ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!画像あり

2月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月3日、6人組 ダンスボーカルグループの超特急がLIQUIDROOM(東京・恵比寿)にて男性のみの「8号車」(超特急のファンの総称)に向けたライブ『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を開催。多くの男性客を大熱狂させた。

超特急はメンバーそれぞれに号車名が付いていたり、「ダサかっこいい」独特な世界観持ったダンスや楽曲を確かな実力とパフォーマンス表現。

唯一無比の魅力を持ったダンスボーカルグループとして大きな注目を集め、昨年末にはさいたまスーパーアリーナでの公演を成功させ23,000 人を動員した。

さらに今年は全33公演・10万動員のアリーナツアーを行う事も発表され、益々の活躍が期待されているグループとなっている。

そんな注目の彼らが、ライブハウスで“男祭り”と呼ばれる男性8号車のみを集めたライブを実施。

今年で5年目となるが、男性ファンしかいないからこそできる演出やイベントが行われ、日頃のライブとは一味異なる、まさに熱い”男祭り”が執り行われたので、その模様をお送りしていきたい。

■思わず「カオス!」とメンバーも口にするほど、冒頭からハイテンション

和太鼓とホラ貝の音が会場に鳴り響き、メンバーが登場すると『超えてアバンチュール』でライブがスタート。

2曲目の『Drive on week』ではメンバーの名前を観客がコールする場面があるが、自身の名前のコールを聴いたユーキは満面の笑みを見せ、「いいね!」と本当に嬉しそうに一言。

そしてカイは「男!男!最高!今日は最高の日にするぞ!」と力強く会場へ呼びかけた。

続けて3曲目『超特急です!!!!!!!!』では、普段はかわいらしい笑顔を見せるタカシが、低く野太い声を出しシャウトをし出し、男祭りらしく普段とは異なる姿をさらけだす。

メンバーたちも3曲目にして既にテンションがかなり上がったようで、パフォーマンスが終わった直後に「カオス!」「大丈夫?」と思わず呟いてしまう場面も。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

そしてMCへと続き、5年目に入った“男祭り”が開催される事に感謝の言葉を述べつつ、「最終的な目標は男性・女性8号車を半々にしたい」とタカシが目標を語り出し、それに応えてメンバーも「アリーナで男祭り出来たら良いね」と口にすると、会場からは大きな歓声が起きていた。

そして『Yell』『We Can Do It!』『コーシエンノイ』と続き、ダサかっこいい雰囲気から一転して“カッコ良さ”“セクシーさ”で会場を魅了。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!
■ステージ上に“恵方巻き”登場!男らしく黙々と1本丸喰いパフォーマンス

その後、再び超特急らしいユーモアあるダンスと、和風な音が特徴的な『Ikki!!!!!!!!』の最中、「男たち!今日は節分の日だな!」とユースケが観客へ問いかけると、突如ステージに運ばれてきたのは恵方巻き。

するとメンバーたちは次々と恵方巻きを手に取り、きちんと今年の方角である北北東を向きながら、ステージ上で1本丸ごとの恵方巻きを黙々と食べ出した。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

ちなみに北北東はステージの後ろ側。

客席に背を向け、楽曲の爆音が鳴り響く中、無言で黙々とステージ上で恵方巻きを食べる姿はかなりシュール。

観客もそんなメンバーの姿を見て、口々に自身の推しメンバーの名前を呼び、応援をしだす。

口一杯に寿司を頬張りながら次々と食べ終えるメンバーたち。

その内、食べ終わらないメンバーの名前をコールしながら、応援がはじまる。

口一杯に頬張っているので話せない代わりに、ピースで食べ終わった事をアピールするタクヤなど、さらに次々とクリアをしていく中、特に苦戦をしていたのは“ガリガリ担当”のリョウガ。

「遅いぞ!リョウガ!」とユーキに急かされるものの、むせてしまい、胸を叩きながらも必死に食べる様子が見てとれた。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!


■なかなか食べ終わらないリョウガ、なんと食べながらダンス再開!

