ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

『覆面系ノイズ』
11月25日(土)全国公開

ひどいダメふつういいね!最高!!
平均 5.00
1 人が評価, あなたも記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

451546_fukumen_hon_B1

INTRODUCTION

この声よ届け、想いよ響け―――。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で大ヒットを飛ばした
三木康一郎監督が繊細な演出と美しい映像で贈る
最高のラブストーリー



人気少女漫画誌「花とゆめ」で、2013年から連載が開始され、単行本の総発行部数が170万部を突破。読者からの熱い支持を集め、現在も連載中のマンガ「覆面系ノイズ」(福山リョウコ著)を『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で興行収入20億円を超える大ヒットを飛ばした三木康一郎監督が実写化! 美しい映像と繊細な演出で、高校生たちの恋愛ドラマはもちろん、バンドの青春模様を、リアルに丁寧に描きだす!
突然姿を消した幼馴染に想いを届けるため、歌い続けるヒロイン・ニノと、彼女の声に惚れ込み、彼女を想って曲を書き続ける青年・ユズ。そして、幼い頃いつも一緒にいたニノをなぜか頑なに拒絶し続ける、ミステリアスな幼馴染・モモ…不器用でピュアな登場人物それぞれの切ない片想いが交錯する。言葉では伝えられない気持ちを、歌や音楽にのせて届けようともがく彼らの、切なく、ひたむきな姿が、観る人を温かく前向きな気持ちにしてくれる、究極の“片恋”ストーリーが誕生します。


『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


「自分の声を、地球全体に届く声にしたいの!」
一途なヒロイン・ニノを、
若手最注目女優・中条あやみが熱演!
そして人気・実力を兼ね備えた若手キャスト達が大集結!!
本作のヒロインで、一度聴いたら忘れられない感情豊かな歌声の持ち主・有栖川仁乃(ニノ)を演じるのは、モデルとしてはもちろん、女優としての活躍も目覚ましい、若手最注目株の中条あやみ。
原作のニノを彷彿とさせるルックスに惚れ込んだ制作陣が、「ニノを演じられるのは中条さんしかいない!」と熱烈ラブコール。中条は、バンドのボーカリストとなるニノを演じるために、約半年間に渡りボイストレーニングを積み、身も心もニノになりきった。聴く人を虜にする、中条=ニノのパワフルで透明感のある歌声が、作品を牽引している。
ニノの声に惚れ込み、曲を生み出すユズを演じるのは、そのルックスと確かな演技力で人気急上昇中の俳優・志尊淳。そしてニノが想いを寄せる幼馴染、モモを小関裕太が演じ、ニノ、ユズとの三角関係を切なく演じきる。また、ニノに嫉妬しながらも、歌い方を教え、よき友となる深桜に真野恵里菜。さらにNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で注目を集める磯村勇斗、そして『キセキ-あの日のソビト-』でブレイクした杉野遥亮が、それぞれの担当楽器を一から猛特訓しバンドメンバーを好演。

日本のロックを牽引する、
MAN WITH A MISSIONが全面協力。
物語を盛り立てる、エモーショナルな音楽にも注目!
本作には、究極の生命体5匹からなるオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが音楽監修/プロデュースとして参加しているのも話題。世界を舞台に活躍し、日本のロックを牽引する彼らが、原作を読み込み、作品の世界観と、中条あやみの声域を踏まえたうえで書き下ろしたのが、物語のクライマックスをエモーショナルに彩る「Close to me」だ。原作ともコラボしていた彼らは、さらに劇中音楽の監修に加え、エンディングテーマ曲「Find You」も本作のために書き下ろし、作品を強力に援護する。そして、in NO hurry to shout;(イノハリ)は実際にメジャーデビューが決定! 映画の枠を飛び越えた、今後の展開にも注目だ!


