涯一の<難役>に挑んだプリンセスの知られざる感動の物語


2014年5月、カンヌ国際映画祭は、史上最高と言っていいほどの豪華な幕開けを迎えた。21世紀のハリウッドスターの代名詞であるニコール・キッドマンが、20世紀の美のアイコンにして伝説のオスカー女優グレース・ケリーを演じるという、贅沢を極めた話題作がオープニングを飾ったのだ。
まさにそのカンヌで、モナコ大公レーニエ3世と出逢って恋におちたグレースは、彼のために華々しいキャリアのすべてを捨てた。二人が結婚に至るまでの道のりは、現代のおとぎ話として今も語り継がれている。
だが、本作が描くのは、甘い夢物語ではない。時はロイヤル・ウェディングから6年後、グレースはいまだ王室のしきたりに馴染めずにいた。自分の居場所を見失ったグレースが、ヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、モナコは最大の危機に直面する。フランスが過酷な課税を強要し、従わなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。
アメリカとヨーロッパ諸国を巻き込んだ、激しい国際政治の駆け引きのなか、グレースは自らモナコを救う“脚本”を書き上げる。外交儀礼からフランス語、話し方や微笑み方まで、厳しい特訓を受けて完璧な公妃の“役作り”を完了し、シャルル・ド・ゴール仏大統領を含む世界各国の指導者を招いたパーティという“舞台”を用意。そこでグレースは、“一世一代の大芝居”を演じ切ろうとしていた。果たして“監督”グレースがクライマックスに用意した、運命を握るスピーチとは? 知られざる感動の物語が今、ベールを脱ぐ─!


『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』<br />10/18(土)TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー


STORY

敵か、味方か─?
グレース公妃を取り巻く、世界を動かすフィクサーたち
実力派俳優たちの華麗なる競演!


遠くアメリカから独り異国へやって来たグレースは、完全に孤立していた。夫のレーニエは公の場でのグレースの発言に神経をとがらせ、激しく叱責する。側近も何かと反抗的で信用できないし、共に赤十字を運営する伯爵夫人からもよそ者扱いされる。ヒッチコックが変わらぬ友情を示すが、内密のはずのハリウッド復帰が漏れる。オペラ歌手のマリア・カラスは親友だが、自分の利益しか考えない大富豪のオナシスの愛人だ。唯一の頼りだった相談役のタッカー神父はアメリカへ帰ってしまう。いったいグレースは、誰を信じればいいのか─? 


CAST & STAFF

グレース・ケリー:ニコール・キッドマン
モナコ大公レーニエ3世:ティム・ロス
タッカー神父:フランク・ランジェラ
マリア・カラス:パス・ベガ
マッジ:パーカー・ポージー
ルパート・アラン:マイロ・ヴィンティミリア
デリエール伯爵:デレク・ジャコビ 
アリストテレス・オナシス:ロバート・リンゼイ 
アントワネット:ジェラルディン・ソマーヴィル 
ジャン・シャルル:ニコラス・ファレル 
シャルル・ド・ゴール:アンドレ・ペンヴルン
アルフレッド・ヒッチコック:ロジャー・アシュトン=グリフィス

監督:オリヴィエ・ダアン
製作:ピエランジュ・ル・ポギャム ウダイ・チョプラ アラッシュ・アメル
脚本:アラッシュ・アメル
音楽:クリストファー・ガニング 


『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
10/18(土)TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
© 2014 STONE ANGELS SAS原題:Grace of Monaco/2013年/フランス/103分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:古田由紀子 配給:ギャガ
grace-of-monaco.gaga.ne.jp


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次