ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



映画カテゴリ

映画『シング・ストリート 未来へのうた』
7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開

ひどいダメふつういいね!最高!!
平均 5.00
1 人が評価, あなたも記事を評価しましょう!
読み込み中 ... 読み込み中 ...

604

INTRODUCTION

映画と音楽の幸せな出会いから生まれ、全世界を虜にした
『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』の
ジョン・カーニー監督、待望の最新作!

音楽に救われ、輝く未来へ向かって走り出す少年の姿に、
「あの頃の夢を忘れていないか?」と問われて胸が熱くなる──

80年代を席巻した数々の大ヒット曲がノンストップで流れる
音楽映画の新たなる傑作の誕生!



「今年のベスト1が、もう決まってしまった!」今この瞬間も1本の映画への熱い口コミが猛スピードで拡散しているのだが、その輪にU2のボノまでが名乗りを上げた。自身の公式サイトで絶賛のコメントを発表したのだ。プレミア上映を飾った2016年のサンダンス映画祭では、まだエンドロールが流れているうちに、待ちきれない観客がスタンディングオベーションとダンスで称え、Rotten Tomatoes™でも一時は100%を振り切ってしまうなど、世界中の人々がこの映画と出会えた歓喜と感謝を様々なかたちで表現している。
 監督は、アカデミー賞®歌曲賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』、全米5館でスタートした公開が1300館以上まで拡大、日本でもスマッシュヒットを記録した『はじまりのうた』のジョン・カーニー。前2作品で、映画と音楽を心から愛する人たちの“特別な存在”となったカーニー監督の、待望の最新作にして自伝的作品が、遂に日本にも登場する!


映画『シング・ストリート 未来へのうた』 <br />7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開


 舞台は1985年、歴史的な不況に突入したアイルランドのダブリン。14歳のコナーは、父親が失業したために公立の荒れた学校に転校させられる。学校ではイジメられ、家では両親がケンカばかり、音楽狂いの兄とロンドンで大ヒット中のブリティッシュ・ミュージックを聴いている時だけがハッピーだ。ある日、自称モデルのラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのビデオに出ない?」と声を掛ける。彼女がOKしたから大変! 慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるビデオを撮ると決意、猛練習と曲作りの日々が始まる。
サエない日々を送っていた少年がバンドを組み、ストリートや海辺でミュージック・ビデオのゲリラ撮影を重ねるうちに、年上の女性との切ない恋と、それぞれが家庭に問題を抱えたメンバーたちとの胸を打つ友情が加速していく。作詞の才能に目覚め、傷つきながらも成長していく姿が愛しくも眩しいコナーには、アイルランド全土で半年かけた数千人のオーディションから選ばれた、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。演技はこれが初めてだが、7歳からソプラノのソリストとしてステージに立っていた美声で魅了する。
絶妙な間の掛け合いで笑わせてくれる、愛すべき強烈な個性を放つバンドメンバーたち全員が、本作が長編映画デビュー作。コナーの兄ブレンダンには、アイルランドから生まれた新たなスター『トランスフォーマー/ロストエイジ』のジャック・レイナー、ラフィーナには『ミス・ポター』のルーシー・ボーイントン。
デュラン・デュラン、ザ・キュアー、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、ホール&オーツ、a-㏊、スパンダー・バレエなど、迷える若者の救世主だった80年代ブリティッシュ・ミュージックにのせて、音楽が人と人の心をつなぎ、共に運命を切り開く瞬間が鮮やかに切り取られる。主題歌は、『はじまりのうた』にも出演したマルーン5のアダム・レヴィーン。
未来へ向かって走り出すコナーの姿が、私たちにあの頃の夢を思い出させ、まだ叶えられると信じさせてくれる、音楽映画の傑作が誕生した!


