ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

映画『ルーム』
4月8日(金) TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

ひどいダメふつういいね!最高!!
あなたが最初の評価者です、ワンクリックで記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

604

INTRODUCTION

世界の映画祭席巻!!
本年度アカデミー賞 主要4部門ノミネート!!


作品賞・監督賞<レニー・アブラハムソン>・主演女優賞<ブリー・ラーソン>・脚色賞<エマ・ドナヒュー>

★ あなたの人生観を変える1本になる。 The Seattle Times
★ 「初めて世界に出会う」を体験できるとは!
これぞ、映画館で得られる「最高級の経験」。 The Boston Globe
★ この小さな映画が放つ、大きな衝撃と感動に打ちのめされる。 Rolling Stone
★ ここ 10 年で最高の一作 VANITYFAIR
★ すばらしい心理描写、繊細にして圧倒的な表現力、常識を逸した現実への共感、
まさに驚異の傑作!!!アブラハムソンは「全ての人が見るべき」最高の映画を作り上げた。Los Angels Times
★ 2人の素晴らしい役者のおかげで、観た後に「希望」という光が心に灯る。
一生の記憶に残る傑作。 Variety
★ 胸が張り裂ける程の感動とスリル The Playlist
★ ジェイコブ・トレンブレイという新星の誕生 Guardian


映画『ルーム』 <br />4月8日(金) TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開


アカデミー賞を貫いた世紀の愛の物語
[部屋]から脱出した母と息子、その先の驚愕の運命とは──?


並みいる巨匠の新作やハリウッドスターの主演作を押しのけ、アカデミー賞の行方を占うと言われる、トロント国際映画祭で観客賞(最高賞)に輝いた大注目作。その快進撃は止まる所を知らず、連日のように栄誉ある賞を獲得し、全米メディアの予想通り、アカデミー賞でも堂々主要 4 部門へのノミネートを果たし、今やオスカーの大本命へと躍り出た。
これほどまでに人々が熱狂する理由は、“人生で初めて出会う衝撃と感動”にあった。母と息子の絆という普遍的なテーマを、アカデミー賞審査員たちも体験したことのない、映画史上初の切り口で描き、世紀の愛の物語へと昇華させたのだ。
小さな[部屋]で暮らす、ママと 5 歳のジャック。ストレッチをして、TV を見て、ケーキを焼いて、仲睦まじい親子の楽しい時間が過ぎていく。ところが二人の姿を追う観客は、ある違和感に戸惑いを覚えはめる。「まさか・・!この部屋だけで?!」閉じ込められてから 7 年が経ったある日、ママは奪われた人生を取り戻し、[部屋]から 1 歩も出たことがない息子に本当の世界を見せるために、逃げ出すことを決意する。
息もできないサスペンスフルな脱出劇、母の愛だけを武器にまだ見ぬ外界へと飛び出したジャックの勇気に、思わず漏れる嗚咽──。だが、物語は、ここから始まると言っても過言ではない。予測できる顛末は、すべて見事に裏切られる。[部屋]を出てからのさらにその先に、この映画の類まれなる真価と輝きが待ち受けているのだ。

本格派女優と天才子役の誕生!
奇跡も起こす、それこそが愛──魂が慟哭する衝撃の感動作


ママを演じたのは、ハリウッドの久々の大型演技派女優として、賞レースに大旋風を巻き起こしているブリー・ラーソン。9 歳でデビューし、着々とキャリアを築き上げ、前作『ショート・ターム』でゴッサム賞を受賞し、注目を集めた。そして本作で、猛スピードで受賞リストを更新すると共に、権威あるゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞に続き、アカデミー賞ノミネートも成し遂げ、一気にスターダムを駆け上がった。
ジャックには、『スマーフ 2 アイドル救出大作戦!』のジェイコブ・トレンブレイ。5 歳で初めて世界と出会うという難役を完璧に演じる恐るべき天才子役として、放送映画批評家協会賞にノミネートされると共に、シカゴ、ラスベガス、サンディエゴなど数々の映画祭で受賞。ママの父親には『ファーゴ』でアカデミー賞にノミネートされたウィリアム・H・メイシー、母親に同賞に 3 度ノミネートされた『きみに読む物語』のジョアン・アレン。孫の決意を受け止めるばあばとジャックの場面は、映画史に残る名シーンとして語り継がれるだろう。
監督は本作でアカデミー賞初ノミネートを遂げた、『FRANK -フランク-』のレニー・アブラハムソン。原作は世界で大ベストセラーを記録し、英国で最も権威ある文学賞ブッカー賞の最終候補作に選ばれ、ニューヨーク・タイムズに「2010 年のフィクション・ベスト 5」に選出された、エマ・ドナヒューの「部屋(上・下)」(講談社刊)。ドナヒュー本人が脚色を担当、原作のスピリットを守りながら、映画にしかできない表現への大胆な変更が称賛された。撮影は『英国王のスピーチ』でアカデミー賞にノミネートされたダニー・コーエン。
最後の瞬間まで怒涛のように押し寄せる、心を射抜く台詞、己を見失うほど感情をかき乱す登場人物たちの選択、そして魂が慟哭するラストシーン──生涯忘れられない劇的な体験をあなたに──。


STORY

映画『ルーム』 <br />4月8日(金) TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開


〖部屋〗から脱出した母と息子、その先の驚愕の運命とは─?


閉じこめられた[部屋]で暮らす、ママとジャック。体操をして、TVを見て、ケーキを焼いて、楽しい時間が過ぎていく。しかし、この部屋が、ふたりの世界の全てだった。ジャックが5歳になった時、母は[部屋]しか知らない息子に本当の世界を見せるために脱出を図る。二人が飛び込んだ世界はあまりにも大きすぎた・・・。


CAST & STAFF

映画『ルーム』 <br />4月8日(金) TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開


■監督:レニー・アブラハムソン 『FRANK‐フランク‐』(14)
■出演:ブリー・ラーソン 『ショート・ターム』(13)
ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン『きみに読む物語』(04)


『ルーム』
4月8日(金)よりTOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開 cElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ  
配給:ギャガ 
公式サイト:http://gaga.ne.jp/room/


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次