ダイヤモンドブログへようこそ!!ダイヤモンドブログではスポーツ選手や芸能人のブログを掲載しております。

お得情報随時掲載中♪

芸能人ブログ、エンタメ情報ならダイヤモンドブログ



ニュースカテゴリ

ダイヤモンドブログから旬な芸能ニュースをお届け!
エンタメの最新動向をチェック♪


【ライブレポート】岡村隆史が東京スカパラダイスオーケストラでサックスデビュー!?「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」でコラボ実現!画像あり

9月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月29日、ナインティナインの岡村隆史がパーソナリティーを務める『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜深夜1時~3時)の番組イベント「ニッポン放送 岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ2019」が神奈川・横浜アリーナにて開催された。

イベント後半、満を持して登場したのが東京スカパラダイスオーケストラ(通称:スカパラ)。スカパラメンバー全員がステージに登場すると、早々に『Glorious』がスタート。バリトンサックス担当の谷中敦がボーカルをとり、会場のテンションを一気に上げていく。間奏部分では「横浜アリーナ最高!」とギターの加藤隆志もシャウト。それに続いて谷中も「岡村隆史ーっ!」と声を上げ、曲のハイライトでは自らタオルを振り回し会場をあおっていく。

1曲目が終わると、テナーサックスのGAMOがオーディエンスにレスポンスを要求。こぶしをあげて「アイ!アイ!」と声を上げて会場をさらにヒートアップさせていく。こうして熱量が上がっていく中、ドロップされたのが『Paradise Has No Border』。「この会場で一番盛り上がってるのはどこだー!」GAMOのあおりで会場中のあちこちに腕が上がる中、GAMOが先陣を切って、バンドメンバーはステージ上を左右に大移動。オーディエンスに近づいて熱い演奏を畳み掛けていく。

「ここでスペシャルゲストが来ていまーす!アルトサックス、岡村隆史ーっ!」会場がヒートアップしたピークのタイミングで、満を持して紹介されたのは、なんとこのイベントの主催者である岡村。バンドメンバーよりも高いステージ上段にひとり立ち『Paradise Has No Border』のサビのフレーズを単独で披露した。歓声どよめく中、響いた音はたどたどしかったが、実際に演奏にトライしたチャレンジスピリットは十分に評価に値するもの。会場には歓喜の声と拍手が響き渡った。曲のラストでは花道にメンバーとともに並んでバッチリ決めた岡村。まさに「No Border」な瞬間となった。

曲を終えると照れくさそうに「やっちゃった」と一言。「こういう運びになって非常にうれしいですけど、毎日こっそり練習練習で、本番は本当に緊張しました。でもただただ楽しくて」と岡村は演奏の喜びを伝えた。「練習で合わせた時も、みなさん一斉に大きな音でパニックになってしまってやり直してもらったり、大丈夫とニコニコしてくれてるのが逆にプレッシャーになったり」とリハーサル時のエピソードも語った。

続いてはラジオ番組オールナイトニッポンのテーマ曲『Bittersweet Samba』。往年のラジオリスナーならだれでも知っている名曲を岡村も交えて演奏した。さらに岡村の番組内の「ハガキ職人大賞発表」をスカパラの生演奏に合わせて発表。25年ずっと使っているというこのコーナーのBGM、実はスカパラの曲だったということで、生の演奏に合わせてコーナーが展開するというラジオリスナーにとってはたまらない瞬間となった。

スカパラと岡村隆史のコラボはまだまだ終わらない。最後にもうひとつ、田島貴男がボーカルのスカパラの曲『めくれたオレンジ』を岡村隆史のボーカルで披露。サックスでのコラボレーションに続いてはボーカルでもスカパラとコラボした岡村。ファンだけでなく自身にとっても最高の瞬間になったことだろう。


情報提供元:WWSチャンネル
記事名:「【ライブレポート】岡村隆史が東京スカパラダイスオーケストラでサックスデビュー!?「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」でコラボ実現!」




見逃すな!注目ニュース!!

もっと見る

★注目ダイヤモンドブロガー★

  • 梅本まどか
  • 出川哲郎
  • みひろ
  • SHOW-YA(ショーヤ)寺田恵子
  • CHERRSEE
  • 諸星和己
  • 範田紗々
  • 大島薫
  • 上本達之
  • 越川優
  • 奥田健次
2020 THE FACT MUSIC AWARDS
MONSTA X Official Mobile Site
EXID公式モバイルサイト
MOMOLAND公式モバイルサイト