STORY

映画『シング・ストリート 未来へのうた』 <br />7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開


「ジャンルは?」「未来派だ。後ろを振り返らずに前を見る」


 その日を境に、コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)の世界は大きく変わってしまった。父親(エイダン・ギレン)が失業したのを理由に、両親から学費の安い公立学校への転校を言い渡されたのだ。1985年、ダブリン。アイルランドの国中が不景気にあえいでいた。
タバコにケンカ、授業そっちのけの大騒ぎ──“雄々しくあれ”という学校のモットーを過剰に実践中のシング・ストリート高校の生徒たちに唖然とするコナーは、さっそく転校初日から学年で1番ヤバそうなバリー(イアン・ケニー)に目をつけられる。
そんなコナーをひと時救ってくれるのが、木曜午後7時OAの音楽番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」だ。兄のブレンダン(ジャック・レイナー)の鋭い解説を聞きながら、デュラン・デュランのミュージック・ビデオにすっかり心を奪われるコナー。大学を中退してひきこもり中のブレンダンだが、音楽にかけては今も変わらずコナーの厳しい“先生”だ。
バクスター校長(ドン・ウィチャリー)に茶色は校則違反だと靴を没収され、靴下で歩いているところをバリーにいきなり殴られ、2日目にして既にボロボロのコナーの前に、突然“女神”が現れる。校門の前のアパートに住むラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)、自称モデルの彼女に、コナーは「僕のバンドのビデオに出ない?」と誘って電話番号を手に入れる。
もちろん、“僕のバンド”を組むのはこれから。クラスで唯一友好的なダーレン(ベン・キャロラン)がマネジャーを買って出て、さっそくメンバー集めが始まる。まずは、父親がカバーバンドを組んでいることから自宅に楽器が揃い、その全部をこなせるエイモン(マーク・マッケンナ)に声を掛けた。
コナーがボーカル、エイモンがギターで話はキマる。キーボードは「黒人がいるとバンドにハクが付く」というだけで選ばれたンギグ(パーシー・チャンブルカ)、ベースとドラムはメンバー募集のビラを見てきた二人、バンド名は“シング・ストリート”に決定だ。
手始めはデュラン・デュランのコピーだったが、録音テープを聞いたブレンダンに、好きな女の子を「他人の曲で口説くな」と叱られる。歌詞を書き上げたコナーは、エイモンの作曲で完成した「モデルの謎」のテープをラフィーナに届け、ビデオ出演の約束を取り付ける。
撮影は予想以上にうまくいき、自信を得たコナーはラフィーナを家まで送ってせめてキスだけでもと張り切るが、彼女は年上の彼氏の車に乗ってどこかへ行ってしまう。その時、コナーは初めてラフィーナが住んでいるのが、親のいない子供たちの施設だと気付くのだった。
学校で校長からもイジメられ、両親は家庭内離婚状態。でも、イヤなことがあるたびにいい曲が生まれ、ハートが強くなっていくコナー。海辺で2本目のビデオを撮り終えた頃には、ラフィーナとの距離もグッと近付いていた。
ところが突然、ラフィーナが消えてしまう。憧れのロンドンでモデルとしてデビューするために、男と一緒に旅立ったのだ。コナーも最高のビデオを撮って、ロンドンを目指すと決意を新たにするのだが──。


映画『シング・ストリート 未来へのうた』 <br />7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開


CAST & STAFF

監督・脚本:ジョン・カーニー『ONCE ダブリンの街角で』、『はじまりのうた』

出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エイダン・ギレン、
マリア・ドイル・ケネディ、ジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン


映画『シング・ストリート 未来へのうた』 オリジナル80'sステッカー

映画『シング・ストリート 未来へのうた』 <br />7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開


【プレゼント情報】

<グッズ内容>
映画『シング・ストリート 未来へのうた』 オリジナル80'sステッカー

<ご提供数>
5名様

締切:2016年7月21日(木) AM 10:00



『シング・ストリート 未来へのうた』
7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開
© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved
配給: ギャガ


★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 渡辺美奈代
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • 桜井裕美
  • 村田綾
  • 諸星和己
  • 星名美津紀
  • 大島薫
  • 藤後夏子
  • 越川優
  • 奥田健次