ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

映画『母よ、』
2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開

ひどいダメふつういいね!最高!!
あなたが最初の評価者です、ワンクリックで記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

604

INTRODUCTION

全世界の映画祭で涙と笑いで観客を虜にし、絶賛されたナンニ・モレッティの最高傑作


エンドロールが流れた時、観客は、異端の名匠と呼ばれてきた監督が円熟期を迎えて真の名匠となった瞬間に立ち会えたことを喜んだ。2015年のカンヌ国際映画祭、ナンニ・モレッティの『母よ、』が上映された時のことである。自身の監督作品のほとんどで、製作・脚本・出演も兼ねるモレッティは、『監督ミケーレの黄金の夢』(81)でヴェネチア国際映画祭特別金獅子賞、『ジュリオの当惑(とまどい)』(85)でベルリン国際映画祭銀熊賞、『親愛なる日記』(93)でカンヌ国際映画祭監督賞、『息子の部屋』(01)で同映画祭パルム・ドールを受賞し、世界三大映画祭を制するという快挙を成し遂げた。

そして本作『母よ、』で、家族とは、人生とは何かという普遍的なテーマに真正面から挑み、表現者として次のステージに進んだことを証明したのだ。重いテーマとイタリアが抱える深刻な社会情勢なども背景としてさらりと描きながら、登場人物それぞれを愛嬌たっぷりに描くことで、人間の愛すべき部分を絶妙なユーモアとともに描く。作家性と娯楽性とを見事に両立し、笑いと涙が相互に観客をつかむ、モレッティ作品の魅力が満喫できる。本作でカンヌではエキュメニカル審査員賞を獲得、トロント、ニューヨーク、ウィーンなど数々の国際映画祭にも出品され、世界各国で絶賛を浴びた。

さらに本国イタリアでは、アカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞、監督賞など主要部門を含む10部門にノミネートされ、うち2部門で受賞した。また本作はフランスの映画批評誌カイエ・デュ・シネマの2015年ベスト1に輝いている。


映画『母よ、』 <br />2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開


仕事に生きてきた映画監督のマルゲリータは
母が余命わずかと知り、貴重な家族との時間を過ごそうとするが──


映画監督のマルゲリータは恋人とは別れたばかりで、離婚した夫との娘は反抗期の真っただ中、新作映画の撮影は思うように進まない。一番心配なのは、兄のジョヴァンニと共に世話している入院中の母アーダのことだった。アメリカから到着した主演俳優のバリーが撮影に加わるが、気性が激しく自己主張が強いという共通点を持つ監督と主役は、現場で何かと言い争うようになる。そんな折、母が余命わずかだと宣告され、何の助けにもなれないマルゲリータ。やがて心を落ち着け、選んだ道とは──。

マルゲリータに扮するのは、『はじまりは5つ星ホテルから』(13)のマルゲリータ・ブイ。イタリアを代表する名女優で、本作でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞主演女優賞に輝いたが、実に7度目の受賞となる。 バリーには、『バートン・フィンク』(91)でカンヌ国際映画祭男優賞を獲得した個性派俳優のジョン・タトゥーロ。母のアーダには、『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』(12)のジュリア・ラッツァリアーニ。そして兄のジョヴァンニを、モレッティ自身が演じている。


STORY

映画『母よ、』 <br />2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開


映画監督のマルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)は、様々な問題を一度に抱えてしまった。新作の撮影を開始したが、思うような映像が撮れない。さらに、離婚した夫との娘リヴィアは反抗期に突入していた。しかし、何と言っても一番心配なのは、入院中の母のアーダ(ジュリア・ラッツァリーニ)のことだ。兄のジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)が手作りの料理を差し入れたが、見舞いに駆けつけたマルゲリータに母は、家に帰りたいと嘆く。

マルゲリータとジョヴァンニは、医師から母の病状は重いと説明される。ジョヴァンニは静かに受け入れるが、マルゲリータは混乱してしまう。主役を演じるアメリカ人俳優バリー(ジョン・タトゥーロ)が到着するが、冗談なのかシリアスかわからない発言で周囲を煙に巻く。歓迎のディナーで酒を飲むとハイテンションで深夜まで騒ぎ、マルゲリータは早くも撮影の無事を危ぶむ。

病状が進行して呼吸困難に陥った母は、集中治療室に入ることになる。気管を切開して声を出せない母を、リヴィアが退院してラテン語を教えてくれるのを待っていると励ますマルゲリータ。看護師にあと5分ですと追い立てられると、母はノートに「あなたがいるのが一番の治療なのに」と書いて微笑む。


映画『母よ、』 <br />2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開


バリーは絶不調で、食堂のシーンでは何度も台詞を忘れ、挙句の果てに、脚本のせいにする。マルゲリータも負けずに言い返し、それぞれの鬱憤をぶつけるように、二人は激しく罵り合う。重い気持ちを抱えたまま病室へ戻ったマルゲリータは、今度はたったの数歩も歩けない母を怒鳴りつけ、母の胸で泣きじゃくってしまう。

マルゲリータは、家にバリーを招待する。手料理でもてなすジョヴァンニと、笑顔のリヴィアが作ってくれた和やかな空気のなか、バリーはさり気なく自分が人の顔を覚えられない病気だと打ち明ける。仲直りの乾杯にワイングラスを掲げる二人。マルゲリータとジョヴァンニは、医師から母が余命わずかだと宣告され、何の助けにもなれないマルゲリータ。やがて心を落ち着け、選んだ道とは──。


CAST & STAFF

監督:ナンニ・モレッティ 『息子の部屋』『ローマ法王の休日』
出演:マルゲリータ・ブイ 『はじまりは5つ星ホテルから』 『夫婦の危機』ジョン・タトゥーロ 『ジゴロ・イン・ニューヨーク』 『ビッグ・リボウスキ』ナンニ・モレッティ 『息子の部屋』 


『母よ、』
2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開
© Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinéma 2015
配給:キノフィルムズ


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次