STORY

『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


6年ぶりの再会が、初恋をもう一度奏でる―――。


高校2年生の有栖川仁乃(ニノ)(中条あやみ)は一度聴いたら忘れられない、人を虜にする歌声の持ち主。6年前に、幼馴染の男の子・モモが突然姿を消して以来、マスクが手放せないのは、感情が高ぶると叫び出してしまうから。幼い頃、何をするにも一緒だったニノとモモ。由比ヶ浜の浜辺で、「きらきら星」を歌ったとき、モモは「もしも会えなくなっても、お前の歌声を目印に会えたらいいよな」とつぶやいた。モモがそう言ってくれたから、ニノは歌うことを止めずにいる。いつか、その声がモモに届くと信じて―。
そんなある日。ニノは転校先の学校で、懐かしいメロディを耳にする。それは、モモがいなくなってしまった後に由比ヶ浜で出会った少年・ユズが浜辺に書いていたメロディ。当時、モモを失ったニノを勇気づけてくれた、その旋律に導かれるように音楽室に向かったニノは、ピアノを奏でていたユズ(志尊淳)を見つける。6年ぶりの、突然の再会に驚くユズに、ニノは天真爛漫な笑顔で「ユズの曲が大好き」と告げる。
実は、ユズは今注目の覆面バンド「in NO hurry to shout;(通称イノハリ)」のギタリストであり、ソングライターとなっていた。のどの病気で歌うことができないユズは、6年前、由比ヶ浜で聴いたニノの声に魅了され、ニノを“由比ヶ浜のアリス”と名付け、ニノを想って曲を書き、イノハリで演奏していたのだ。しかし、スランプに陥ったユズは曲が書けなくなり、イノハリも解散危機に直面していたが、ニノとの再会により、ユズの中からメロディが溢れ出す。その様子を見たイノハリのボーカルで、ユズに想いを寄せる深桜(真野恵里菜)は、「ユズが心から欲しいボーカルになりたい」という願いが叶わないと悟り、イノハリから脱退。そんな深桜を複雑な気持ちで見つめるイノハリのベースで軽音楽部部長のハルヨシ(杉野遥亮)は、「ユズなんかやめて私にしなさい」と深桜に告げるが、深桜はハルヨシが冗談を言っていると勘違い。そんな想いのすれ違いを、イノハリのムードメーカーで、ドラムのクロ(磯村勇斗)はただ見守ることしかできない。
一方、ニノはモモらしき男性がプロデュースを務めるバンドの新人ボーカルオーディションを見つけ、応募。深桜に歌い方を教えてほしいと直訴し、特訓を重ね、見事オーディションの最終審査に残る。オーディションの日。ユズが書いたものとは知らず、大好きなイノハリの楽曲「ハイスクール」を歌うニノ。その審査員席にいたのは、想い焦がれてきたモモ(小関裕太)だった。ついに見つけた!……とニノが喜ぶ間もなくニノに冷たくあたるモモ。泣きじゃくるニノを、切ない表情で見つめるユズ……。
翌日、想いが溢れたニノは、マスクを脱ぎ捨て、突然、学校の屋上で「ハイスクール」を熱唱する。その姿を目にしたユズ、クロ、ハルヨシは、ニノにイノハリの正体を明かし、新ボーカルとして迎える決心をする。スタジオに呼び出され、新曲「カナリヤ」の譜面を渡されたニノは、突然のオファーに驚きつつも、モモに自分の声が届くまで歌う覚悟をするのだった。
メジャーデビューすべく再始動したイノハリは、初めてのテレビ出演で人気に火がつく。一方、モモのバンドは、打倒イノハリ路線で売り出してくる。しかもそのボーカルは深桜!? 様々な想いが交じりあうなか、それぞれの想いは大切な人に届くのか? 切なく、甘い、恋が、歌が、今走り出す―。


CAST & STAFF

『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮

原作:福山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)
監督:三木康一郎 脚本:横田理恵 三木康一郎

主題歌:in NO hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)

エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ)


