ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
9月17日(土)全国ロードショー

ひどいダメふつういいね!最高!!
平均 3.40
5 人が評価, あなたも記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

BFG_B1_w_02

INTRODUCTION

『E.T.』のスピルバーグとディズニーが贈る、感動のファンタジー・アドベンチャー!


『E.T.』から34年。数々の名作、ヒット作を生み出し、常に映画界をリードしてきた巨匠スティーブン・スピルバーグと、ディズニーとの夢のコラボレーションによって感動のファンタジー・アドベンチャーが誕生、それが『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』だ。
ロンドンの児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な10歳の少女ソフィーは、真夜中に目覚めると、ベッドから“巨大な手”に毛布ごと持ち上げられ、遠い「巨人の国」に連れて来られてしまった。ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子供たちに「夢」を届ける、やさしい巨人BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。ひとりぼっちだったソフィーは、巨人だけど孤独なBFGとお互いに心を通わせ、「奇妙な友情」が生まれて行く。それまでちっぽけな存在だった2人の間に生まれた友情は、世界に大きな変化と奇跡を生み出すには十分なものだった。
そして、ソフィーの小さな勇気が大きな巨人を動かし、やがてイギリス最大の危機を救うことになる!


映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 <br />9月17日(土)全国ロードショー


スピルバーグのファンタジー復活に《ドリーム・チーム》結集!


少年と異星人との交流を描いたSFファンタジーの傑作『E.T.』を始め、『JAWS/ジョーズ』『未知との遭遇』『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』など映画界に大きな足跡を残してきたスピルバーグが、ファンタジーの世界に帰って来た。手掛ける原作は、映画にもなった『チャーリーとチョコレート工場』などで知られるイギリス児童文学界の巨匠ロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」(評論社刊)。奇しくも、生誕100周年にあたる年に、映画界の巨匠スピルバーグによって映像化されることになった。ロアルド・ダールの原作が発表された1982年は、スピルバーグが『E.T.』を公開して全世界を魅了した年でもあり、2人の巨匠が深い縁に結ばれている。
スピルバーグ久しぶりのファンタジー復活に、これまで作品を支えて来た盟友とも言える熟練の《ドリーム・チーム》が結集した。製作に『インディ・ジョーンズ』シリーズのフランク・マーシャル、製作総指揮に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も手掛けたスピルバーグ監督の片腕とも言えるキャスリーン・ケネディ、脚本に、これが遺作となった、『E.T.』のメリッサ・マシスン。さらに撮影のヤヌス・カミンスキー、編集のマイケル・カーンとビッグネームが名を連ね、音楽は『E.T.』など多くの印象的なスコアを創出した名匠ジョン・ウィリアムズが担当する。

スピルバーグが認めた名優と奇跡の新人


やさしい巨人BFG :ビッグ・フレンドリー・ジャイアント役を、スピルバーグ監督作品『ブリッジ・オブ・スパイ』のソ連人スパイ役でアカデミー助演男優賞®に輝いたイギリス演劇界のレジェンド、マーク・ライランスが演じた。トニー賞3回、オリビエ賞2回受賞の演劇界の名優は、スピルバーグの熱望により2作連続で起用され、次作にも出演が決まっているという。初のパフォーマンス・キャプチャーを駆使しての演技だったが、その存在感は画面から滲み出てくる。一方、ソフィー役には、オーディションでこの役を射止めた奇跡の新鋭・ルビー・バーンヒルが抜擢された。『E.T.』や『A.I.』など、子役を見出し育てることでも定評のあるスピルバーグが見初めた10歳の少女の体当たりの演技は、名優もたじたじさせるほどの新鮮な感動を運んできた。
また、バッキンガム宮殿の主、英国女王役に「ダウントン・アビー」のペネロープ・ウィルトン、女王のメイド、メアリー役に『アイアンマン3』のレベッカ・ホールが配役された。


STORY

ソフィー(ルビー・バーンヒル)は、ロンドンの児童養護施設で暮らす10才の女の子。毎晩なかなか寝付けない彼女は、その夜もベッドから抜け出し、窓から月明かりに照らされた街並みを眺めていた。すると闇の中から突然、見たこともない巨人が現れた。慌ててベッドにもぐり込んだソフィーだったが、毛布ごとつまみあげた巨人は、大地を高速で駆け抜け、自分の住む「巨人の国」へと連れ帰った。

ソフィーを連れ去ったのは、言葉の言い間違いはするものの紳士的な巨人、BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(マーク・ライランス)だった。身長は約7メートル、世界中の囁きが聞こえるという大きな耳を持つBFGは、自分の洞窟で一人寂しい毎日を過ごしていた。BFGは菜食主義者で、不味そうなおばけキュウリを主食として食べていた。
最初こそ巨人の姿に怯えていたソフィーだったが、自分と同じひとりぼっちな境遇を知るうちに、BFGは優しくてとてもチャーミングだと知り、次第に心を通わせて行く。
BFGの仕事は、子どもたちに夢を吹き込むこと。「巨人の国」の外れにある「夢の国」のドリーム・ツリーから夢捕りをして集めた多くのコレクションの中から、いい夢や悪い夢を調合して夜ごと子どもたちに吹き込むのだ。夢捕りをしたいとソフィーにせがまれたBFGは、仕方なく一緒に「夢の国」へと向かう。「夢の国」に着いた二人は夢捕りに挑戦する。さまざまな夢を集めた後、二人は夢を調合し、人間の世界へ戻り、寂しい心の男の子に幸せな夢を吹き込んであげるのだった。

「巨人の国」には、BFGより巨大な巨人たちが住んでいて、イギリスを始め世界に脅威を与えていた。ソフィーの身を案じたBFGは、ソフィーが眠っている間に児童養護施設に連れ帰るが、目覚めたソフィーは、巨人たちを一緒にやっつけようとBFGに訴える。その真剣さと勇気に心を打たれたBFGは、ソフィーと共に「巨人の国」へと舞い戻った。そして、ソフィーの提案で、英国女王(ペネロープ・ウィルトン)の力を借りようと思いつく。巨人たちの存在と脅威を女王様に知らせれば、きっと退治に協力してくれるに違いない。BFGはソフィーに言われたとおりに巨人たちの夢を調合し、女王様に吹き込むため、共にバッキンガム宮殿を目指すのだった…。


映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 <br />9月17日(土)全国ロードショー


CAST & STAFF

キャスト
BFG:マーク・ライランス
ソフィー:ルビー・バーンヒル

スタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:メリッサ・マシスン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
原作:ロアルド・ダール


映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 <br />9月17日(土)全国ロードショー


映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』オリジナル ドリーム・ジャーを10名様にプレゼント!

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 <br />9月17日(土)全国ロードショー


【プレゼント情報】
<グッズ内容>
映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』オリジナル ドリーム・ジャー

<ご提供数>
10名様

締切:2016年9月16日(金) AM 10:00



映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 <br />9月17日(土)全国ロードショー


『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
9月17日(土)全国ロードショー
©2016Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次