最後の1人になってしまったリョウガ。

周りのメンバーを見渡し、恵方巻きが乗っていたワゴンをステージ袖に自ら下げつつ、ステージに戻るとなんとパフォーマンスの続きがスタート。

キレキレのフォーメーションダンスを、リョウガは恵方巻きを手に、もぐもぐと食べながらも、飄々とした表情で完璧にパフォーマンスをこなし、決めポーズの際に全てを完食。

しかし曲が終わった後、真面目なタクヤに「行儀が悪いから、謝ってね」と注意されてしまう一幕も。

その後、恵方巻きの本場でもある、大阪出身のタカシが「恵方巻き、美味しかったです!」と話すと、続けてタクヤも「皆さんの歓声のおかげで、無事に食べ終われた。今年も良い年にできそうです!」と口にした。

 

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!


■男8号車と“男気三番勝負”。メンバーのまさかの珍行動が続出!?

続けて“男祭り”恒例の企画コーナーとして、8号車の代表と超特急のメンバーが対決をする『男気3番勝負』が行われた。

なおこのコーナーのMCはタクヤだが、「超特急の中でも、誰よりも男なタクヤがMCを努めます」と自己紹介をすると、会場からは大きな歓声が。

その後、挙手をした8号車からメンバーが参加者を選んでいくが、「選ばれたい人!」と呼びかけ、勢いと元気のある8号車を選ぶメンバーが多い中、リョウガは「選ばれたくない人」と問いかけ、1番始めに手を挙げた8号車を選び、「選ばれたくないという人があなた達の代表です。…ざまあみろ!」とまさかの人選を行い、会場を騒つかせる一幕も。

1つ目の対決「男ならガンガン着込んででっかく見せろや!Tシャツ重ね着対決」ではリョウガとタカシが挑戦。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

ガリガリ担当として、リョウガがTシャツを着せられるかと思いきや、まさかのタカシにTシャツを着せ出し、「お前、ガリガリだろ!」とユーキが思わずツッコむも、意外と着せるのが上手だったリョウガを見て「結構上手いぞ!」と盛り上がるメンバーたち。

しかしその合間も、カイやタカシを筆頭に、会場の観客へ「ステージの8号車さんを応援して!皆さんの代表ですよー!」と呼びかけ、しっかり会場を盛り上げる事も忘れない。

ただ結果は8号車チームの方が勝利。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

続く2戦目「男なら天高く積み上げろや!ダンボール組み立て&積み上げ対決」ではカイとユースケが参戦。

なおこのメンバー選出の作戦会議中、突如タカシへ朝ご飯何を食べたか聞き出すリョウガ。それに対し、すかさず「サラダチキン」ときちんと答えるタカシに対して、「お前も答えるな!」とタクヤからツッコまれるやり取りをするなど、超特急らしい飾らない姿も諸所で見せてくれた。

そして「絶対負けないぞ!」と絶叫するユースケと、ファイティングポーズをして気合満々に挑んだだったカイだったが、この勝負も勝者は8号車チーム。

がっくり肩を落とす2人。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

「不甲斐なくて、ここから出れない…」とダンボールの後ろからなかなか出てこないカイの姿も。

そんなカイに対し、1戦目で負けたばかりのリョウガが「お前、何負けてんだよ!」とゲキを飛ばすも、すかさず「お前が言うな!」とカイから切り返される“ブーメラン”なやり取りが繰り広げられる。

最後の対決は「男なら相方を上に上に上げてみろや!肩車スクワット」。

この対戦に挑むのはユーキとタクヤ。

超特急の中でも「筋肉担当」として、肉体派のタクヤは「頑張ります!」と気合いを入れた直後にユーキを下に押し倒し、上に乗る気満々の体制に。

「俺かよ!?」と慌ててユーキ、タクヤを肩車しだすと「キツイ!」と大絶叫。

叫び声を上げながら、タクヤを肩車したまま、スクワットしていたユーキだが8回目にして崩れ落ちてしまう結果に。

「8号車の8だし、良いかなって…」と、何とか8回目までは頑張っていた様子を見せた。

勝負直後、相当キツかったのかなかなか立ち上がれなかったユーキだが、その後のトーク中などでユースケがユーキの首にタオルをかけ、背中をさするなど、メンバーがそっとユーキやタクヤを労う姿も見る事ができた。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

一方タクヤも上に乗ってるだけなら楽かと思っていたそうだが、足の間の所が痛いと男性特有の痛さを素直に口にする場面も。

結局、3戦目は100ポイントが特別に付くということで、0対102ポイントで、ボロ負けしてしまった超特急チームは「想定外だよ…」と一堂がっくり。

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!