PRODUCTION NOTES

『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


「花とゆめ」で人気No.1の恋愛コミック、待望の映画化
2013年から「花とゆめ」で連載を開始した『覆面系ノイズ』。原作に惚れ込んだプロデューサー陣が、映画化権の獲得に動いたのが2014年夏のこと。「音楽が好きで、高校生のバンド映画をぜひ手掛けたかった。『覆面系ノイズ』を読んで、『これだ!』と思ったんです」と、「花とゆめ」愛読者の米田プロデューサーは語る。
 原作者側からの快諾を得てプロットの作成を開始。現在も連載中で、エピソードが交錯する原作を2時間にまとめるためプロットの完成までに半年を費やした。脚本は、自らもバンド女子で、感情の機微を描くことに長けている横田理恵が担当。そして監督、共同脚本は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で甘く切ないラブストーリーを繊細に映像化し、大ヒットさせた三木康一郎に決定。キャラクターコンセプトから細かなセリフまで、原作者とやり取りを繰り返し、完成までに13稿を重ねた。ちなみに冒頭の渋谷のスクランブル交差点のシーンは、スタッフ陣がぜひとも実現したかったシーンの一つ。撮影はゲリラ的に行われ、スタイリッシュなオープニングシーンに仕上がった。


主演・中条あやみ as ニノ、奇跡のキャスティング
本作の成功のカギを握るといっても過言ではない、ヒロイン・ニノ役のキャスティング。プロデューサー陣は、当初から「中条あやみさんしかいない」と意見が一致していた。きっかけは、中条が出演していたヘアシャンプーのCM。海辺で髪をなびかせる彼女のルックスやスタイルが、原作の舞台である由比ヶ浜でたたずむニノのイメージにぴったりだったのだ。
 プロデューサー陣と中条が初めて顔を合わせたのは、2016年6月、渋谷のカラオケボックス。何曲か披露した中条は、高く澄んだ、のびやかな歌声を響かせ、ボーカリストとしてのポテンシャルを見せた。それからクランクインまでの数か月間、中条は一度聴いたら忘れられない、“伝わる”声を持つニノを演じるため、ボイストレーニングを積んで、本作の撮影に挑んだ。ヘアスタイルも、原作のニノと同じお姫様カットにし、ニノらしさをさらに際立たせている。

共演は、人気&実力を兼ね備えたフレッシュなキャスト
ニノの声に惚れ込み、ニノを想って楽曲を生み出す、人気覆面バンド「イノハリ」のメンバー・ユズを演じるのは、月9ドラマ(「5→9~私に恋したお坊さん~」)などで見せたキュートな雰囲気がイメージに合致した志尊淳。ピアノとギターはまったくの初心者だったが、猛特訓して撮影に挑み、存在感を発揮している。モモ役には、小関裕太。オーディションに私物のギターを持ってきた小関のたたずまいと熱意にプロデューサー陣が惚れ込んでの抜擢となった。ちなみに、志尊と小関は以前も共演した間柄。ユズとモモのセッションシーンは、当日の楽屋でも二人が自主的に音を合わせるなどし、生き生きとした名シーンとなった。
 深桜役は、歌の経験があり、演技力も確かな真野恵里菜。ユズに一途な想いを寄せながらも振り向いてもらえない深桜の複雑な乙女心を演じきっている。
 クロ役にはリズム感が抜群に良かった磯村勇斗、女性言葉を話し、フェミニンな雰囲気を持つハルヨシ役には顔だちの美しい杉野遥亮を選出。2人とも一から楽器を特訓したほか、磯村は和歌山弁もマスターしてキャラクターを演じきった。イノハリのメンバーは本作が初共演となったが、クランクイン前のバンド練習で結束を固め、撮影中も空き時間に練習を重ね、まるでリアルなバンド仲間のような関係に。学校のロケではみんなでお弁当を食べるなど、和気藹々とした状態で撮影は進んでいった。その雰囲気は作品にも表れている。


映画『覆面系ノイズ』オリジナルマフラータオルを5名様にプレゼント!

『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


■商品名:『覆面系ノイズ』オリジナルマフラータオル
■ご提供人数 :5名様 
※ブラック、ピンクの2種類ありますが色はお選びいただけません。

■応募期限 : 2017年12月1日(金) 午前10時まで
当選は発送をもって代えさせていただきます。



『覆面系ノイズ』<br />11月25日(土)全国公開


『覆面系ノイズ』
11月25日(土)全国公開
©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会
配給:松竹
公式サイト:http://fukumenkei-noise.jp/


国内イチオシ!芸能ニュース


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次