ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

『ドローン・オブ・ウォー』
10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

ひどいダメふつういいね!最高!!
あなたが最初の評価者です、ワンクリックで記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

 

INTRODUCTION

米軍の無人戦闘機ドローンの恐るべき実態と
9.11以降の対テロ戦争の知られざる真実を暴く問題作


 昨今、あらゆるメディアを賑わせている“ドローン”とは、無線操作によって飛行する無人機のこと。災害発生地での現状調査、荷物の配送、個人の趣味から商業レベルでの動画撮影といった多様な用途が想定されるドローンは、近い将来に莫大な経済効果をもたらすと見込まれている。その一方、ホワイトハウスの敷地や日本の首相官邸屋上での落下事件は大々的なニュースとなり、緊急の法整備の必要性が叫ばれる事態を呼び起こした。そんな新たなテクノロジーの光と影が注目され、世界中の大企業やベンチャーがこぞってドローンの開発、活用に取り組む動きが日々報じられている2015年は“ドローン元年”とも呼ばれている。
 しかし実はドローンをめぐる技術革新は、長年にわたって軍事分野で着々と進められてきた。あの9.11同時多発テロ以降、アメリカ政府はテロリストの一掃をもくろみ、イラクやアフガニスタンに無人戦闘機を投入。アメリカ国内から遠隔操作するため、操縦士に危険が及ばないドローンは画期的な兵器であり、戦争のあり方を根底から変えたとも言われるが、同時にさまざまな深刻な問題も噴出している。『ガタカ』『TIME/タイム』のアンドリュー・ニコル監督が放つ最新作『ドローン・オブ・ウォー』は、敵に何の気配も察知されることなく一瞬にして爆撃を遂行する“空の殺人兵器”を全面的にフィーチャー。ひとりのドローン操縦士の日常に焦点を絞り、現代における戦争の知られざる真実を暴き出した問題作である。
 アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、F-16戦闘機のパイロットから無人戦闘機の操縦士に転身し、政府のテロリスト掃討作戦に貢献してきた優秀な軍人である。しかしトミーはやるせない違和感に囚われていた。ラスベガス郊外のマイホームと砂漠の空軍基地を車で毎日往復し、エアコンが快適に効いたコンテナ内のオペレーションルームにこもって、圧倒的な破壊力を誇るミサイルをクリックひとつで発射する。音声の出ないモニターだけで戦場の状況を確認するその任務は、まるでゲームのように現実感が欠落しているのだ。CIAの対テロ特殊作戦に参加したトミーは、度重なる過酷なミッションにじわじわと精神を蝕まれ、愛妻モリーとの関係までも冷えきっていく。やがてストレスが限界を超えたトミーは、冷徹な指揮官からの人命を軽んじた爆撃指令への反抗を決意するのだった……。


『ドローン・オブ・ウォー』<br />10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー


『ガタカ』のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホークが再びタッグを組んだ野心作


アメリカ国内の“戦地”と“家庭”を行き来する毎日――
戦場に赴かずしてPTSDに苦しめられる、ドローン操縦士の異常な日常。

 二度の世界大戦、ベトナム、イラク、アフガニスタンなどの戦いを題材にした過去のハリウッドの戦争映画には苛烈な戦闘シーンがつきもので、『プラトーン』『プライベート・ライアン』『ブラックホーク・ダウン』『ハート・ロッカー』といったエポックメイキングな話題作がその名を映画史に刻み込んできた。ところが『ドローン・オブ・ウォー』には、臨場感みなぎるバトル・アクションも戦場に駆り出された兵士たちの決死のサバイバル描写も一切ない。一日の半分を空軍基地のオペレーションルームで費やし、残りの時間を家族と過ごす男の奇妙な二重生活を映し出す。毎日そうして非日常と日常を行き来する男の物語を通して、何の罪もない民間人を巻き添えにするドローン爆撃の恐ろしい実態と、戦場に赴かずしてPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられる操縦士の悪夢のような運命が描かれていくのだ。
 実際の軍事ドローンの運用状況を事実に基づいて映像化したアンドリュー・ニコル監督は、あえて劇的効果を狙った演出を避け、クールなリアリズムを徹底。操縦士の主人公とその相棒が上官の“攻撃許可”に従って爆撃を行い、モニター上でバラバラの死体を数えて“攻撃成果”を確認するプロセスを淡々と見せていく。ドローン爆撃につきまとう人道的な問題に加え、報復が報復を招く対テロ戦争の矛盾を鋭くえぐり出した語り口の緻密さは圧巻というほかはない。
 主演は『ガタカ』『ロード・オブ・ウォー』でニコル監督との信頼関係を育んできたイーサン・ホーク。リチャード・リンクレイター監督と組んだ『ビフォア』シリーズ3部作などで活躍し、『6才のボクが、大人になるまで。』でアカデミー男優賞にノミネートされたことも記憶に新しい人気俳優が、職務上の使命感と複雑な現実の狭間で引き裂かれていく主人公の魂の彷徨を生々しく体現した。ミサイルの誘導を担当する副操縦士スアレスを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で鮮烈なインパクトを残した新進女優ゾーイ・クラヴィッツ。さらに『13デイズ』『カポーティ』やJ・J・エイブラムス版『スター・トレック』シリーズのパイク提督役などで知られるブルース・グリーンウッド、TVシリーズ「MAD MEN マッドメン」や『アンノウン』のクラシカルな美人女優ジャニュアリー・ジョーンズが脇を固めている。