■最強の8号車に託された“自転車漕ぎによる、ステージのライトアップ”!

そして8号車代表の中から、特に頑張ったMVPを会場の観客が選ぶと、ステージの真ん中に自転車が運び込まれてくる。

なんと次の曲『超超マイウェイ』のステージライトをその自転車の漕ぐ力で照らすとの事で、MVPの8号車が推しメンであるユースケを後ろに乗せ、応援をされながら自転車をパフォーマンス中に漕ぎ続けるという演出が行われた。

「僕たちは黙々と踊るので」と話していた通り、その自転車の前でパフォーマンスを行いつつ、合間も自転車を漕ぐ8号車を応援する他のメンバーたち。

一方自転車の後部座席にいるユースケは、漕いでいる8号車の肩を揉みながら応援したり、「鳥」という8号車の名前にちなんで小さく手をパタパタさせて鳥の真似をしたり、「大丈夫?まだ行ける?」を気遣う様子を見せつつ、敢えてペダル漕ぎをストップさせライトを落とすなどしてステージを盛り上げる。


■超特急のメンバーが次々と客席へダイブ!タクヤ「もっと触れ!」

続けて『SAY NO』、そして『SAIKOU KOUSHIN』へと続くが、何とここでユースケとユーキが会場の客席へダイブ。

手を挙げて楽しそうな2人。ステージに帰ってきたユーキは笑顔で「最高!ありがとう!」と口にし、ユースケやタクヤと軽くハイタッチをしてとても楽しそうな様子を見せていた。

2人がステージに帰ってくると、何とタクヤも客席へダイブ。

「良いよ良いよ!」「もっと触れ!もっともっと!」と拳を激しく上に突き上げ、暴れると、それを見ていたユースケが「僕ももう一回行って良い!?」と再ダイブ。

会場の盛り上がりは最高潮となり、勢いそのままにさらにハイテンションな楽曲『バッタマン』へ突入。

ユースケが大絶叫をする本曲だが、観客やメンバーもこの日は一緒に大絶叫。

またラストの曲という事でメンバーのボルテージも最高潮となり、タカシはユースケに抱きつき、「お前ら、愛してるで!」と笑顔で叫んだ他、両手ピースを作り、会場の観客に対してニコニコとするタクヤなど、メンバー各々もとても楽しそうな様子が見てとれた。

パフォーマンスが終了し、メンバーがステージからはけた後も、会場から「超特急」コールが止まず、野太いアンコールが始まる。

 

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!

そして再び超特急のメンバーがステージに登場。

『走れ‼‼︎!超特急』『Burn!』とライブの盛り上がり定番曲が続き、盛り上がりと一体感はさらに最高潮へ。

『Burn!』では観客が歌っている時に超特急のメンバーがサイリウムを持ち、観客を逆に応援する姿も見られた。

■「最高でした!」早くも来年の”男祭り“への期待感も

観るだけではなく、観客も参加をし、超特急のメンバーと一緒に空間を作る、まさに「一体感」という言葉がピッタリだったこの日のライブ。

「最高でした!来年もまた男祭りで会いましょう!」「普段のライブでも、男性8号車を見てますよ!」「男最高だな!」とそれぞれ興奮気味にこの日のライブの感想を口にしつつ、早くも来年の“男祭り”への期待感も見せていた。


(取材・文:佐藤早雪)

【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】超特急、男らだけのライブで「恵方巻き1本喰い」「客席ダイブ」と大暴れ!『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を独自ロングレポート!」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
韓国のNo1 キャラクター作家 HOZO公式サイト
K-POPガールズグループ、Weki Meki公式ファンクラブ登場!
MOMOLAND公式モバイルサイト