ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

『バトルフィールド』 
6月27日ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開

ひどいダメふつういいね!最高!!
あなたが最初の評価者です、ワンクリックで記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

INTRODUCTION

‘SAMURAI’の美学、中世英国にて蘇る!


本作の舞台は、しばしば神話的で、無法の開拓地である。貧しい弱者が金持ちの強者に虐げられ、言葉よりもアクションがより雄弁な世界だ。本作の当初の草稿では、もっと古典西部劇風の色合いが濃かったが、監督のジム・ウィードンが脚本作りに関わりはじめてから、彼の導きにより、黒澤明監督の『七人の侍』や三池崇史監督の『十三人の刺客』、ロバート・ヒューストン監督の『Shogun Assassin』(子連れ狼)などの侍時代劇の美学が反映されるようになった。なお、本作には会話がほとんどなく、ほぼ全編を通してリズムと雰囲気で物語を紡いでいく。

リドリー・スコットも太鼓判の新鋭監督、そして英国の次代を担う若手俳優が集結!


監督のジム・ウィードンは確固とした表現力と卓越した映像スタイルをもつ視覚効果の監督であり、BlurやU2、ジャミロクワイなどのミュージックビデオの編集にも携わっていた。その後、長編映画の編集にシフトしていき、『グラディエーター 』、『ハンニバル』など数々の作品に関わってきた。そして、リドリー・スコット監督の提案で、ジムは監督業に乗り出した。
主演のスタンリー・ウィーバーはフランス2の番組「ルイ15世」で主役を演じ、批評家に高く評価された「Le premier jour du reste de ta vie」にも出演、エディンバラ映画祭のクロージング作品として上映された『Not Another Happy Ending』で主役を務めるなど次代の英国スターとして一目置かれている。その他にも、待ち望まれている『トランスポーター』シリーズの新作で、ジェイソン・ステイサムに代わり主演を演じるエド・スクラインも出演し、ヒロインのアナベル・ウォーリスは先日日本でも公開となった『アナベル 死霊館の人形』で主役に抜擢され、英国の時代を担う若手俳優が集結した。


STORY

『バトルフィールド』 <br />6月27日ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開


-復讐心に満ちた名もなき戦士が、極限まで追いやられた民衆と手を組み、暴君に戦いを挑む、というアンチヒーローの物語-


1066年英国。ヘイスティングズの戦いに勝利した後、征服王ノルマンディー公ウィリアムはイングランド北部に兵を送り、10万人もの住民の大虐殺を行い、北部の反抗者を制圧した。荒廃と絶望そして恐怖をもたらし、生存と食糧のために人々は日々格闘せざるをえず、一帯は危険かつ他者を寄せつけない荒れ地となっていた。
そして、何年も奴隷として囚われていたノルマンの王子が、ウィリアムの部下、デュラント伯爵への父親殺害の復讐を果たすため、その荒廃した土地に戻ってきた。彼は土地を追われた農民たちからの信頼を受け、彼らと共にデュラントとの闘いに挑むことになる。だがそれは、みずからの無情な復讐に農民たちを利用することに他ならなかった。
果たして彼は根深い怒りと憎しみから解放されるときが来るのか。それとも復讐に魂を奪われてしまうのか。


CAST & STAFF

『バトルフィールド』 <br />6月27日ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開


監督:ジム・ウィードン/脚本:ジュリアン・アンサンク/原案:マシュー・リード/
出演:スタンリー・ウィーバー、エド・スクレイン、アナベル・ウォーリス/


『バトルフィールド』 <br />6月27日ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開


『バトルフィールド』  
6月27日ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて公開
© Saxon Distribution Limited 2014
熱帯美術館
原題:Sword of Vengeance/2014年/イギリス/86分/配給:熱帯美術館


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次