STORY

『ドローン・オブ・ウォー』<br />10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー


 アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は、紛争地域におけるテロリストへの監視や爆撃、味方の地上部隊の支援に携わる軍事パイロットである。今日もまた破壊力抜群の空対地ミサイル“ヘルファイア”を撃ち、6人のタリバン兵をあの世送りにした。しかしトミーの赴任地はアジアでも中東でもない。ラスベガスの空軍基地に設置されたコンテナ内でドローン(無人戦闘機)を遠隔操作し、1万キロ余りも離れた異国でのミッションを遂行しているのだ。エアコンが効いたオペレーションルームで一日の任務を終えると、車でラスベガスのきらびやかな歓楽街を通り抜けて、整然と区画された住宅街のマイホームへ帰り、元ダンサーの美しい妻モリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)とふたりの幼い子供との生活に舞い戻る。それが毎日繰り返されるトミーの日常だった。
 かつて有人戦闘機のFー16に乗り、200回以上の出撃を経験したトミーは、身体的な危険も爆撃の実感も伴わず、モニターに映った標的をクリックひとつで殺害する現在の職務に違和感を覚えていた。上官のジョンズ中佐(ブルース・グリーンウッド)は良識ある軍人だが、トミーのドローン操縦の腕前を高く評価するがゆえに、彼の異動願いを受け入れてくれない。連日の激務に神経をすり減らしたトミーは、いつしかアルコールに依存するようになり、以前は情熱的に愛し合ったモリーとの夫婦仲にも冷たい空気が流れていた。


『ドローン・オブ・ウォー』<br />10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー


 ある日、薬物中毒が発覚した兵士の代わりに、新人の女性空兵スアレス(ゾーイ・クラヴィッツ)がチームに配属される。さっそくトミーの相棒としてミサイル誘導レーザーの照射を担当することになったスアレスは、タリバンのナンバー2が立ち寄るというアフガニスタンの隠れ家の監視にあたるが、そのとき彼女がモニターを通して目撃したのは、使用人の女性がタリバン兵から理不尽な性的暴行を受ける惨たらしい光景だった。そして別のミッションではミサイルの発射から着弾までの7秒のタイムラグの間に、爆撃地点にさまよい込んできた子供たちを巻き添えにしてしまい、発射スイッチを押したトミーはやるせない罪悪感に打ちのめされる。
 そんな折、ジョンズ中佐がチーム全員を会議室に集め、CIAの対テロ特殊作戦に参加することを告げる。“ラングレー”というコードネームを名乗り、スピーカーからの声だけでトミーらに命令を下してくるCIA指揮官は、女性や子供も含む大勢の民間人が行き交う場所への爆撃を指示。その人命軽視ともとれる容赦ない命令に疑問を抱きながらも従わざるをえないスアレスは、「これは戦争犯罪では?」と露骨に反発する。一方、オペレーションルームでは押し黙ったままのトミーは、極度の不眠症になり精神状態がいっそう混乱。さらにモリーの浮気を疑ったことをきっかけに、日頃から夫への不信感を募らせていた彼女から罵声を浴びせられ、逆ギレしてベッドルームの鏡を拳で叩き割ってしまう。もはや夫婦の間には修復不可能な亀裂が生じていた。
 しかし「アメリカ人の命を守る」という大義名分のもと、悪循環の泥沼にはまったテロとの戦いははてしなく続く。モリーの制止を無視して酒をあおりながらオペレーションルームに出勤し、異常な心理状態でドローンのリモートコントローラーを操るトミーは、ついに“ラングレー”の冷酷な命令に反抗する。それは戦場に赴くことなく心身に耐えがたいダメージを負ったトミーが、自らの人間性と人生を取り戻す最後のチャンスだった……。


CAST & STAFF

『ドローン・オブ・ウォー』<br />10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー


監督/脚本:アンドリュー・ニコル 『ガタカ』『TIME/タイム』
製作:ニコラス・シャルティエ 『ハート・ロッカー』
出演:イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで』
   ブルース・グリーンウッド ゾーイ・クラヴィッツ他


『ドローン・オブ・ウォー』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月1日(木)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト: www.drone-of-war.com
配給:ブロードメディア・スタジオ
c2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次